廣島のオジキ・ローカルルアーへの道

ワタクシ「廣島のオジキ」が作るハンドメイドルアーはローカルルアーに成れるのか?と、その他もろもろのお話を「たらたら」と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たら・本日の釣果は一応・・・・ね。

はい、昨日に引き続き本日も釣りだ!!今年は本当に良く釣りに行っている。

収入は落ちるが仕事日数を減らしているのが、今年の釣行量アップに繋がっているね、ってな感じ。

さて、昨日はエレキレンタルで5匹の釣果、そして昨日一緒に釣りに行ったヤマネ氏が「一回の釣行で二桁釣れてない」という発言を聞き、数だけなら二桁行く筈だと思うのだが・・・・と思ったので検証してみようと思ったしだいです。

今回はこの二つをメインに、一応ラバージグを用意。
080629_1758~0001

080629_1757~0001
10cm・5cmミノー。

本命は5cmキラキラミノー、これだけを持って釣行に行っても大丈夫なのだが、大きなヤツも投げたいじゃないですか、そしてラバジはゴミダマリを貫通させる予定で用意、ワタクシ的に基本これだけで事が足ります。(気分でテキサスの時もある)

前々回の釣行で45を釣った水路へ、先行者がゴミダマリをテキサス(多分軽め)にて攻めている、話を聞くと30と40を揚げたらしい、「50もその辺を泳いでいましたよ」との事で、ミノー攻め。

しかし不発、魚がなんかスローなんですよね、先行者も居る事だし早々と見切る。

そして因縁の「ペンシルポッパー」を紛失した場所へ、ちなみに昨日の釣りで「3日」ミノーにバイトがあった場所だったりする。

そこにて10cmをトゥィッチ、水面直下でふわふわな感じで・・・・で出る!!もロッドエンドが腹に引っ掛かって瞬間的に変なテンションがかかりバレる・・・・狭い場所だったのよ、腹はそりゃ出てるけどもさ。

くそーーーーーーっと、3投目にまた出る!!鬼のようにフッキング挙句途中でさらにしゃくりあげる。

でもって上がって来たのは30でした。
080630_0803~0001
すまんかった、フッキングしまくって・・・。

その後はノーバイト、バスは居るのだがミノーが通し難い、ラバジは車の中(リグったが使う気なし)、という事で場所移動、こんどは50を釣った所だ。

ここで5cmミノーを投げてみると即バイト×2(20)、オートリリース付でした。(よって画像無し)

足場の水面を良く見るとギルがネストを作ってました、それがまたバイト。
080630_0851~0001
狙って釣ると以外に難しかったりするのよね。(しかも10cmにフッキングするとは)

昨日のギルもケバイ色をしてましたが、婚姻色だったのね、地球温暖化が進んだら食卓に普通に上がるのかなとか考えながら投げているとバイト、20でした。
080630_0958~0001


その後もう一匹追加し、場所移動、何時もテスト場になっている通称「渓流」へ。
080630_1100~0001
透明度が高くてテストには良い。

ここでさらに一匹追加。
080630_1055~0001
20強、逞しかったです。

ムギツクやオイカワを眺めつつキャスト、40upのニゴイチェイスもフッキングせず、残念。

再度場所移動、今度はレンタルボート桟橋、ここは小バスがセオリーどおり桟橋下に溜まっている。
しかし朝一は桟橋周りにいるのだが、昼前ぐらいから桟橋下かその下のディープに沈み込む、ここをミノーにて浮かせて取る事にする。

んで、2バイトが皮一枚掛かりでバレて昼になり沈黙、仕方が無いので回遊しそうな所をミノーにて攻める。

そしてミノートゥィッチにて5匹を仕留める。
080630_1252~0001
080630_1308~0001
他3匹はオートリリース。

これでギルを入れないでも10匹、とりあえず二桁達成・・・・でも「10」てのもいやらしいので、少し粘る。
でもって、なんとか最後の一匹を追加。
080630_1342~0001
最後が一番サイズがチッチャイ。

これでまあ体裁は立ったかなと、オカッパリからだとサイズは20cm台になっちゃいますが、「ワーム」じゃなくてもこれだけ釣果が出ます。
市販品だと7cmクラスまでのミノーなんか使われると同じような釣りが出来ると思います。(サスペンドでもOKですが、極シャローが引き難いのが使いづらいかも)

さらに「ザラーパピー」なんかもこれからはお勧めです、ギルが反応すればバスが釣れるのは時間の問題です、ミノーのトゥィッチでもギルが釣れればバスも釣れます。(というかギルよりバスの方が喰う口がデカイので掛かり易い)

皆さんも今年の夏はミノーなんかのハードベイトに染まってみるのはどうでしょうか?面白いですよ。

ちなみにノーシンカーワームもトゥィッチで使うと釣果が伸びたりしますのでお試しを。

それでは、本日ココまで、お付き合いくださりアリガトさんでした。

でわまた!!

スポンサーサイト

PageTop

たら・弥栄にて

はい、本日は「エルモとマシューのアメリカンルアー ばんざい!!」で連絡のあった「ヤマネ」氏と釣りに行く。

釣果を書くとヤマネ氏8匹、ワタクシ5匹。

特にヤマネ氏は、そのほとんどを「アメリカンルアー」にての釣果、さすが「エルモ」にてイジラレタ・・・鍛えられた人間だわと思いました。

ンで、その釣果の一部を画像でドゾ。
080629_1058~0001
「ラパラ・エスコ」
080629_1425~0001
「DT4」
080629_1232~0001
「ラトリンログ」

ミノーは「トゥイッチ」にての釣果、やはりアクションが命ですね。

とか言うワタクシは、全て「ミノー」にての釣果、ミノーしか能が無いですからね。
080629_1450~0001
「10cmバルサ」
080629_1021~0001
「5cmキラキラミノー」

10cmは昔に作った物を使用しました、この作り方にまた戻ろうと思うので、思い出しながらの釣り。
080629_1758~0001


で、5cmは今でも現役か?と考えて使用、やはり釣れます。
080629_1757~0001


そして「3日」で作った「彼」はというと・・・。
080628_1226~0001
「彼」です。

朝一投目からバイト、油断しまくりの為、途中でバレテシマイマシタ。

2トゥィッチ目に出るのでビックリしてしまった、反省。

という感じの釣行です、これからさらにダムの透明度が高まれば、よりミノーやトップが面白くなりそうな気配でしだ。

・・・・・・・明日も釣りに行ってきますよ!!でわまた!!

PageTop

たら・分かっちゃいたけど・・・・

えー、本日は雨。

室内湿度計は70%を指し、塗装にはかなり適さない状態・・・・・。

分かっちゃいるけど、どうしても明日釣りに持って行きたいんですよね、「ログもどき」。
080628_1148~0001

という事で塗装強行、そして・・・・・・失敗!!
久方ぶりの塗装で感覚戻らず、挙句塗装する色を間違える。

んーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、結局何色なら補色可能なのか?

