廣島のオジキ・ローカルルアーへの道

ワタクシ「廣島のオジキ」が作るハンドメイドルアーはローカルルアーに成れるのか?と、その他もろもろのお話を「たらたら」と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たら・最近の動向

はい、「たら」です。

ぷー、になってから、ルアー作りまくるとか、釣りに行きまくるとか、そんな行動に出ているとおおもいかと思いますが、実はボーっとしてたりします。

仕事辞めるって、かなり精神力を使うんですよね、なのでこんな状態に毎度なります。

そしてリハビリとして、徐々に「釣り」や「ルアー作り」、そして「凝った料理」をやって精神の充電をしていく訳です。

そんな本日は、先日辞めた店で覚えた「餃子餡」の作り方を復習しました。

そしてコイツを買ったのだ。
081031_1422~0001
「フードカッター!!」

餃子に入れる野菜を、いつもは手切りにてやっていましたが、かなりの時間が掛かってしまうので、どうしたもんかなと前々から考えていました。

で、前の店で「餃子餡」の仕込み時に、この「フードカッター」使ってみると、なんとラクで早い事かと「目からうろこ」となった訳です。

本当は包丁で切ったほうが美味しいんですが、やはり「簡単」「早い」には勝てないです。

本当にラクなんで、こんな時はもう手放せませんな。

ちなみにリサイクルショップで1900円でした、カッターの刃しか付いてませんでしたが、これで充分満足です、この先「魚のつみれ」もラクラク出来ますな、また「コノシロ」釣ってこようかと野望が出てきました。

ちなみに、ミンチ肉はこちらを使用して独自配合になってます。
081031_1441~0001
「ミンチマシーン!!(手動)」

こちらも前に書きましたが、498円にて購入、買って後悔なし!!

鳥のミンチを作る時にとても重宝してます、実は鳥ミンチは合びきミンチより高いんですよね。

なので自宅で鳥胸肉をミンチにする方が安あがりなんです。

という事で、明日か明後日は餃子です、そんな一日。

んでわまた!!

スポンサーサイト

PageTop

たら・製作現状報告

はい、たらです。

色々と在りましたが、というかありますが、今のところは生きてます。

そんな中での、ルアー製作報告を少しばかりします。

現在「発泡素材」の研究をしています(偉そうな書き方ですな)、結構資金をつぎ込んでいるのですが、まだまだ前途多難。

しかしとりあえず、ネットで探せる物で買える物は全部買って試してきたつもりなんですが、思ったように結果が出ませんな。

081023_1141~0001
これ以外にも、ごろごろとテスト発泡品が転がっています。

んで、素材はある程度吟味したので、今度からは発泡時の型の温度を調整してみる事にしようと思っています。

この温度調整、手を出すのを躊躇していたんですよね。

そもそも工場となる三畳の部屋は、寝室の隣、仕切りは障子と、よくもまあ相方が許してくれていると思いますの状態、ここで木材の切断や塗装をしているんだからねー。

そこで、温度管理をしながら作業っていうのが、どうも気が引けてならなかったのですが、やれるトコまでやってみようと思った次第です。

で、加熱用に電子レンジを使おうと、この電子レンジは一回壊れて、メーカー修理に出したもののメーカーが治せないというか、直す場所が分からないと匙を投げられた挙句、電話口で逆切れされたいわく付きの物で、そりゃもうすったもんだしたんですよね。

081027_1220~0001

結局、こちら側から「もういらないから捨ててくれ」と電話たのですが、「それではこまる」と引き取らざる得ない状態になり、玄関に放置状態でして、これを活用する予定。

さて、後はやるだけなんですが、まだちょっと躊躇したりしてたりもしてます、臭いとかどうなんだろうか?

まあとりあえずやってみます、近況報告でした、でわまた!!

PageTop

ケース・5

ケース・5「中華料理チェーン店」

で、ケース・5は「中華料理チェーン店」なんですが、ここはちょっと問題がややこしく、そして山積み状態だったんで、思い出すと複合的な問題にぶち当たるんですよね、とりあえず書き出してみます。

まず、ここも新規オープン店でした、そして毎度の事ながら「新規店舗立ち上げ部隊」が本社から回されてきている状態で、オープン前準備開始。

その頃のワタシは、ケース・4の店を夜だけやってまして、こちらのお店は朝から夕方までの勤務からで入りました、もちろん面接時にこの事は申請済みでOKを貰いました。

ココを選んだ理由は「中華料理を一度やってみたかった」のと「前の店の店頭にフリーペーパーが出されていて、よく他のパートさんと休憩時間に次の仕事を探していた時に見つけた」というお話(笑)、そして希望通りのキッチン配属となる。

ではまず初期人員、立ち上げ部隊が3、エリアマネージャーが1、店の流れを作る為に3ヶ月ほど残るチーフが1、他県他店舗応援1、在住して店舗運用する社員が3、の合計9人、後はパート・アルバイト、キッチン要員はワタシを含めてパートが3人。

ここで書いておかないといけないのは、在住社員の内わけなんですね。

一人は店長で、元々広島に「同社系列の名前の違う中華料理チェーン店」が先行出店してありまして、そこの店長をしている方なんですね。

で、新しくもう一店、広島に出店するにあたって「兼任店長」となって2店舗を掌握する事になったわけです。

そしてもう一人は、社員は社員ですが契約社員、しかも中国人の方でして、他県店舗から転属されて来ました、基本的にその労働は「契約にしばられる」という状態で。

状態と言っても後述するのですが、「オレはここまでしかしない」を貫く感じの方で、根本的なトコロで問題が在るんですね。

そして一般社員となるのですが、この人は新規オープンの募集を見て、応募して来た中華系料理人?で、これまた後述するんですが「?」が付く人だったりする、一応中華系の料理をやって来ているのは、見ていて分かる人なんですが・・・この方は「A」と表記する。

そんな感じでのオープン準備、まず一般社員の「A」が、ナゼかすぐに新規オープン店に配属されず、もう一店の既存店に行かされます、この時点でもうすでに変。

これから運営するべき店を後回しにして、同社系列だが違う店に行く・・・って変でしょ?理由は「向こうの店の人員が足りてないから」だそうで、だったら新規の店作ってて良いんだろうか?と入って早々に思う事となる。

