廣島のオジキ・ローカルルアーへの道

ワタクシ「廣島のオジキ」が作るハンドメイドルアーはローカルルアーに成れるのか?と、その他もろもろのお話を「たらたら」と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たら・とりあえず卒業見込み立つ

あと職業訓練は4日しか残って無い。

が、早々に「卒業用ホームページ」の製作は終えた。

色々準備はしつつ、授業の合間と家と授業中に作業を進めた結果なので早々に終わっていて当たり前。

で、今現在「自分のホームページ」を製作中、やはり一回作ったので早く外枠が出来て、後は中の記事を書いて写真などを載せたりするだけ・・・・なのですがこれの準備が出来て無い。

ああ、学校に行かずにこれらの撮影を家でしたい・・・・。

さて、そんな授業で唯一まったくやらなかった事がある、それは「web上級者検定試験対策テスト」というやつ。

いわゆる「あなたはwebでホームぺ―ジを作れます、ばっちり!!」という資格があるのだが、このテスト対策の仕上げであるテストをやらず、ずーっと作業をしてました。

本番のテスト通りにやるやつなのだが、今現在やっても意味が無いなぁと思うモノ。

この資格はワタクシ的に「ホームページを数作るか、テスト問題をかなりやるか」でしか受からんモノでして、今現在の実力では無理、しかも受かってもバージョンがねぇと思ってしまう。

テストでは「バージョン4」のルールでやる、今現在最新で世の中で出回っている物は「バージョン6」。

バージョン6は本当に最近出たモノですが、そのひとつ前のバージョン5というモノがあり、世の中をべったり席巻している状態が長く続いていたらしい・・・・なのにテストはバージョン4。

いろいろと理由があって4だったとは思うのですが、なんか戻ってやる意味があるのかなぁと、習ってるのは5だし・・・。

という事でこの対策テスト「0点」です、卒業には全く関係ない、実力を試すためのテストなので全然スル―状態で過ごしました。

まあ、あんまり良くは無いのですけども、無駄な事するよりは良いかなと。

まあそげな感じ。

じゃまた!!

スポンサーサイト

PageTop

たら・変化

今日日曜日は弥栄ダムで大会らしく、河辺プロと青木プロが来ていたらしい。

ルールは一匹の長さ。

でもワタクシだったら出ません、なぜなら土曜日に行ったら水がデロデロにアオコまみれだったから。

少なくともオカッパリからは難しいと思われます、結果はどうなったんだろう?

で、今月の「Bassre」買ってません。

ササキ氏の記念的優勝記事が載っているのだが、先月号を読み終わってません、というか読む気力がありません。

頭の中が違う方向に向いているからだろうなぁと思います。

さてホームページ作成ですが、学校のソフトはバージョンが「5」で、家で使っているのは「5.1」。

たった0.1バージョンが違うだけで、家でやった事を学校で開くと「対応してないものは5に戻します」攻撃に合い、家に持ち帰って「5.1」に直す事をやってます・・・・・無駄だ。

しかし家には「今ならタダでバージョンアップ」という触れ込みのサービスで「6」というものがあり、これを入れるともっとひどいことになりそうだなと。

さらに言うと、作りたいものが「6」でやれるのなら、学校に行っても「6」が使えないのなら行っても意味がないなぁと思うわけです。

最後の後半ぐらいの授業は「実際にサイトを作る実習」となっていて約2週間あるのよね・・・・、行くよりは家で色々とやりたいというか、家でしか作業できんではないかと。

とまあ思いながら、水中映像は間違いなく家でしか編集できないしなぁと、でもいかないといけないしなぁと、家での作業で休ませてくれるほど寛大ではないしなぁと、後半最後は無駄な時間を過ごしそうだ。

あ、釣果は無いです、水量が減って1mぐらい下がってました、先週より。

なので1m下流を狙わないといけないですがオカッパリはなかなか難しいです。

といったところで、じゃまた!!

PageTop

たら・はじめてみた

先週の土曜日に初釣果、いつものように「ニゴイ」。

口にボガクリップを入れる前に足元で大暴れして逃げてった。

そう、今年は「完全バーブレス」での釣行にしてます。

例の「エクスカリバーフック」ならばれにくいし、と思ったのですが「ねじりまくりの暴れ」をされるとどうしてもハズレますねぇ、でも結局「どこまでで釣れた」かを判断するかは釣り人次第なので、ワタクシは「釣れた」と思っております。

だた一枚だけ画像を撮りたかった。

で、本日から合計2時間ほどの「チャリでの運動」を開始、まあ通学を自転車にしただけなんですが・・・。

思っていた以上に早く着いてびっくりだが、今現在「足より上半身が痛い」ときた、なんだかんだで上半身も使うからねぇ。

そして先週なんとなく見逃した「ナウシカ」が気になり、実家へコミックスを採りに帰る。

映画の「ナウシカ」のために一時連載をストップしていて、忘れたころに最終巻が出ていたので、しっかり最終巻を読んでいなかったことを思い出す。

映画とは違った終幕なので、あのころはちょっと受け付けなかったんだよね、結構「負」の領域に入っていくので。

でも読み直すと「おもしろいなぁ」と思います、絵柄が古くはないのは「ジブリ絵」として今現在も最新の映像が作られているからだろうなぁ。

とか思いつつ、本日終了。

じゃまた!!