で、結局「ニジマス」になる。
080628_1226~0001
光が当たると色が薄いのだが、画像では濃く写ってますね。

これで明日泳がなかったら笑うしかないですね、まあ三日で仕上げるのも、どうなんだかですけども。

ちなみに最近カラーの認識で「ニジマス」とかの魚種色に塗った物は「ナチュラルタイガー」なのかなとか思います。
「タイガー」色のフラッシュバージョンが「クリアタイガー」、下地が反射系の物ではないのが「ナチュラルタイガー」とか。

でも色々用語が増えると、整理が大変ですな、理解するまでに時間がかかりそうだ。

ンな感じですな、んでわ仕事行って見ます、でわまた!!

PageTop

たら・気が付けば・・・

えー、どうやらワタクシ「ビッグベイト」ブームに突入したらしいです。

前々から薄々は感じていたんですが、もう10cmミノーが普通のサイズにしか見えない。
ワタクシの普通のサイズとは、大体8cm前後だったようなのですが、今やこれらは「小さく」見えてしまう始末です。

で、ワタシの中でのミノーの使い分け的に「食わせのミノー」は小さく、「リアクションのミノー」は大きいになってきているらしい、ザックリすぎるとは思いますが。

で、10cmミノーではどうやら釣りをする気にはなれないらしい、10cmって中途半端な感じがするらしいんですよ。
食わせに使うのなら7cm以下のクラスを使うし、リアクションなら13cmクラスな物になって来ている。

なので、今現在製作中の10cmは、なんだか仕様用途がぼやけてしまっていて、何をしているのか分からなくなったらしい。
これを作るコンセプトとして「ベイトで投げやすい」「2フック仕様」というのが根底にありまして、大量生産をする練習でもありました。(このくらいの大きさの方が、ルアーとしては作りやすいのです)

さて、これはもう欲望のままに行くのがいいんじゃないだろうか?その方が作るのには面白そうだ。

という事で10cm以上の物も製作していきます、本当は一転集中の方がいいのかもしれないですが、気分転換で作った方が悶々としないしね。

ということで、昨日の「ラトリンログもどき」はこうなってきました。
080627_1301~0001
日曜日には間に合うのだろうか?

てな感じです、んでは仕事に行って見ますかね、でわまた!!

PageTop

たら・基本に戻り

基本に戻り、「バルサ」にてルアー作り。

色々考えた結果「ラトリンログ」モドキを作る事にする。
080626_1322~0001
モデルはこれ。

この「ラトリンログ」、サスペンド仕様なんですよ(実際はスローフローティングですが)、これのフローティングのやつが欲しい、欲望に忠実。

んで、作り始めたのですが、問題は「ウエイト」を何処に持ってくるか、これが難しい。
昔の自分だったら、ひらめきと想像でスパッと決めれたのだが、頭が色々知ってしまって整理できてない状態の脳味噌ではこれが一苦労。

たしか、「ラトリンログ」のメインウエイトはフロントの正中線上にあった気がする、たしかどこかで見た。

しかし、リア寄りに入れて表層引きにするのもアリじゃないか?いや真ん中低重心のほうがただ巻きは良いはず・・・・・などと悶々と考えてしまう始末。

んで、結局こうなりました。
080626_1119~0001
フロント正中線寄り。

そういえば3フックの物を作るのは初めてじゃないか?さわりで作った事はあったけれど、作りこんではいなかったしね。
あとこういった、市販のオモリを使うのも久しぶりですな、穴の開いたオモリの使い方で「ワイヤー」を通して使うのを見たときの衝撃は忘れられないです、「天才だ!!」と思いました。(かなりの衝撃を受けましたよ、何気ない事ですが)

そして張り合わせて、削りだしでこんな感じ。
080626_1323~0001
銀色にとりあえず塗装。

これに「エポキシ」系の塗料を塗って「ラメ」をつけました、このやり方は初めてなんでどうなるでしょか?なトコロだが、このルアー日曜日に釣りに持っていく予定なのでサクサク作業を進めたいです。

コンナトコロノ本日デシタ。

んでは、仕事に行って見たいとおもいます、でわまた!!




PageTop

たら・切って張って考えて

今日も朝から色々やる。
080625_1146~0001
切ったり張ったり・・・。

で、風呂場テスト、色々やってきた物を試すものの昔作ったルアーに全て負けている感じがする。

あれこれこねくり回さずに、「素直」に作った昔の物の方が「良い」、しかし今現在ではこの素直な時代の作り方を思い出せない。

どうしたもんかのーーー、などと悩み中。

そして木の素材としては「バルサ」には勝てない気がしてきている。

動きの機敏さではどうやっても、質量の軽い「バルサ」の方が機敏に動く、「朴」ではとても出せそうに無い動きなんですよね。
しかし強度的には「朴」のほうが優れる、簡単に言うと硬いからね、それに質量が「バルサ」より重いのでキャストするにはラクだと思います。

・・・・・・・どうしたもんかいな・・・・・、ココに来てこんなに悩み始めるとは・・・・。

ハードウッドでのルアー量産のための準備はして来たのですが、ここで作りたい物の動きがハードウッドでは出そうに無いと判るとは・・・・。

ま、「バルサ」で一回作って見ましょうか、そうしよう。

悩み尽きず、ルアーの事なら本望です、んでは仕事行って見ましょう。

でわまた!!

PageTop

たら・ワンフィッシュ、インディージョーンズ2

はい、もう完全週休二日にしました、職場は崩壊に向かっているので努力して働いても無駄なんで。

で、朝から「弥栄ダム」へ。
先週からの雨で増水、冠水植物が水流で引っこ抜かれたらしく、オカッパリのできる所に溜まりつつある。

で、最初っからこれで行く。
080314_1253~0001
これはもう名作でしょう「ペンシルポッパー」。

で、投げ始めて1時間ぐらいしたときに「もうちょっと飛距離を・・・」っとフルスイングー!!、がしかし振りかぶって前に竿を振り出したときに「バシュ!?」っとの音が・・・・。

・・・・・・後ろの柵に当たってラインが切れた!!、という事はもう間もなくすると何処かにルアーが落下する。

1秒・・・2秒・・・3秒・・・・っとココで湖面左側に「バシャンッ!!」と落水したようだ。

080623_0801~0001
この辺の左・・・

080623_0811~0001
あれか?