そんな感じでとりあえずスタート!!・・・・・・・・・・・がっ、オープン二日前まで仕込みに追われる、追われるのはいいのだが、ここでチェーン店だが「職人のカン」に大いに頼る「料理の仕方」なのが発覚する。

一部はレシピ化してあるものの、全体量の1/2強が「カン」を必要とされる物で、基本的に中華料理をやってきていないと分からない物だらけ。

その中でも麺場、いわゆるラーメンなんかを作る場所はレシピ化とオペレーションがまあまあ進んでいて、ここならパート・アルバイトでもこなせる様にはなっている、ここをもう一人のパートさんと運営していく事となる。

そして色々な仕込をしていくのだが、仕込み中、立ち上げ部隊の責任者がこの言葉を連呼するようになる。

「適当で!!」

店の料理の全容を知るべき、そして教えるべき人間が、社員間の話とはいえ「適当で!!」を連呼している、そして言われた社員は困惑する状態。

それを見て、その下のパートたちが「オカシイ」と思わない訳が無い。

この時点でワタシと同じ麺場パートさんは「これはやばいぞ」話をし始める。

そして二日前になってようやく仕込が終わり、夕方から料理の試作をする事となるのだが、前記した通りワタシは夜仕事がある、よって見れない。

この事は面接時に言っている筈なのだが、「そんなんじゃ料理なんて覚えられない!!」とチーフに怒られる・・・・・いや、言ってあるし、そうなる事を考えて午前中にやれば良かったじゃない、時間は充分にあったし、ローテは渡してあるし・・・。

そしてオープン一日前になって3~4品作る工程を見る、後の商品は口頭にて説明しながらやる、とオープン日に突貫で覚える事になる、もう一人のパートさんは「こんなんじゃ覚えられない」連呼する。

で、オープン初日、言われた通りにやって商品を持って出ると「何かが足りないだろ?考えろ!!」と怒られる、しかし短い時間ながらも全て書き取ったレシピ手帳には載って無いの状態。

葱が足らない、カイワレが乗ってないと「後だしジャンケン」方式で怒られ始める始末。

それでも仕事なんで、相手の事を分かろうと努力し、なんとか立ち上げ部隊責任者のパターンを読み対応しつつあったオープン3日目、朝の朝礼でこの一言が出る。

「では今日で居なくなりますので、あとは頑張ってください。」

これは参りましたね、何とかラーメン全品の作り方とトッピングを聞き出しましたが、細かい所はまだ不明な部分が大多数。

この時はラーメンだけが中途半端に見えましたが、後々ラーメン以外の中華料理の概要も中途半端に教えて帰った事が発覚、これが尾を引いてまたトラブルとなる。

そしてケース・4の店を辞めて、ここの専属となった半月後、他店舗応援1が帰る。

この頃には夜のパート・バイトのキッチン要員が居ないとかで、朝から8時間労働の予定が、結局夕方5時から10時までのシフトか、朝から晩までの12時間拘束10時間労働が始まる。

そんな中、他店に行っていた「A」が帰ってきてチーフに一週間ほど教えを受けるのだが、一週間で習得できない状態というか人間だった。

この「A」という人は全ての物事に対して要領が悪い、仕事でも悪いし、対人関係も悪い。

そして怒られるとその場を繕うために平気で他人を巻き込んだ嘘をつく。

起こられている最中のチーフからの「○○の話は麺場の人間にちゃんと言ってあるのか?」の問いに

「言ってあります!!大丈夫です!!」

と大声で連呼する・・・・、いや待て、それ今始めて聞いてるんですけど・・・・・ってな事が多々ありました、そして中華をやってきている人間なら分かるだろう事も分からない事も発覚、これが「?」の付く原因となる。

そんな人間が、これからのこの店のキッチンと大まかな店舗運営を任される・・・・・・・・・って無理だろう。

そしてチーフは既存店の穴埋め人員として、向こうの店に行き、「A」が運営し始めるも多々不都合が起きる。

この辺でワタシは上の人間に対して「この人とは仕事は出来ないので辞めたい」旨を伝え始める。

もう一人の麺場パートさんは、この時点で辞める。

辞めたいとは言っていたのだが、「A」が本当に仕事が出来ない人間なので、やむなく社員の仕事をやり始める、この仕事がいわゆる「カン」が必要な仕事で、助言が必要となる仕事だった。

で、「A」は当てならないので、中国人の方に聞く。

最初は「契約に無いから」と言うトコロを機嫌をとってお願いすると(ここもオカシイのだが)、しぶしぶ教えてくれていたのだが、本社から「会社が儲からないので給料を減らします」通知が来てから「教えるのは契約に入ってない」という態度を全面的に出し始める。

その頃には店が「儲からない」状態に完全に突入する。

そしてワタシが社員仕事をやり始めたのを見て、ナゼか「仕事を言えばやってくれる」と判断した「A」が過剰に仕事を振ってくるようになる。

そして中国人の方も、「オレは契約でナベしか振らないので、自分の周りしか仕込みはしない」という態度にやや出始める。

この間、ナベで作る料理の材料を覚えるのだが、「オレはこれをいれる」「私はこれを入れない」と人それぞれでレシピが乱立し「いや入る」「イヤ入らない」と口論する事になる。

これは立ち上げ部隊の責任者がナベを担当するチーフと中国人に「前の店はどうだった?」「じゃそれで、適当に!!」を連呼したための影響だったりする。

それを覚えろって・・・・・・の状態が続くものの、何とかまとめ始めるものの、中国人は気分で材料を換える始末となり、仕事が困難になってくる。

そしてついにチーフが帰る一ヶ月前になって、ワタシに対して「休憩が回らなくなるから、ナベを振って商品をつくれ」という事となる。

経験の無い人間が1ヶ月で覚える事が出来るのか?その前にそんな人間がナベを振る事を、高校を卒業して料理の勉強をして来た中国人が許すのか?という問題がワタシの中で発生するも、チーフ・エリアマネージャーはお構いなし。

挙句、その教える事を順番立てて教えるのかといえばそうではなく、「教えてください」とこちらから言わないと教えてもらえない状態で、挙句中国人の不満度が高まるのが分かる。