PageTop

たら・またラーメンの話

前に新しくできた「ラーメン屋」に行き「あわない」と思い2度とは行かなかった。

そして1年ぐらいで店は終了。

ワタクシ的に「味がはっきりしてない」ところというのは「あっさりつぶれる」方式が立った瞬間だった。

「味がはっきりしてない」とは「あっさりな味」とは違い「いったい何味なのかが不明」で「なにやらだしを採っているのだがこれもまたハッキリしない」というもの。

だいたい「麺の湯切りが悪くスープが薄まっているところ」と「野菜だしが強すぎるところ」と「化学調味料なしだせ~うひょ~!!」というのが、こういったことになりやすいと思う。

「麺の湯切りが悪くスープが薄まっているところ」はそれをちゃんとすれば大丈夫かもしれないが、「野菜だしが強すぎるところ」と「化学調味料なしだせ~うひょ~!!」のところはちゃんと「うまみ成分」をほかで補強しなければおいしくない気がする。

「うまみ成分」を加えるなら「こんぶ・しいたけ」とかで、しっかりだしが出れば「塩」をきっちり入れればうまいと思う。

でもなぜか「味がはっきりしてない」ところは本当に「塩」や「しょうゆ」などの味が薄い。

それプラスの「うまみの無さ」でものすごく腑抜けな味になってしまう。

で、なぜこんなことを書き始めたかというと「その消えたラーメン屋の後の居ぬきにまたラーメン屋が出来たから行ってみた」というところから始まる。

変わった当初全然行く気にならなかったのだが、ラーメン本やTVに出ていてちょっと行く気になったからというのが理由で今日行ったわけさ。

そして結果は「前の店と変わらずの味でがっかり」となり「カップラーメンキング」の方が安くついたなと思った。

あの味が好きな人は行くけど「ワタクシは無理」。

そして毎回思うのは「テレビや雑誌に載っている情報はいくらおいしくなくてもお金になるなら誉める」ということが多々あるんだなぁということ。

そして大人数が駆け込み「みんながおいしいといっているからおいしい」になるということ、大阪の某たこ焼きもおいしくはなかったが行列が出来てた。

視野を広く見ると「みんながおもしろい」と思っているものって「本当におもしろいの?」と思えるものがあったりもする。

それは自分が少数派なのかもしれないが、やっぱり「自分にはあわない」モノを「ぴったりサイコー」とは手放しでは言えないです。

少数派でも自分好みのものを「チョイス」し自分なりの「おもしろさ・おいしさ」などを楽しみたいなと思った次第。

ん、言いたいことを書くのも自分の何かのためです。

じゃまた!!

PageTop

たら・期限切れ

「アドビ」からの体験版ダウンロードという物がある。

「イラストレーター」や「フォトショップ」など、何となく聞き覚えがあると思うモノが一カ月タダで使用できるという奴。

この中の「フラッシュ」という奴の期限が切れた。

という事で学校の端末で無いと作業が出来ない&学校の物はバージョンが一つ下なのでやりたい事が出来ない、と来たもんだ。

ソフトは注文したものの、いったいいつ来るのか全く不明、早めにお願いしたいですよ「アドビ」さん。

さて、先日「某牛丼屋」のドライブスルーに朝方行ったものの反応なし。

店舗駐車場は半分弱の車たち、ドライブスルーに入る前に徒歩客もちらほら。

で、大体この時間は配置が「一人」。

これは注文に時間が掛るなと退却しました。

ここで一番腹が立つのが、配置人数に全く余裕が無い状態にする会社側の考え。

時間帯売り上げの平均に対して人員配置は分かるのだが、たまにこの配置人数以上の仕事量になる事がある。

まだ「二人」なら何とかなるのだが「一人」はきついのよ。

でも「一人」では無いと「値段」が抑えられないけどいいんですか?という人も居るでしょう。

しかし私は「値段が上がったとしても、見合った物なら問題ない!!」と思うし、人数に余裕を持たせる事が出来るのならそれは仕方が無いと思うのです。

実際働いていた人間としては「過酷な仕事は結局誰のためなの?」と疑問が多々あったので、なんかこういった時に「モヤッ」と来る。

書いてて話がまとまりそうもないので、皆さんにはお願いを。

上記の状態の店に入ったら「待ってあげて」と言いたい、どんなに熟練の店員でもやっぱり「大変」なのです。

なので「あの店員仕事おせーよ」とか思う前に「この会社、おかしいよ」と思っていただきたい。

個人的なお願いで申し訳ないですけど、毎回そう思う。

じゃまた!!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。