湖面をじっと見るも・・・今回は水面に物が浮きまくっていて良く判らん。

当りを見渡すと、湖面に向かってウェーディングしたような跡がある・・・・・入るか・・・。

080623_0825~0001
進入口。

という事で今回もインディな事になりました。
そしてこれじゃないか?という物の近くに行く。

080623_0826~0001
これっぽいんだけど・・・。

行って見ると「竹」だった・・・・・、これ以外に手掛かりが無い・・・・・・。

そして辺りを探す事1時間、今回はどうにも見つからない(涙)。
キャストした後ろの斜面も探したのだが、どうしても無い、見つからない・・・(悲)。

今回はもう無理っぽい、後ろ髪を引かれながら次の釣り場へ。

そこで、10cmミノーのテストをやり始める・・・・が、なんか良くない、イマイチだ。
ではこれでと「ラトリンログ」に変えてやり始めるとチェイス発生、バイトには至らず、やはりログには何かがある。

んんっ、でわっ!!という事で後半戦はログのみで勝負する事にする。

そして次の場所、ここは今年の初バスが釣れた所だ。
ココにも冠水植物が流れてきて溜まった「島」状態の物が浮かんでいる。

その島と島の間の通せる所にログを入れていく、そして島の真ん中で止めると10cmぐらいのバスがわらわら湧いて出る。
湧いて出て、ルアーに噛み付くのだがフッキングは無理ですわ、針と口が同じ大きさなんで上手くやらないと掛からない。

んで、そこから遡り、最上流部で水の色がツートンカラーの場所に到着、さっそく投げ入れる。

080623_1244~0001
左側がまだクリアー。

っと、橋脚に当たって3フックの真ん中にラインが絡みワッキー状態に。
しかしそのまま誘うと、「ぐわっ」とバス接近。

この勢いは口使うなと判断し、フッキングに備える・・・・・喰った!!即合わせ!!決まった!!そして上がってきたのは45cmのバス。
080623_1242~0001
今回はメジャーを持って行ったので割と正確です。

しかし、メジャーに血が付いたように見えたので、すぐさまリリース、死なす訳には行かないのでね。
という事で写メはこれ一枚のみ、ログで釣りましたよ。

本当にログには何かあるんだろう、その後の場所移動でフッキング迄は行かないものの、チェイスや急接近を受ける、そしてタイムアップ。

しかしログって凄いわ、やればやるほど奥が深い感じがする、なんなんでしょうか?
おかげで「ルアー作らなくても良いんじゃない病」にかかりつつあるのでした。

で、帰り際に再度「ペンシルポッパー」を探しに行くも、やっぱり良く判らん、もし拾った方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡を!!たぶん広島でこれを購入できる所は無いはずなので、ほぼワタクシのヤツじゃないでしょうか?それほどまでに愛着があります、フックの当りも良くなって来た所だったんですよ(涙)、ぜひぜひどうかよろしくお願いします。

帰ってから「フィッシング エルモ」さんに電話をして在庫確認をしたところ、「売り切れ」とのこと、ますますもってアホな事したなと反省してます。

てな一日でした、本日ここまで!!でわまた!!

PageTop

たら・ちょっと休憩

本日は朝から釣りに・・・は行きませんでした。

家から見える山には分厚い雲がかかっていて、この状態だと「弥栄ダム」に行くまでの道で「濃霧」状態な感じなのですよ。

ちょっと危なそうなので今回はパス、という事で工房の・・・と言っても三畳ですが、これの整理に当てました。
080622_1804~0001
清掃中・・・・なんだろうか?逆に広がっている気がする。

で、整理に必要な物を100金に買いに行きました、そこで見たものがこれ。
080622_1214~0001
ネイルストーンらしいです。

これが100円で買える・・・・ルアーの目も作ってくれないだろうか・・・・・。
ネイルの柄で「目玉」が流行れば出来るんだろうな・・・・・などと考えましたが、そんなに簡単にはいかないだろうな・・・芸能界で流行ればなー、などと妄想する。

んで、清掃の途中の休憩時に昨日のこれらを見る。
080621_0853~0001


んん!!買って良かった!!特に「映像特典」の「ルアー別解説」が面白いぞ!!いい買い物だ。

とか言ってる間に夜だよ・・・はい、案の定まだ片づけが出来てません、これから飯食ってからやりますです。

んじゃ、本日はこんな感じで、でわまた!!

PageTop

たら・ええのんか?

はい、風呂場テストです。
080621_1308~0001
やってますよ、相変わらず。

ラトルは鳴ってますが、コーティングの影響によって音が篭り始めました。
ガラスボールを複数仕込む系でやっていたのですが、やはり鉛の様な質量の重いものを入れたほうが、壁を叩く音がデカイよなと考え中。

迷走を始めましたよ、もう普通のルアー買った方が早いんじゃないの?という状態に入りつつあるかもしれません。

でも、「フローティング」のミノーってアメリカ製ぐらいしか無いじゃないですか、ハンドメイドを除いてね。しかもラトル入りとなると、もう「ラトリンログ」ぐらいしか思いつかない。

そして、分かってくると「ラトリンログ症」なる病にかかってくる・・・・話それましたね。

ともかく、「ハンドメイドのミノーの中で一番ウルサイ物」にしたいと思います・・・・・どんどん完成が先延ばしですな、でも「作る」って面白いので辞められないです。

はい、前置きが長くなりました、えっ?これから本題ですよ(笑)。

さて、今朝方、寝坊した相方を会社まで連れて行った帰り、前回ラトリンログなんかをワゴンセールしていた釣具屋に寄りました。

目的は「ウェーダー補修材」、愛用してきた長靴がとうとうヒビが行きまして浸水、愛着があるので補修して使えんかなと、見た目が悪くなっても良いので浸水場所を塞ぐ材料を求めて行きました。

で、とりあえず発見、色が全く違いますが気にしない。

んで、ふらりと雑誌コーナーへ行く、ここには「ヒロ内藤・ルアー・ザ・スッピリット」のDVDが唯一ありまして、毎度買おうかどうしようか迷うのがココに来た時の日課なんです。

で、ついに買ってしまいました、しかも二本、挙句「ミノー編」のビデオを持っているのに購入。
080621_0853~0001
スピナーベイトは売り切れていた。

何時もは諦めてスルーなんですが、今回はそうは行かない、なぜならば!!

080621_0854~0001
この値段だからだ!!

これは見逃せないでしょう!!新品なのにこの値段!!スピナーベイト編も欲しかった!!
ちなみに新品のビデオ「ミノー編」は300円だった。

はい、ぜひとも皆さん今のうちに買ってください、ぼんやりとで良いので何回も見ていると「あれ?そんな動かし方だったら出来るよ」って思い始めますので、そうしたらアメリカンルアーというよりはルアーの面白さが倍増しますので。(でも太いラインを使うところから始めてくださいね)

という事で、広島の商工センターの釣具屋にあります。(といったらあそこしかないですよね)

ぜひ今のうちに買い込んでください、広島県民。

んでわ、仕事行って見ます・・・・仕事場崩壊寸前ですが・・・。
でわまた!!