パート仕事をこなし、社員仕事をこなし、時間を作りナベを教えてもらう・・・・もはや一個人のこなせる仕事量ではなくなっていく始末。

この仕事量は、社員である「A」ではこなせないだろう、というか社員仕事すらこなせてないんだものね、そしてこれらの全ての仕事を把握しているのはワタシだけという感じになる。

それでもなんとかこなそうと頑張るのだが、「A」からの良く判らん嫉妬と天然ボケ状態の仕事妨害。

仕事は多々あるのだが「契約に無い仕事」を振れない中国人。

もう一人居るキッチンパートは、中国人留学生で「料理の才能と仕事に対しての熱意が無い」状態。

そんな状態を丸投げで帰っていくチーフ。

そして他所の店舗を飛び回りすぎ店の現状を見れないエリアマネージャー。

2店舗を管轄する事になるも大雑把で、人員掌握が出来ない店長、さらにこの方は11月に他県新店舗に移動となる事が発覚。

とこんな状態で、今後店舗を維持していく事は出来ないと感じない人間はいないと思います。

それでも年内までは、来年の2月までは、人が入るまではと考えていたのですが、「A」のアホさ加減に切れてしまい、即時即日撤退。

「A」の握り締めるコックコートを脱ぎ捨てて、店を出て行くわけです。

・・・・・・・・、これでも物凄く「はしょっている」んですね、長いわ。

さて、この店の問題店をまとめると

「社員がみんなイイカゲン」

が根本にあり、社員皆が

「今の会社はおかしい」

が合言葉だったりします、実際言っていたし。

大きくなったチェーン店にありがちな、「手が届かなくなった」店舗が量産されてるみたいです、人材不足もはなはだしい感じ。

こんな状態なので社員にやる気は無く、事なかれ主義がまかり通っている、そして誰も責任を取らない・・・・・・本当に最悪です。

店に「リーダー不在」なのがありありと分かりますし、それをパートのワタシにやらそうとしている動きまである始末、パートが社員を指揮するなんてありえんしね。

そんな事をしているので「A」から不要な嫉妬を受けたりするんだよ、っていうか彼の出来なかった仕事を一週間で覚えてやっているワタシも悪いんだろうけどさ、というか覚えろよ「A」。

パートとしてというか一個人に出来る事、そして意見は上の方に言うのですが、そこで止まってしまい、店で勤務している社員間で話し合いして行かないのもどうかと思います、これについては再三言ってきたんですがね。

会社自体が店舗運営的に「儲かる様にやれ」と丸投げ運営だそうで(上の人間がそう語っていた)、チェーン店という形体を取っているものの、実際は単体の店舗が同じ名前を付けているだけという感じがしました、実際にどんな感じの店になるのか、運営になるのか、全く誰も分かってなかったと思います。

とまあ、書き始めると切が無いんですよねこの店は、本当に「会社がオカシクなって、店に伝染、社員の士気がダダ落ち」と雪崩ってました、パートを巻き込むんじゃない!!(笑)

本当に長くなるので、いったん終了。

こんな感じのケース・5でした。

あ、「A」よ、お前に対してオレが怒っているのに、「次から直しますから」と言う所を「次から直せばいいじゃないですか!!」と反論してくるのオカシイぞ、それじゃまるっきり他人事じゃないか・・・・。

ね、アホらしくてウンザリするでしょ、この店・・・・。

PageTop

ケース・4

ケース・4「某定食チェーン店」

続いては「某定食チェーン店」、ここは中四国初と言う事で、やっぱり新規オープン。

「チェーン店」なので前回の「某丼チェーン店」と似たり寄ったりなので慣れるのも早かろうとチョイス、そして内情も大体一緒だろうから、仕事のみの関係でと割り切って働き始める。

が、キッチンでランチ時間希望で申し込んだのだが、ホールでディナーが居ないとなり、そちらにコンバートされる。

このランチ時間というのは、前の「沖縄料理飲食店」の教訓を生かし、最終的に朝のオープン準備の九時から夕方五時の8時間労働を狙ったものだったのだが、居ないとなれば仕方が無しと言う状態、ディナーは夕方五時から夜十一時までの六時間労働で終電ギリギリだったりする。

そして教育が始まるのだが、やはりチェーン店だけあって、教育がしっかりしている、しっかりしているが集まったパート、アルバイトの質が極端に悪い、質と言うのは「職種適正」の事でこれが本当に無い。

そして教育の過程で店長や教育員の態度を嫌い、即日辞める者が出始める。

ココの教育はとにかく「怒る」のだ。

一回教えたら、出来ないとオカシイと言う論法で来るものだから、元々あまり適正職種では無い人間ではとても覚えられない。

それでも頑張ろうとするものの、すぐに覚えないと「何で出来ないんですか!!」と怒られる、そんな事を続けている内に、自信が無くなり辞めるパターンが構築される、そしてこれが店の教育と辞める人間を製造するパターンとなる。

そしてオープン初日、店に出ていたワタシにアホな一撃を食らわした本社の方が発生する。

この店、定食屋なのだが券売機制で、お客さんも良く判らずに店内奥まで入ってくる。

そんな中、一人のサラリーマン風のおっさんが入ってくるも、そのままガンガン店内を進み始める。

ちょっとタイミングがずれたのは分かっていたが、この方の前に出て「スミマセン、食券制なんですよ」と対応しようとすると、

「オレはココの社員だ!!いきなり前に立つから、殴っていいのかと思ったわ!!」

と突然言い始める、いやあんた他の社員はIDカードぶら下げてるから何となく分かるけど、あんた持ってないじゃないか・・・で、なにゆえ殴る権利が発生するのかと・・・。

そんな事を思っていると、店内の社員が「専務!!」と言い出す始末・・・・・・・・こんなんが専務なんか・・・・・。

そのあと店内の内装にひとしきり文句をたれるも、改善を要求する事も無く、手を回すことも無くの状態、なんなんでしょうか?

そして「近くに○○○(某有名ホームセンターもどき)がある所の既存店舗はもっと儲かるんだぞ」と一日の売り上げを見て言われました。

言われましたが広島のその○○○は他の県と比べて単体で集客力が無く、苦肉の策で「洋服屋」を○○○が入っているビルの階の中腹に入れて集客をしている状態。

そうやって集客を求めるぐらい、お客さんが集まり難いのに、その集まる客を狙っているんだと言わんばかりの発言、いや出店する店舗の周りぐらい事前に調べとけよと・・・・・。

その後、広告などで集客を伸ばし始めましたが、もともと適正の無いパート・アルバイトが運営しているので、店長の「出来なきゃ怒る」対応にウンザリして辞める者続出。

そして手伝いに来てくれる他店舗店長の話でこの店長が「一回手伝いに来て、次来るとパート・アルバイトが総入れ替わりしている事が多々ある、というか普通」の店長だという事が発覚する。

さらに手伝いに来てくれる店長の仕事と気の利いた指示の仕方を見てパートさん達が「この店長と交代してくれればいいのに」と話し合う姿を多々見る事となる。

そして、ホールを仕切る事となったワタシにもこの余波が来る。

もともと乏しい人材を、大事に育ててようやくラクになるはずが、ここでアルバイトと店長の間で紛争勃発。

このアルバイトも悪いのだが、店長の言い方も悪かったらしく突如来なくなる。

そして店長自身は「強く言ったつもりも無いのに辞めやがって」と怒り狂うが、いやあんた大阪南部なら通用するかもしれないですけども、広島では物凄い言われようですよ、という怒り方や冗談に取れない発言をしているのを知っているだけに「やっぱりか」という思いに包まれる。

この後、他のパートさんからエリアマネージャーに「しゃべり方」をもう少し考えて仕事をして欲しい旨が届くものの、効果は薄い感じ。

その後ホール要員で、使える人材が来きて「これでラクになるわ」と思ったのだが、この方が風邪で急に休んだ時の事。

熱も39℃ぐらい出たらしく、動けないと、たまの一日ぐらいこっちは乗り切る気持ちで働いていたのだが、次の日に来たこのアルバイトの話を聞いてまたかと思った。

店長本人は普通に怒ったつもりらしいのだが「あんなに言われるとは思わなかった」と言われるほど叩かれたと、そして「ここではやっていけない」とこの方も辞める事となる。

こんな状態なので、ディナーのレギュラーホール要員不足が続き、居ない人数分の仕事が圧し掛かってくる状態を続けるものの、時給変わらず、評価が低い状態が続き腹が立ち始める。

挙句の果てに、キッチンの要員も不足し始め、キッチンの仕事もするハメとなるが、評価変わらず、しかもシフトの組み方が物凄く変だったりする。

よって次の店に移る決意をし、辞める事となる。

ココの問題点は、やはり人材の扱い方の下手くそさにあると思う、「怒る事」はしても「褒める事」はしないのだ。
怒られるだけで伸びるやつはそうそう居ない、怒って褒めないと人材は育たないと思うのですよ。

そしてしっかり働いてくれる人間にはアメを与えないとね、いわゆる時給アップってやつですな、責任だけ増えての放置プレーは人材が離れる元になる、前回と同じです。

あとは働く人間が思った以上に集まらない現状が分かった時点で、今居る人材を大事に出来なかった事も悪い方向に向かせる原因となった感じです。

こんな感じのケース・4でした。

PageTop

ケース・3

ケース・3「某丼系ファーストフードチェーン店」

お次は「某丼系ファーストフードチェーン店」。

ここもオープニングスタッフとして潜り込む、ファーストフードなんでそのスピードに慣れる時間が欲しかった為のオープニングスタッフ選択。

さすがにチェーン店大手なだけに「基本マニュアル」がしっかりしていて、テストなんかもある。

そして、オープン一週間前には店舗が完成し、色々なシュミュレーションが出来てと、前回とは全く180度違う展開に驚く・・・・・が、ここでもオープン後に問題が多々起きる。

この店舗にはオープン当初、店長や本部教育スタッフ、エリアマネージャーなどが居たのだが、1週間で店長とエリアマネージャーのみとなり。

一ヶ月すぎると店長のみ、そして一ヵ月半で店長も居なくなる始末。

この店長、広島のココを含んでの3店舗兼任店長だったんですね、そして「他の店舗で人員が足りないからとそちらに居を置く事になります」と居なくなる一週間前に発言、そして3日前にいきなり「券売機等の売り上げを扱う事を習って欲しい」と言ってくることに・・・。

当初、「券売機は券売機専属員を作るのでとりあえず大丈夫です、覚えてもらいますがまだ後で良いです」との事だったのが、いきなり後3日で覚えろと、専属員の教育は一ヶ月掛けていたくせにの状態。

そして、「発注もやって欲しい」と言い出します。

仕事なのでやりましたが、結構やられる、特に券売機はお金が合わないことが続きトラウマになりかける、でも何とかやる、仕事なのでね。

そして社員が居なくなった店自体も、なあなあとなり、このままだとレベルが落ちる状態に晒されるトコロを掌握する事になる。

そして、この辺りで他店舗ヘルプを経験する。

他店舗ヘルプとは、他の店で人員が足りなくて手伝いに行くことで、チェーン店ならではの「他の店でもルールは同じ」という利点を生かせる事柄なのだが、実際はそれぞれの店舗で「ルールがまるで違う」という現実に直面する。

新規オープンの店のマニュアルから新しくなり、こんな状態が起きるのは仕方が無いとするにしても、その新マニュアルを配られた既存店の「新しいルールに従う」という意志が、全く無い態度が見て取れる状態。

これでは手伝いに行っても無意味なので、5回ほど行った時点でヘルプには行かない旨を店長に伝える、これは他のパートさん達も同様の事を言って辞退している。

その後、毎度ながらアルバイトが辞めたりクビになったり、労働人員削減で昼ピーク4人回しの所を3人となったりするものの、何とかレベルの維持に成功、エリアマネージャーの評価も80点台後半をキープ。

夜の人員の空きスペースができるも、中2時間休みなどを取りながら12時間拘束10時間労働にて維持していくが疲れが出てくる、そしてこれだけやっても時給上がらないと言う事に腹が立ち始める。