実はこの記事、昼に書き上げたのですが「アクセスがいっぱいで表示できません」と言われてしまい、今アップしました。

遅くてスイマセン。

PageTop

たら・作業作業

ラトル入りのミノーを製作するため、また色々な物を買ってしまった。
といいつつも、結構うきうきしながら帰ったりしたもんだった。

080620_1407~0001
ぼちぼちですね。

今回は「生産過程」を熟考してから製作にかかったので、作業自体はサクサク進む。

頭の中での妄想も役に立つもんだ、と我ながら感心しました。
そして作りたい形をすぐに具現化できるように、これらを買っておいて本当に良かった。
080620_1408~0001
糸鋸とドリル。

その他にもココには写っていませんが、製作生産に必要な物が沢山ある。
地道にコツコツと買い足してきたおかげで、大体の生産に必要な作業が円滑におこなえています。

一時期こういった、生産に必要な物を買うために動いていた頃に、ある人間から「地味な活動してますね」などど言われて腹が立ったもんだった。

でも、これらをキチンとやってきた事は間違いではなかった、やっぱり「土台」と成る物が「大きく・硬く・しっかりした物」だと上に建てる物が少々しょぼくても、しっかりとした物になるし、逆に大きくなりすぎても「大丈夫!!足元がしっかりしてるもの」と安心して物が建てれる。

やはり初期投資は大事だなと思いました、まあ後はアイデアと脳味噌と腕次第なのでココは本人が努力しないとね。

テスト機は只今ぶら下がってます、日曜日にはテストに行けるでしょう・・・・雨でも行きますけどね。

てな感じで、明日は風呂場テストがお届けできそうです。

でわまた!!

PageTop

たら・やはりラトルって

昨日のラトル入りミノーですが、本日仮組みして風呂場テストをおこなって見ました。
080618_1157~0001

結果は・・・・最初微動だにしなかった(笑)。

そう、全く動かなかった、またやってしまったかーーー、などと思いましたが、調整後は泳ぎましたよ。

で、肝心のラトルですが想像通り鳴りました!!そして良く響いている。
何かの記事で「フックとリングがこすれ合って鳴っている」という物を見たのですが、この音量ってやっぱり微量な音量だなと思いました。

水中では空気中より密度が高いので、音の伝わり方が遠くまで届きます。

しかし水の中で物を叩く時には、その密度が叩く物にまとわり付いて叩くスピードが遅くなる。
遅くなるという事は、大きな音を出そうとした時、力が入らないので強い力で叩けない。

よって小さな音になってしまう。

しかし空気中でなら、速いスピードで叩けるので大きな音が出せる。

・・・・・・という事を考えたりしましたが、それプラス「音を響かせる」ための音響増量ユニットを考える事も大事かなとも思いました。

このユニットとは、いわゆる「和太鼓」の原理でイインジャナイカと、筒状の両端に皮を張り、それを叩く事によって筒の中で「反響」して増幅される・・・・だったと思う。

これをルアーに入れれば、より大きな音がなるような気がします。

という事で、しばらくカリカリやってます。

んじゃまた!!

PageTop

たら・昨日の今日で作ってみました。

恐るべし「ラトリンログ」、っーことでラトル入りミノーを作ってみました。

画像無し、だってラトルを中心に動く鳴らないものに成っていたらハズカシイね。

想像では鳴ります、只今ぶら下がってます。

という事で「ラメ」をブレンドした画像を載せましょう。
080617_1204~0001
この三種をブレンド。

080617_1205~0001
シルバーの中に投入。

080617_1206~0001
混ぜた後です。

これにさらにシルバーを足して、ちらりと違う色を発色させる計画。
シルバーのみでルアーを作っていましたが、そのままでは何かが足りない気がして、少し赤なんかの塗装を塗って落としてと色を入れたところ、これがなんとも言えない「雰囲気」が出たんですよ。

なので直接、ラメに色を付けた物を入れてみたらどうなんだろう?という事で作ってみました。

これをベースカラーとしてルアーに貼り付け、その上から塗装します。
塗装するとラメの輝きが消える気がしますが、そのままの輝きだとちょっと光が強い感じがするので、これでちょうどの感じがしてます。

さて、ラトル入りは明日には風呂場テスト出きるでしょう、明日が楽しみです。

んじゃ、仕事行って見ます、でわまた!!

PageTop

たら・ラトリンログって

「ラトリンログ」っていったい何なんでしょうか?

本日は昨日から引き続きの休み(無理やりとっている)、本日も朝から釣りへ行く。

本日こそ「ペンシルポッパー」で釣果を揚げたいと、早速投げる。
080615_0839~0001
昨日より活躍中です。

昨日あれだけ投げ込んだので、初っ端から良い動きが出る、これはいけそうだ・・・・と投げ始めて2時間、何も無し。
昨日の雨により、どうやら冠水植物の奥の奥にいるらしい、らしいがフィリッピングロッドなど端から眼中に無く、トップオンリーで押し通す。

とっ!!ついにバイト炸裂!!ルアーを下から「弾き飛ばす」当りが出た!!・・・・・・本当にあのルアーが5cmぐらい宙を舞いました・・・・そう吹き飛ばされただけ。(涙)

やはり小さな魚だったんだろうと思います、デカかったら丸飲みの角度だもの、しかしそんな魚がルアーを吹き飛ばすほどアタックする要素はなんなんだろう?

それから色々な引き方を試す、スプラッシュを出さずに「ぽわん」と言う音を出すスローな引き方や、高速スプラッシュの短距離引き、まだ不確実ですがダイブなどの動かし方を発見、しばらく引き続ける。

しかしノーバイト、果敢に攻めてまた引っ掛けたりもしてヒヤヒヤしました。

ここまでやって出ないなら致し方なし、10cmミノーのテストに入る。
実は昨日こいつを引いた時、ニゴイのチェイスが始まり、さあこれから!!と言う時に木に引っ掛け仮止めリップが吹っ飛ぶというアホな事になりまして本日に至ったりします。
080615_0837~0001
昨日現場にて撮影。

さて、テスト開始、色々やって見てニゴイからのチェイスも受けたりしましたが、肝心の見えバスが全く反応しない。

まっ、テスト中だしね、とか思いつつテストをして行きました。

そして、とりあえず今日はココまでという事でテストを切り上げ、何気なしに持ってきた「ラトリンログ」をチョイ投げ、クリアな水質のところで動きをしっかり見てみようと思っただけなんですけどね。
なのにだけのつもりが、あれだけ10cmミノーを引いてプレッシャーを掛けたのに一発目に見えバスがバイト!!

慌ててフッキングをしたので皮一枚だったらしい、やり取り中にバラす。

なんなんだ?「ラトリンログ」って、凄すぎないか?・・・・。

ミノーの師匠である「コロス氏」もそういえば言っていた、「ラトリンログは何かがある」そして彼は今現在も「ラトリンログ」を使用中のはずだ、そんな師匠の話を思い出した。

その後、場所を変えて「ラトリンログ」を投げると、小バスがルアーに噛み付くバイトが多発、水中でルアーが弾かれているのが分かる、分かるのだが「オジキ、そのルアーのフックと同じぐらいの大きさの口なんだから刺さらねーよ」とバスに言われても仕方ないぐらいの小バスだったりする。

なのでフッキングしようにもできない、無理にやってもスレがかりもしなさそうだ。

色々なジャークでフッキングまで持ち込もうと努力するも、ここにいるバスはどうにも小バスすぎる、最大魚の20cmクラスを狙っていたのだが結局力不足でフッキングに至りませんでした。

しかし、小バスまで噛み付かせるその「トリガー特性」は何処から来るのだろうか?
ちなみに今回の「ラトリンログ」は14cmのやつ、小バスサイズは10cmクラスだったりする。
080616_1721~0001
薄くブルーを塗ってます。

「ペンシルポッパー」しかり「ラトリンログ」しかり、小さな魚まで口を使わせる要素って何だ?

んんーーーー、動きにも秘密があるかもしれないが、たぶん「音」だ。

どちらも「音」が鳴るのだ、乾いた「カラカラ」音が・・・。

やはりこれが「トリガー」となって興味を引くんじゃないかと思う、そして動きでバイトに持ち込む・・・・じゃないかと思ったりする。

どうなんだろうか?どちらにしても「恐るべしアメリカンルアー!!」だとは思いませんか?みなさん。

そんな感想を持ちました本日でした。

んじゃまた!!

PageTop

たら・ワンバイト、インディージョーンズ

本日は朝五時起き、昨日は二時寝の、三時間睡眠。

昼から別件があるので釣行時間は約7時間(行き帰りで2時間使うので実釣は五時間)とっとと「弥栄ダム」へ。

実釣時間が少ないのでやる事を絞る事にし、タックルは10cmミノーと秘密のトップウォーター「ペンシルポッパー」のみをチョイス。
080615_0839~0001
「ペンシルポッパー」

特に今日は「ペンシルポッパー」中心の釣行にする、使用した方々が「すげーバイトの仕方をしてビックリする」を体感したいから。

で現場着、さっそく「ペンシルポッパー」を投げる・・・・・が動きが出ない。

・・・・・・そうか!!しばらく15cmのただ巻きばっかりしていたから、ロッドの捌きのスピードがルアーに合わなくなっているんだ!!

これを薦めてもらったのが、2月のFショーの日だった、その頃のロッド捌きはこのルアーにぴったり合っていて、簡単にアクションが出せたのだが、今は全然駄目。

それでも1時間ほど投げていると、だんだんカタチになってきた・・・・・「ズゥゴシュッ!!」・・・!?出た!!ルアーが横に「吹っ飛ばされている」、フッキングするも乗らず、どうやらサイズが小さかったらしい。

いや凄い音だ、これが40up以上だったら、そりゃ「周りが驚いて注目する」わな。

という事で自分のテンションも上昇、対岸のきわどい所に入れ始めた途端、「バキ!バサバサ!!」・・・・・・・投げすぎた。

そしてこんな所に引っ掛かりました。
080615_0947~0001
ここのさらに・・・

080615_0737~0001
この中心に行っちゃいました。

そして20ポンドラインなんで、引っ張ってフックを伸ばしてって・・・・・できない、もとがSWルアーなんでフックがごっつい、よってと言うか案の定、20ポンドが切れる。

さあどうする!!せっかく分かり始めたルアーなのにココでリタイアをするのか?・・・・できる訳が無い!!

そして「インディー」な藪漕ぎが始まる。

とりあえず対岸に車でぐるりと渡り、ウェイダーを着用、山立てならぬ木立てによって位置を確認、突入開始。
予想以上に草木が深い、あげく「野バラ」が広く伸びている、あちこち刺さるし落とし穴状態のトコロに落ちたりする・・・・も、とりあえず周辺に到着。

じっとあるはずの場所をにらむ・・・・・・・あんなに大きなルアーなのに全く分からん、しかし諦めたくない気持ちが強く、しばしにらみ込む・・・・・わからん!!

もう少しだけ目の前の野バラを掻き分ける、痛いとかもうよくわからん・・・・・すると!!
080615_0800~0001
この中心に!!
080615_0803~0001
あった!!

もう感動ものでした、そしてこいつは「相性」が良いに違いないと思いました、だって帰ってきたんだもの。

それからはもう、これと心中とばかりに残り時間を全て費やす、再度オーバーハングを狙いすぎ引っ掛かるも何とか生還、ビビリましたが帰ってきました。

そしてタイムアップ、結局朝方の一発のみの当たりでしたが、充実の釣行。
時間をかけてアクションの出し方を思い出したため、ハイスピードジャークが出来るまでに回復、次回の釣行ではさらによく動いてくれるに違いない。

そしてルアーにこれが付きました。
080615_1157~0001
「ローリングマーク」

ジャークできるルアーの勲章だと思います、この「ローリングマーク」、やってる感がでていてとても好きな「マーク」です。

んでわまた!!

PageTop

たら・買っちゃった

ぼちぼち10cmミノーの改修は進みつつある。
080613_1337~0001


そんな中、これが届く。
080613_1357~0001
買っちゃいました、ついに。

とうとうセルロースをデカ缶買い、ついでにラメも購入。
これによって、いよいよもって「売るルアー」を作っていかないと、これらが無駄になる、頑張りましょう!!

しかしシルバーラメが紙袋入りで来るとは思わなかった、紙袋の中にビニール袋入りだろうと開けると、そこはもう「銀世界」。
あやうく乱暴に紙袋を破く所だった。

んで、15cmや10cmのルアーなんかを作っていくだろうけども、一番作らないといけないな思っているのが「ビギナー向けミノー」だったりする。

このところ、釣りに行くたびにワームを投げている人の多さにビックリする、ワームを投げているのはいいのだが、その場所でワーム?しかもただ巻きなのに?とか思うことも多々ある。

オープンウォーターでただ巻きなら、ハードルアーの方が集魚力に優れていると思ったりするので、それを見るたびに「ワームってナチュラル」という考え方の偏りがあるんだろうなと思います。(ナチュラルなんだけどワームってそれだけではない気がする)

と言うか、使い方がノーシンカーの底を取らずのただ巻きだったら、やっぱりハードの方がラクだと思う。(スプリットシンカーリグとかをやっている人を見た事が無い)

そんな方々にハードルアーの面白さを知ってもらいたいなと、そんな「ビギナー向けミノー」を作りたいなと前々から思ってました。

で、ミノーなのはワタシがフェチだからだったりするのですが、基本的にビギナーの方はスピニングタックルを使っている方が多い、そんなタックルにクランクとかよりはミノーの方が扱いやすいと思うのです。

そして何より「小魚のカタチ」に近い物の方が受け入れやすいでは無いかと考える訳です。

後は釣果が付いてくれば洗脳完了(笑)、徐々に他のハード系、そしてベイトタックルへと進化して行くのではないかと、その後は「エルモ」さんに丸投げ。(笑)

こんな計画を脳みそに内包してたりします。

んで、あと思ったことは、最近のビギナー向けのロッドって「硬い」、これに尽きる。

昔のセットで2980円とかのロッドの方が、最初は扱いやすいと思うんですよ。
ワタシもこれぐらいの値段から始めましたが、ロッドの調子は「べろべろ」の柔らかさ、でもキャストするにはやりやすく、なおかつ当りを弾かない、それどころかそのまま気が付かずに持って行ってくれるというすばらしさが良かった。

当りがあって呆然としても、ロッドが曲がりきるまでの時間で合わせれば良かったので、釣り下手なワタシの入門には最適だった。

でも最近のロッドはちょっと「硬すぎる」気がする、そりゃ最初の一本なのであれこれ投げれる様に「硬目」の物になるとしても、それを使うビギナーが「ノーシンカーワーム」のちっさい物をメインで投げているのだから「投げにくい」。

そして変な糸ふけが出来てしまい、バックラッシュ状態、その場で糸きり放置という悪循環になっていそうだ。

そんなのじゃ、逆にストレスがワタシだったら溜まる、釣れなかったらさらに面白くない。

釣り人の裾野を広げる為に、もうちょっと「柔らかめ」にしません?メーカーさん、お願いします。

で、ワタクシはそんな硬いロッドでも投げやすく、アクションが出やすいく、そして釣れる「ミノー」を作る事に努力していきます。(言い切ってやったぜ!!)