そんな中、他店舗にてアルバイトだった人間が契約社員となり、店舗管理者として店に赴任してくるも、アルバイト時にはまあ良かった印象の人間だったが、ココに来て中身が「子供」だと言う事が発覚する。

そして今まで維持してきた店舗のルールを、大幅に悪い方向に変える動きに出たり、取引業者に対して横柄な態度を取り、取引会社の人間が馬鹿にし始め適当な対応をする始末。

既存アルバイト、パートからも不満が出始める。

そしてこの方、結局昼のピークは他店舗に行く事になり、エリアマネージャー来店時のみ帰ってくる様になる。

この居ない期間は当然、既存パートやアルバイト、そして管理をワタシがするわけだが、評価を受けるのはこの方なんですよね・・・・・。

そんな状態に飽き飽きしてきたので、辞める旨を店長に言い、この契約社員に対して「社会人とはなんぞや」を教える事となる、これは他の残るパートさんと話し合って、「今のままだと店自体が悪くなる、なんとかしなければ」という結論から、怒る役を引き受けたためだった。

で、そんな一ヶ月を過ごしましたが、結果は相変わらず状態、この方がアルバイトの時に居た店の社員が、タイムカード不正利用、割引券不正利用などを重ねてきていた様なので、「なにがいけない」のか「何が悪い」のかが分からない感じだった。

そんな感じで、退社、これがケース・3。

ココの問題点は、常任社員が居ないと言う事ではなく、社内規定の時間帯責任者をキチンと任命し運営に当たらすと言う事をしなかったのが一番の原因かもしれない。

「仕切る人間が居なかったからやるしかない」

と言う状態だったので、自主的に時間帯責任者のような事をしましたが、本来これに当たる者は「時給を上げる」旨を募集要項に書いてあり、時給が上がると人件費が経費を圧迫するからと手をださない店長以上の人間に問題があったように思います、それが仮に会社命令だったとしたら・・・・アホですな。

そして、人間的におかしな社員が多かったために、アルバイト上がりの契約社員の質も良くない、と言うのも言えるのかも知れません、エリアマネージャークラスは凄く仕事が出来る人なのは良く判るのですが、その下が育ってない感じ、実際このエリアマネージャの下だったらもっと働きたいと思ったりしましたので・・・。

そんな現在、求人募集欄のこのチェーン店の記事を見ると、なんと時給1100円!!当時あれだけ苦労して運営なんか当たっていた私の時給は900円だった、そして上がらずだったのに・・・・。

これを考えると、まだ内情がごたごたしていて人間が留まらないか、今現在の店のピーク時に働く人間の人数が少なすぎて「無理」と思って辞めているか、の2点が続いているのかなと思わざるおえません。

PageTop

ケース・2

ケース・2「沖縄料理飲食店」

次に入ったのが「沖縄料理飲食店」。

社員構成は店長1・料理長兼副店長1・社員1で、オープニングスタッフとして東京から東京料理長1、後はパート・アルバイト。

ここはオープニングから入ったんですよねキッチンスタッフとして、店の立ち上げにかかわって見たかったのでのチョイス。

しかし仕事は最初っから難航、初日「食器の洗い物をしろ」となり洗い物開始・・・・・10時間ほどほっとかれる、休憩指示等一切無し、どこまで指示無しか試したら10時間、仕事始めから閉店まで洗い物作業となりました。

そして、どうしても皿等は割れるもので仕方が無いとは思うのだが、割ると店長が激ギレ、そこまで切れるアンタは凄いと思うほどの切れっぷり、違う意味で感心しました。

んで、社員1の方は沖縄から来られたのですが、開口一番「騙されて連れて来られた」と自己紹介し「冬になる前に辞めて帰る」を連呼しとられる状態・・・。

で何とかプレオープンに至りますが、料理はおろか接客応対の練習ほぼ無し(笑)、そしてココの社長の方針が「マニュアルはマニュアルをこえられない」と言う姿勢、そして雇用契約書は未だ作られず状態、店はもうオープンだと言うのに・・・。

「マニュアルはマニュアルをこえられない」と言うのは、マニュアルに頼るとそれ以上の接客は出来ないと言う事らしいですが、ホールは「いらっしゃいませ」等の掛け声とオーダー取りぐらいは教えてやれよと言う状態でスタート。

料理にいたっては、口頭指示にて調理、って料理経験があるワタクシだからこなせますが、経験が無いアルバイトの男子は右往左往、結局この子は3日で来なくなりました。

そしてオープンから一週間後、飲み会ミーティングがありまして社長のお話が始まります。

「今現在働いているアルバイトには悪いけど、動きが悪い、働きの悪い人間はクビにします」

と言う事を言われた、まあ普通当然なのだが、オープン当初の「マニュアルはマニュアルをこえられない」を守り、何も教えないままのこの状態でその発言はオカシイんじゃないかい?と言う事で、この発言に対してワタクシはこう提案した。

「だったらちゃんと雇用契約書を出すべきで、あなたは時給900円で雇われているのだから、もっと動きなさいと言う認識を持たせるべきではないですか?じゃないとその発言は説得力が無いですよ。」

すると社長は「まだ早いだろう」と言う。

何が早いのかはあえて追求しなかったが、もうこの辺から会社の「おかしさ」がにじみ出てました、普通最初に出すべきものなんでね。

それから一ヵ月後に、また飲み会ミーティングがあり上記の「雇用契約書」を皆に配りなさいと再度発言するも「分かった」と五月蝿く言うなと言う態度、この頃には一般社員にも雇用契約書が発行されてない事が発覚している。

で、それから契約書が発行されないまま半月後、騙されて来た社員も辞め、応援で来ていた雇用契約書が無い東京料理長も東京に帰りなどした後、突然「社訓」なるものが張り出される。

その頃には売り上げが激減し、8時間労働もままならず、早く上がれたら上がらないといけない状態、いわゆる頑張って仕事を早く仕上げて、自分の時給を削るという日常だった。

そこでワタクシ切れちゃいまして、「なんで契約書も発行出来ない会社が社訓なんか作ってんだ」と、「アホじゃないか」と。

辞める旨を店長に伝えると、社長からTELがあり「忘れていた、作るから残って欲しい」との事を言われる。

この頃の店はすでにパート・アルバイトの人数が激減し、キリキリ状態、原因はマニュアルが無く、教えてくれもしないのに失敗すると起こられるからと言う理不尽な事が原因による。