・・・・・・でも、小心者ですのでイジメないでね。(笑)

んじゃ、仕事に行って見ます、でわまた!!



PageTop

たら・リップを変えてみる

10cmミノーの改修を徐々にやっているのですが、今回はこれをみてリップの大きさを換えてみる事にしました。
080612_1300~0001
「ヒロ内藤 ルアー・ザ・スピリッツ シャロークランク編」

この映像の中で「クランクをジャーク」している所がって言うか、ジャークしているんですが、その時のクランクの動きをミノーに移植したいなと。

ミノーとクランクのジャーク時の動きの違いは、簡単に言うと「ダート」するかどうかだと思います。

ミノーはジャーク時に「ダート」、いわゆる横滑りをしますが、クランクはその場で「ぶりん!!」っとボディーを振ります。

この「ぶりん!!」の時に、水を動かす力がバイトを呼び込むと説明がありますが、多分それだけではないと思います、やはりその「美味しそうな動き」これがワタクシ的に魅力。

という事でリップを大きめにして見ます。
080612_1258~0001
本体はただいまコーティング中。

リップを大きくして、水を大きく受けて「ぶりん!!」っとミノーを動かしたいなと思ってます、しかし「ただ巻き」の時の動きがどうなるかですね。

さて、今年のルアーのトレンドですが、ちまたでは「スイムベイト」系らしい動きですが、こちらではトップの話が出てきてます。
080612_1301~0001
「アマケン節」です。

ラッキークラフトの会員誌に不定期連載?で掲載されている「アマケン節」、今回から「米国トッププロ・トップウォーター戦術」をやるそうです、メッチャ楽しみ。

最近の日本のブームって「米国プロ」からの流れが多いじゃないですか、今回の「スイムベイト」も向こうでのブーム?ぽい物をちらりと垣間見た後にこの流れ。

だったら、「トップ」も流行るのかなと、特にこのルアーを中心にして流行りそうだ。
080314_1253~0001
「秘密のトップウォーター」byエルモさま。

米国のツアープロの間で流行りつつあると思われるルアーです。

と言うかその辺はその内「アマケン節」かアマケンさんの「Basser」連載にて記事になり分かるのではないでしょうか、ちなみに「Basser」にはちろっと記事が載っていました。(さすがエルモさん!!)

詳しくは、ぜひ「エルモとマシューのアメリカンルアー ばんざい!」をご覧下さい、その他面白いルアーの話がたくさん聞けます、おすすめです!!

という事で、仕事行って見たいと思います。

じゃまた!!

PageTop

たら・トリガー特性

昨日15cmミノーにて15cmのハスが釣れた事で、この15cmミノー「イナビカリ」には何かトリガー特性が付いているんだろうなと確信しました。(実は名前が付いているんですよ、このミノー)
080427_2136~0001
「イナビカリ」

動き的にはミノーと言うより、クランクに近いように作ってます、そして「く」の字に曲がる頂点は他のミノーより頭寄りに作りました、この方がナチュラルな泳ぎ方の気がしたんですね。

んで、光を反射する物として「アルミ張り」ではなく「ラメ張り」にしてます。

これは「ニゴイよりウグイの方が泳がせ釣りの釣果が上だよ」と言う話の中で「ニゴイよりウグイの方が鱗がちっちゃいから飲みやすいに違いない」と言う結論が出たため。(焼肉屋での出来事だったりする)

これを表現するには「ラメ」の方がイインジャナイカと、実際「ラメ仕様」にしたミノーは見た目から柔らかい感じがするのも効果的に思えます。

で、なにがトリガーとなるかと考えた時に上記の「クランク的スイミング」と「ラメによるフラッシング」では無いかと思い至るのですね。
あとフックが3個付いているので微妙なラトル音もあるのかな?とか思います。

しかし、「ダク・ハノン」氏の本によると「不規則なラトル音がナチュラル」という記述も見受けられますので、フックの音がこれに当てはまるかは不明です。(内容を読み違えていたらゴメンナサイ)

とまあこんな感じを、昨日の釣りにて思いまして、さっそく10cmミノーに上記の事をやらせてみようと作業してました。
080610_1417~0001
光を多めに当てるとこんな輝き。

風呂場実験では限度があるのでなんですが、なかなか良いスイムにならない。

まだまだウエイトの位置を変える作業を続けないといけないですね、って10cmいつ完成するんだろう・・・・・・、まあ納得いかないと仕方ない物だしね、たらたらやります。

んでは、仕事・・・・行って見ます・・・・・。

じゃまた!!

PageTop

たら・15で15

はい、本日釣りへ行きました、テスト品を多々持って行った為、竿の数が4本と過去最多。

で、こちらの方々をテストしました。
080609_1005~0001
左からベイトで投げれる7cm、スピニングで6cm、前回チューンしたフラットフィッシュ。

テスト結果はぼちぼちぼち、というか15cmミノーが投げたくてしょうがない、気が散ったままテストをしてもしょうがないので15cmのみでランガン開始。

で、前回のランカー確保場所に早速行く。
080609_1057~0001
こんなとこです。

ちなみに減水時はこんな感じ。
080315_1329~0001


という事で目には見えない状態の地形変化を狙ってブン投げる、ブン投げる。
・・・・・・・っと、20分ぐらいし経った頃「プンプン」とアタリがでた!!おりゃーっ!!とばかりに渾身のフッキング・・・・・がっ!竿が後ろの障害物に当たるぐらい「スカッ」っとした抵抗の無さ。

んん?だまされたか・・・冠水植物にぶつかったかな・・・・などと巻いていくとルアーの後ろに銀色の魚影が・・・・。

ハスだ!!しかもルアーと同じぐらいの大きさの約15cmぐらいのヤツ。

よくよく見ると下顎にリアフックが一本かかっているだけだ、すばやく揚げなければと巻き上げたのだが物凄くおとなしい、釣られた本人もビックリしているようだ。

そして釣った本人もビックリしてちょっとパニくり状態、そしてそのおとなしさに気が抜けてしまい暫しボーゼン。
そして立ち直りが早かったのハスの方だった、いきなりビチビチやり始め、あっと言うまにフックオフ・・・・・、写メ撮れず。

しかし、感動はした。
「大きなルアーに小さな魚をバイトさせる」これも目標の一つに入っていたから、ルアーが魚に対して噛み付きたくなるような演技をしたという事だし、そんなルアーを作るのが目標だったもんでね。

それだけの釣果でしたが、満足!!