その事によって人数確保が出来ずに社員も休みが取れないと言う有様、まさに自分でクビを丁重に締めている状態。

そんな状態だけども、あまりにアホすぎるので「無理」と断り、「今の社員さんたち状態を知ってますか?もう限界が来てますよ、社員を沖縄か東京から応援でも良いから呼んで休ませる所から始めないと、店潰れますよ」と説教。

この社長、飲食業で成り上がってきましたが、今が儲かるからと周りから進められるがままホテル業に乗り出そうとする始末、そして基盤となるべき飲食店舗は投げっぱなし。

そんな感じなんで「マニュアルはマニュアルをこえられない」などの考え方は、成功者が書いた本や周りの成功者の話などを参考にしてきたんだろうなと、実際そんな話もしていましたしね。

なので今までの事は「周りの成功者の話をそのままを実践しました」みたいな感じかなと・・・・社長本人が「マニュアル」を愛用してきた感じですね、そう感じました。

んで、ワタシがやめた直後に社員が2人入ったらしいんですが、その後副店長が辞め、この二人も1年で辞め、その後社員となった人間も「社員は無理です」とアルバイトに戻りなどしていることを、先日知りました。

本当は今年の3月で潰れる予定だったらしい、某情報誌の割引クーポンで客足が一時的に伸びて継続中だそうです、でも働いている人間みんな辞めたいらしい。

ここでの問題点は、なんと言っても「雇用契約書」が発行されないと言う事、そして「基本的な事を教えない」、挙句「出来なかったら責任を取らす」事が上げられると思います。

後は「沖縄」ってトコロがあるのかなと、基本的にゆっくりなんですよ、どんな時でも「沖縄時間」。

それを押し通すのは良いけども、契約や人材育成は通常時間でスパッとやるべきです、対応が遅すぎる。

そして「おおらかさ」と「無責任」は紙一重なんだなと言うのを学びましたね。

あ、あと辞める時に調理師免許取得のため、「雇用証明書」の記入を社長にお願いしたんですが、未だ送られてきません、返信用封筒に切手、住所まで書いておいたんですけどね、やっぱりいい加減なんでしょうね。

そんなトコロのケース・2でした。


PageTop

ケース・1

仕事がプーの今のうちに、広島に帰ってからの飲食仕事の問題点をまとめておこうと思います。

思いますが、これは私の中での問題点じゃない?ってなトコロを実体験を元に構成していくだけなので、はっきり言って「毒」しか吐かないかもしれないです。

んがしかし、ワタシの中でのまとめなんで、毒だと思った人はスルーでお願いします・・・・もはやブログのタイトルに偽りありにですな。

んでは。

ケース・1「餃子総菜屋」

広島に帰って最初に入ったのが「餃子総菜屋」、いわゆるデパ地下ってトコでした。

んで、ここの社員構成は店長1のみで後はパート・アルバイト編成。

入って早々に言われたのは「副店長」クラスになって欲しいと、社員が店長一人なんで、休めるようにして欲しいとのこと、という事で一ヶ月ぎっちり仕込まれる。

んで、仕事が回りだしてくるのだが、二ヶ月目ぐらいにパートさんと店長の争い勃発、お互い話し合いに応じ無いので、エリアマネージャーが仲裁。

傍から見ると子供のけんかレベルだったのだが、お互い子供じみていたので大事に発展ってなトコロだ。

パートさんは辞める、まあココまではどうでも良かったのだが、この店長の正体が分かり始める、とてつもなく「子供」だった。

そしてその正体が他の人間にも分かり始める、店長の店に対する熱意がパートより劣り始める様になったためだった。

その頃から、仕事丸投げっぽい事をし始めパート・アルバイトの信用を失っていく、そしてワタシは丸投げ仕事をこなす事になっていく、店が回らないから・・・。

そして仕事を丸投げした挙句、アルバイトの子と付き合い始め、その子のタイムカードを不正操作をしているんじゃないかと疑惑を持たれる始める事となる。

そしてこのアルバイトの子が、どうやらワタクシの働きっぷりを店長との会話の中で褒めていたらしい。

これに嫉妬したらしき店長が、この子が出の時はワタシは休み、休みの時は出と、出勤を操作しているらしい事になってきた。

この頃に言われた言葉が「社員でもないのにそんなに仕事をするんじゃない!!」でして、目を真っ赤にして言われたんですよね、基本その通りなんでしょうけども、ワタシにとってたいした事をしたつもりもなくなんですが、店長の信用が失墜した事によってパートさんたちが頼ってきて居たんで、それも含まれていたんじゃないかと今は思います。

そして、アルバイトの子と店長が休みを合わせて休み始め・・・・まではまあいいとして、次の日出勤の予定のその子が休むことが多くなってきた、そして休むたびに休日のワタシにTELが掛かってきて「出てくれ」と・・・お陰でワタシの休みは無し状態に。

そんな事が続き始めた挙句、違うアルバイトの子が休みを急遽入れてきたときも、休みの店長が出るのではなくて私が出るようになる、そして疲れ始めると共にあきれ果てる。

店長に店を回す気が無い、もしくは「自分の店」の意識が乏しいと見て取ったその頃に、他のパートさんの叛乱が起きる、上記のタイムカード不正を許せないと・・・。

で、ワタシは辞める決意をし、残る人間のことを考え、店の雰囲気が悪い事、タイムカード不正疑惑がある事等を本社エリアマネージャーに訴え出るものの、なあなあで出終わり、店長にお咎めなし。

実際タイムカード不正が在ったのかどうかの報告は無く、残った者不満を抱えたまま仕事へ、ワタクシは退社と相成った。

ここの問題として「店長が子供だった」「周りからの信用を失った」があり、ワタクシ個人では「個人感情のもつれ」「言えばやってくれるだろうと言う甘え」などが在るんじゃないかと思います。

「言えばやってくれるだろうと言う甘え」

個人的に言わせて貰えば「仕事だからヤッテンダ!!やらないと店が回らないだろ!!」という思いを持ったワタシを下手くそに使った例だなと思います、そして

「仕事なんだから割り切ってやる」

と言う事が出来ない人間が店長だったんだと思います。

こんな感じで、ココでは終了と相成った訳です。

PageTop

たら・瀬戸内海でフカセ

はい、朝からフカセに行って見ました。

広島でフカセは初なんで、どんな風に持っていけばフカセが成立するのかは不明状態。

よって、サヨリ仕掛けとサビキ仕掛けも持って行く事にする。

8時着、これから上げ潮で満潮は13時予定、この時間帯をダラダラやろうとする訳ですね。
で、フカセからするのだが、まったく釣れる気がしない。

しばらくほっといて、周辺のゴミ拾い、日曜日開けの月曜日なのでサビキなんかが落ちている、おっ!このサビキ使えるじゃないか。

という事でこのサビキに付け替えて、解けてきた撒き餌を撒きつつ・・・・水面下がギラギラし始める。

んで、ごっ!!とアタリがあり上げてみる。
081020_1005~0001
コノシロ25cmクラスでした。

このコノシロがうじゃうじゃ渦を巻いている、という事でこれを専門に狙う事にする。

釣り方は、撒き餌でコノシロの群れを見える位置まで持ち上げ、サビキを群れの中に投入するパターン。

この釣りのキモは、「群れの中にサビキを投入」する事で、アクションうんぬんより、ど真ん中にサビキがキモっぽい。

なぜならサビキカゴ仕掛けのおっちゃんたちより釣果があったから、ちなみにワタクシの仕掛けはカゴの代わりに茄子型錘をつけてました。
でもカゴでもこの釣り方は出来るので、なんちゃってキモですな。

んで2時間で11匹の釣果、ここで撒き餌が切れたので終了でした。
081020_1004~0001

で、家に帰って捌く・・・・ちょっと多すぎたなと、調理法をネットで検索すると「酢漬け」と「たたき」がお勧めとある、たたきはちょっと面倒なんで全て「酢漬け」にて調理。
081020_1731~0001

この後スーパーに行くと「コノシロ2匹100円」とある・・・・・・・・・原価計算的に10匹釣らないと、買ったほうが安いとは・・・・。

ちょっぴり勉強になりました。

あ、コイワシも釣れましたが5cmなんでリリースしました、サヨリの姿は見てません。

ンな感じでした、んでわまた!!



PageTop

たら・島根釣行

はい、前回の4連休中に島根にいってきまして、「フカセ釣り」をしてきました。

師匠はウチの相方のおやっさん。

今回で三回目、そして今回は自前のタックルを持参していきました。

で、現場はこんな所。
081012_1053~0001
ざざーん!!です、地続きのトコロで「地磯」という用語たっだと思います。

んで、仕掛けを作りまして・・・・・って画像撮り忘れました(汗)、で餌はボイルエビorナマエビ、撒き餌をして投入です。

081012_1053~0002
足元のこんな所に投入です。

投入すぐにウキがすこーんっと沈みこみ、即あわせ。

しかしバレる、でも幸先は良いぞ!!と思っていたら、相方とおやっさんがぼろぼろ釣り始め、二人で5匹ずつの釣果!!コッパアジと刺身に出来るアジ、刺身に出来るチヌとグレ、しかしワタシにはドンコ一匹。

これはいかん!!が、釣れない。

釣れない釣れないが小一時間続き、そしてようやく順番が回ってきた!!アジだ!!手のひらサイズだが釣果だ!!

その後グレが3連発・・・・が手のひらサイズがどんどん小さくなっていく、しかもしっかり口にフッキングしてるし・・・。

で、さらに30分したときにウキがすぅーこぉーんと消え、即あわせ、んをっ!!以外に走るぞ!!

と言いつつやり取り2分、上がってきました、手のひらサイズですがややファットなグレ。
081012_1056~0001
いい顔した魚だなと思います。

大体釣行時間6時間で、クーラーはこんな感じになり終了。
081012_1159~0001
晩御飯には上等の質と量ですな。

後は家に帰って爆睡、夜はこれらの刺身と煮つけとからあげと味噌汁でした。

いや餌つりも面白いですな、というかフカセは面白いぞ、仕掛けが簡単だしね、ちょっとハマリソウデス。

そんな連休でした、また行きますワン、でわまた!!

PageTop

たら・怒涛の08年も後二ヶ月ちょっと

いや、今年も後二ヶ月ちょっとですね。

そんな本日、「ぷー」になりました。(笑)

パートタイマーとしては本当に異例なぐらい仕事増となってまして、仕事量としては2.5人でこなしてちょうどいいぐらいだったんですよね。

まあそれを丸投げされて、やる人間も居ないし、なによりやらないと店が機能しない、という事はお客さんに迷惑が掛かる、という事で何とか回そうとしていたんですけども、無理でした。

事の発端は、発注までやる事になり、業者さんが物を搬入した物を検品する時から発生したんだと思います。

「発注した人間が商品を検品する」これを社員の方が嫉妬するという訳の分からなさ。

この方、正直あまり仕事が出来ない&要領が悪い。

だったら他の社員が育てないとイケナイのだが、その育て方がワタシと競わす方式を取らすわけです、社員とパートじゃ立場が違うだろうに・・・。

で、何かと比較するっぽい雰囲気になったんですが、ワタクシ的に普通に仕事をしている行為が、社員の方には何か凄い事をしている感があるようで、事あるごとに「すごいですね」「やりますね」「やってもらってスミマセン」と言ってくる。

こちらとしては仕事だし、仕事の中での必要事項なんでやってるだけであって、特に特別これで時給上げろと言えるレベルでもない、本当に普通の事。

それをやっているのだから、社員のアナタは社員がやるべき事をやって下さいと、時間を作ってあげているつもりなんですけどね、空いた時間に掃除をやって早上がりして見たりする・・・・。

で月末、「スミマセン、棚卸してください」と来て「まだ終わって無いんですか、何か手伝いましょうか?」と来る、手伝う時間があるならば最初からやれば良いし、何より朝一時間でも早く来れば良いと思うんですけどね。