あとは15cmミノーをこんな場所にも投げたりして、ミノーの使い方の幅を広げる釣り方もしてみました。080609_1039~0001
落とし込んで「波紋」誘い。

対岸でピッチングが届く所とかでもやったりとか、ミノーだからとこう使わないとなどの使い方を忘れ色々やって見ました、これはこれで面白かったし釣り方の幅が広がった気がしました。


ンな感じの一日でした、じゃまた!!

PageTop

たら・今日の「たら飯」

久方ぶりの今日の「たら飯」。

昨日、実家から「鯛いらんか?」と言われた・・・・なにゆえ鯛?

まあ、貰える物なら貰おうという事で、約30cmほどのやつを頂く。

で、色々悩んだ結果、三品作ってみました。

①鯛めし
080608_1914~0001
土鍋でやってみました、何とか成功。

②鯛の吸い物
080608_1914~0003
豆腐入り。

③鯛のかぶと煮
080608_1914~0002
なすびの素揚げをコンビに選びました。

んん、上出来!!だと思う、久方ぶりの大作だった。

明日は釣り行って来ます、んじゃまた!!

PageTop

たら・外部ラトル製作

先日買い込んで来た「外部ラトル」になりそうなもので、製作開始。

物としては、「チェーンつなぎ金具」、風呂場の栓についているボール状のチェーンをつなぐヤツです。
080606_1235~0001

他にパイプ系を買って切る予定だったのですが、長いサイズの物しか売ってなく、挙句値段が高い。
これだと5個入り105円なので、まあまあだし、何より切らなくて良いのがよい。

で、とりあえずぶら下げる為の足を付ける。
080606_1236~0001

キッチリ作る為に、ハンダで止めようかとも思ったのですが、とりあえずなんでこれで装着。
080606_1235~0002
15cmミノーのリアに付けました。

じゃあ、とばかりに風呂場にてテスト、おっ鳴ってる・・・・・のか?

時折、金属音がするものの明確な音はしない、その後金具のサイズを変えてみたりしたのだが、思うようには行かなかった。

んで考えた結果、原因は「金具を叩く力が弱い」という事になりそうだ。

ルアーの中で一番ふり幅の大きい「リア」にラトルを付けたのだが、やはり金具を叩く役割の「フック」と同じように動くのだから、そりゃ鳴らないし、鳴ったとしても回数は少なくなる。

やはり打楽器のように、何かが音の鳴る物体を「叩く」というような「叩くもの」と「叩かれるもの」を明確に分けて、音を鳴らすシステムが必要らしい。(バズベイトのクラッカーの様なやつ)

そう考えると「ブレードクランク」は理に適うカタチをしているんだなーと思います。
音を出すシステムにフラッシングまで付けて、挙句動きまで制御するシステムなんて・・・・やっぱりすげーわ、偉大な先人です。

そしてデザイン的にも優れているだなと、ATTIC・高洲先生いわくの「スーパーカーって見た目で早いのが分かるだろ、見た目で分かるシンプルなデザインって言うのは理に適ってるんだよ」という言葉を思い出します、「ブレードクランク」はその動き、音、フラッシングを出す為のシンプルな形なんだなと。

一個でいいから、釣りが出来なくなるまでに一個だけ良いルアーを作りたいもんです。

ATTICはこちらから飛べます。

んでわまた!!

PageTop

たら・フラットフィッシュ

昨日「ハンズ」にて外部ラトルになりそうな物を買ってきたのだが、その道中「アマケン節」を読んでいて妄想が湧く。

「シャロークランクか・・・・そういえば誰も使ってないシャロークランクになりそうな物を仕舞い込んでたな、出してみるか。」

となり、帰宅後BOXから彼を引きずり出した。
080605_1127~0001
フラットフィッシュ。

西日本よりは東日本の釣具屋さんに置いてある、おもにトラウト狙いの商品、「F3」という3cmぐらいの物は流れの無い管理釣り場などで、「X4」という7cmぐらいの物は湖のトローリングに使われているそうだ。

で、ワタクシがこれに出会ったのはバス釣りを始めた間もない頃、今は無き釣具屋さんのワゴンの上で「F3」と出会った。

今にして思えば、こんな魚とは無縁なカタチをよく買ったもんだ、昔は固定概念が無いのが良く判りますね。

これをスピニングのヘロへロの竿で投げてました、釣果は爆釣!!ってなぐらいの釣れっぷり、フッキングに難はありますがそれを有り余るバイトでカバーってな感じです。

それから「フラットフィッシュ」フェチになり今現在も見ると買ってしますんですね、特に「F3」を・・・。

その後ベイトタックルにハマッてくると「X4」を使い始めるのですが、これが難しい。
ルアーが軽いんですよ、見た目以上に、そしてボディー形状がキャストに向いてない感じがする。

しかし、それでも投げたいので「リック・クラン」のDTNのようにリアフックを二番ほど上げて、サイドキャストが出来るぐらいにはしました、しましたがこうなってくると沖に向かってフルキャストよりは、シャローのストラクチャーに投げてカバーフィッシングの方が向いている気がする。

ボディーからそのままリップが出ている形状の為、前面で水を受けかなりの前傾姿勢になるので障害物回避能力は高そうなんですよ。

ということでシャローを、っと言いたい所ですが、その当時シャローに投げるだけの勇気が無く、なおかつカバーを釣る事の出来るタックルでもなかった。(ラインなんて8ポンドを使っていた)

しかし今なら出来そうだ、なんと言っても7fのグラスロッドがあるしラインは20ポンドだ。

そして今朝からいじりまくってるんですね、「フラットフィッシュ」、そしてその元ネタがこちら「benkeiblog」さんの所の「バスオレノ・ブレードチューン」。

あの使う人を選ぶという(ワタクシ的に)「バスオレノ」でナマズを釣るってスゲーです。
そしてそのチューンも先日の「トリガー特性」の所で書きました、「ブレードチューン」だったりするので,
これはもうやるしかない!!(笑)

という事で「フラットフィッシュ」+「ブレード」でこんなの作りました。
080605_1135~0001
「バスオレノ・ブレードチューン」をそのままパクらせてもらいました。

風呂場テストでは普通に泳ぎますが、音の鳴り様が微妙、どの位の音量が必要なのかが良く判らない、やはり「ブレードクランク」を見てみたいと思い出しました、広島では「ポパイ」にありそうだがあそこまで行くのに車の交通量が多くて怖い、駄目なんです車多いところの運転は。

んんー、とりあえず今度の釣行に持って行ってから考えよう、ちなみにこの「フラットフィッシュ」、カラーによってボディー形状が変わっているんだろうかというぐらい、ファット差が違います。
080605_1148~0001
下のタイガーの方がファットですね。

これって「水が濁っている所に使う色だから、泳ぎも派手にしてやれ」とばかりに形状が違ったりするのでしょうか?そうだとするとルアーデザイナーの方は「現場主義」のナイスガイですな。(女性だったりして)

そんなこんなで今日はここまで、長く書いちまいました、読んでくれた方ありがとさんです。

んでわまた!!

PageTop

たら・ありがとうございます!!

やったー!!念願の「エルモとマシューのアメリカンルアー ばんざい!」に釣果を載せれました!!ありがとうございます!!

なおかつ、リンクを貼っていだだきまして、恐縮です、ありがとうございます!!

昨日仕事から帰り、自分のブログを確認した所、「・・・・・カウンターが跳ね上がってないかい?!」という現象に、ちょっとビビリました、見に来てくださった方々ありがとうございます。

たらたら更新してますので思い出したら見に来てくださいまし。

さて、昨日からルアーの断面をどうするのか、また悶々と考えてまして、仕事から帰ってAM 2時まで図面を書いては捨て、書いては捨てとやってました。

で、結論から言うとボディー断面は「作るルアーによって作り分けるべき」なんだなと、前々から分かっているのに「もしかしたら最高の物があるのかもしれない」と思うと止まらなくなってしまう悪いくせがでたらしい、いかんですな。

というようなことがありましたが、結局は自分の中の最初の原点に戻っていくんだね、これが。

最初の原点、それは「既製品には出来ない事をしよう」という事でした、ワタクシがルアーを作り始めた頃の一般製品は「リアル路線」をみんなひた走ってまして、最近ではポピュラーになってきている「フラットなボディー」というルアーは殆どありませんでした。

「だったらフラットボディーにして、フラッシングだけは他の既製品に負けないものにしよう」

と思い作ったのが、「キラキラミノー」でして、そこからの発展系というかベイトで投げられるものを、という事でこちらを作った訳ですね。
080603_1118~0001
10cmミノーを作り始めた最初の方のヤツ。

イメージ的に、これは「だまし絵」的ルアーなんです、側面から見るとリアルに作ってますが、実は断面が四角い。
080603_1120~0001

上から見ても大体カクカクしてます。
080603_1118~0002


フラットな側面からのフラッシングで魚を誘い、リアル系な「だまし絵」で人間が釣れるんじゃないかと、かなりイインジャナイカと妄想してました、実際にはそうは行かないでしょうけどね、特に後半。(笑)

んで、これの利点はフラッシングもさることながら、量産面でもかなり優れています、だって角取っているだけですもの、加工の手数が圧倒的に少ない。

これをもうちょっと考えて、現在のルアー作りに応用させたいなと思っとります。

ちなみに「ログ」系の量産のイメージは頭の中にあったりするのですが、資金が無いので手付かずです、いつかはやってみたいなと思います。(でも普通にラトリンログを買うほうが手っ取り早い気がする)

ンな感じで悶々としてます、そしてしばらくは15cmミノー作りに没頭しそうです、だって面白いんだもの。

昨日の「エルモとマシューのアメリカンルアー ばんざい!」の中で、「ブレードクランク」のお話があるのですが、これの「トリガー特性」を15cmミノーに付けてみようと思いましてですね、只今妄想中。

「トリガー特性」については「ダグ・ハノン」氏の「ダグ・ハノンのビッグバスマジック」を読んでもらうとして、「ブレードクランク」の「ラトル音」の出し方に注目したいと思います。

この「ブレードクランク」の「ラトル音」、リアフックとブレードの接触音が「ラトル音」になってます。

これを見てピンと来た方の中で、ワタクシと同じで「ビッグバド」思い出された人が居ると思います、これもまたブレードをボディーに当てて「ラトル音」を出してますよね、さらに書くならトップウォーターの世界、特にハンドメイド系にはこれが多く見られます。

この「外部ラトル」(勝手に名称を付けときます)というのは、いろんな記事を見ても「バスを怒らす」とか「イライラさせて」とかそんな文章が必ず引っ付いてきます、この文章が付いているルアーは「トリガー特性」のあるルアーなんだろうなと思い至りました。

そしてこれを15cmミノーにも付けてしまおうという計画、単純にブレードをなどとは考えていません、
フックを取り付けるリングに金属的な何かをぶら下げて、フックとカチカチ当ててしまおうという考えです。

さて何をぶら下げるかは、今日の仕事中にでも考えたいと思います。(笑)

ンな感じで本日はこれまで、でわまた!!

PageTop

たら・納得の一匹

本日、広島と山口の県境にある「弥栄ダム」に行って参りました。
このダム、JB戦などで何度かメディアに載っていますが、オカッパリからの釣り場が少なく、基本ボートがメイン。

そんなダムで本日NBCチャプターが開催され、オカッパリの場所にもアルミが出ている始末。

「うわ、今日釣れるかいな?」と思いつつオカッパリ開始。

本日は10cmミノーと15cmミノーのみの構成、10を投げるもなんか違う気がする。

そうこうするうちに1時間たち2時間たち・・・・先週の雨の影響もありなのか、バスの姿も見えない状態に精神的にやられ始める。

「ヤバイなこのままボーズか・・・、だったらやってて楽しい釣りをしよう」と開き直り15のみを持ち、車でランガン開始。

アルミボートがオーバーハングを斜め打ちノーシンカーの所を、オカッパリならではの、岸沿いオーバーハング越えキャスト、木にラインがかかる前にロッドの捌きによってオーバーハング下にグルッと巻き込み、トレースラインを確保。(カッコよく書いてますが、ぷちオーバーハングなので誰でも出来ます、ポイントは長い竿、7fロッドを使うこと)

後はただ巻き、ただ巻き・・・・・ランガンしつつ約一時間、そしてその時は不意に訪れる、そう「根がかりと間違える」あの感覚で。

巻いて巻いて、引っ掛かってもデビット・フィリッツの「引っ掛かったらジャークでクランクをウイードから引き放すんだ、釣れるぜ!!」をミノーで遂行していると、ウイード(冠水植物)にかかって重くなった感じが来た。

でも巻きつつジャークって、尾っぽが見える・・・・・・バスじゃん!!

はい、ランカーを釣る時は大体こんな感じ、当りも何もわかりゃしない、まだまだ未熟ですな。

しかしフッキングした後はラクラク、だってフィリッピングロッドだもん、ラインはナイロン20ポンドだもの、竿立ててれば寄ってきますもの、という事で2~3分で勝負あり、ランカーです、今年初の50です。

本日はこれ一匹でしたが、チャプターのプレッシャー(ってもそんなでも無いかもしれない)の中での一匹だけにかなり満足でした。

080601_0955~0002
でろーんと釣れました。
080601_0955~0001
別アングルでもう一枚。

んで、ルアー製作資料用にこれを購入。
080601_1948~0001
アユ養殖です。

んで、色々こねくり回しましたが、やっぱり一回シリコンで型を取りたいなと、それをプラ成型し着色、資料として保存、やはりこれしかない。

でも来月はセルロースを大きく買うしな・・・・何とかシリコン代を捻出しなければ。

ンな感じで、満足・・・・・・長靴穴が開いたけど・・・・・・しかもウェーダーの靴底も剥がれる。

釣りに行くと釣れるけど何かを失う気がする・・・・等価交換か?

んでわまた!!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。