店の鍵を持っている、この社員を待つ他のパートさんを何人見た事か、そして棚卸があるから、今日は色々社員の仕事があるからと、早め来たり、自分の休憩時間を潰したりを何回した事か・・・・。

恩着せがましくする事でもないけど、その分だけ時間を作ってあげたりしたつもりなんですよね。

これが無になる様な行動をとる、もう意味無しです。

話し飛びましたが、でもって野菜なんかを冷蔵庫に収めていると肉屋が来る、今日はスープを取る日だ。

昨日の内に本日昼間用のスープ漉し、寸胴を洗い、朝一から水を入れつつ火にかけて100Lほど沸かす・・・・いつもの普通の風景、いつものパターン、肉屋が来た時点で鶏がらなどの血抜きの為、水にさらす・・・・・。

そう仕事の優先順位的に一番にやるべき事、そして野菜を収納している内にやってくれていると思っていた事だった、それが・・・。

「今日、スープ採るんですか?」

ワタシは一瞬何を言っているんだろうと思いました、そして「そうですよ」と何時もならため息混じりに言うのですが、今回はさすがに「は?当たり前じゃないですか、やってないんですか?何で分からないんですか?なんでやってないんだ!!」と言ってしまった。

すると「スープ採るか分からんから言っている」

しかも、いやみな声で、お前の言う事を聞かないとイケナイかと言う態度で、こっちは他に朝一からやる仕事が多々あり、しかもこの社員が困らないように前日から仕度もしている、なので何時もの通りに仕事をしていただければ回る様にはなっている。

そこまでしているのに「スープは採るのか?」と聞いてくる、それも仕事を始めてから30分もしてからだ、寸胴が空いている時点で、スープが漉してあって何時もの場所にある時点で、それは確定しているものだし、ましてや朝一に来たら確認する事でもあると思うのだが、確認していればどうすれば良いか聞けばいいのだ・・・・、それが「できない」。

そこでブチ切れましたね、でも表面だけなんですよねワタクシ、向こうは「まあまあ冷静に」的な余裕をかますのだが、その時の言い分が「何が悪いか言ってください」と、吐き出せば収まるだろう的な発言だったり「はいはいわかりました」的な態度だったりするから、ますますもって「コイツ駄目だわ」と思って悲しくなりました。

服を掴んで放さないので脱ぎ捨て、仕事の資料と胸に挿していたボールペン類、そしてタイムカードを律儀に押し、このまま退社、で現在に至るんですね。

まあ、この方とは「このまま一緒に仕事を出来ない」事を九月十三日の時点で確認し、十五日の時点で上役に「このまま仕事を一緒にするのは無理、だから辞めます」とは言っていたので、辞めたのは後悔が無い、しかし一ヶ月キッチリやって辞めなかったのがちょっと反省点だなと。

この会社というか社員全体的にみんな「いいかげん」な所があり「儲かれば後はどうでもいい」的な社風だったりするので、もうグダグダですね。

全て丸投げ・・・・・・・卵を買ってきた代金はおごりにしとくよ、領収書切って持って帰っても一銭も帰ってこないトコなんでね。

ンな感じでした、ハイ、プーでした、かしこ。

PageTop

たら・ようやく休み、しかも4連休

お仕事の方は、結局人が居なくて12時間拘束以外は許されない状態。

幻の新人はいつ入ってくるやら全く不明。

そして仕事は丸投げされて、全対応をせざるおえない状態・・・・・・だからパートなんだって!!

そんな7日間を過ごし、ようやくお休みだ、しかも4連休。

後ろ3日間は相方の実家へ里帰り、本日一日のみフリー、という事でミノーテストに行って参りましたIN弥栄ダム。

ダムは減水傾向にあって、前回より2mぐらいは下がっている感じ、とりあえずの水路へ行きまして釣り開始。

で、ぼろっと釣れました。
081010_1416~0001
釣れてくれました。

しかし、着水ヒットなのでルアー性能とかは関係ないですね、しばらく流しつつ・・・・・・もう眠たくなってきた。

どうする?耐久テストだけでもやって帰らないと・・・・・よし、このまま岩盤にキャストして当てていこう。

こうなったら話は早い、がんがんぶつける、とにかくぶつける、そしてこうなる。
081010_1725~0001
折れちゃった。

やはり芯となるものが、キッチリ入って無いといけない物らしい、おかげで方向に修正を加える事が出来たよ、サンキュウさんテストミノー。

そしてもっと「発泡」のさせ方の研究をしなければいけないな、と思いました。

もっと小さな発泡を無数に発生させないと、芯を入れるまでにはなりそうに無いんですよね。

今のまま芯を入れると沈みそうな気配もするので、んーなところです。

眠たいので文章をまとめられません、あ、今年のヒューマンの学園祭は校舎改装のために中止だそうなので、売る計画は今年は無しで、その代わりにフィッシングショーのブースに展示してみない?とのお誘いがありましたので、これは喜んで引き受けた次第です、どうなるかはまだ不明のようですが。

ンな感じで、明日から島根です、フカセ釣りをする予定、これがなかなか面白い。

よって例年はいつも相方のおやっさんに竿を借りてましたが、今年は自前の竿で行く事にしました、楽しみです。

こんな感じですな、んでわまた!!

PageTop

たら・テストへ

はい、本日テストへ行きました。

しかし、朝から行くにはちょっと寝不足なので、昼前に出発、で現着12時前。

いつもの水路にはレンタルボートが二台浮き・・・・・って、降りてオカッパリしてるんですけど・・・・。

まあそれはさておき、結局ミノーはこんな形になりました。
081002_1128~0001
ちょっとピントがあってませんが14g・9cmミノー

これは、前々に書き込みました、昔作ったルアーをリファインしたものでして、この位の大きさの物なら「折れ曲がり強度」的に大丈夫だったもんで、これを製作する事にしました。

で、さっそくバスとニゴイのチェイスがあり、まあまあいけそうだなと。

で次の場所では、ただ巻きが有効な事に気が付きまして巻いていましたが、入りたいところにアルミが突っ込んでいまして、うううっと順番待ち。

30分後に場所が空いたので、そそくさと入っての3投目にヒット!!

バスっぽいよ、よし!もう一度フッキングを!ってやったのがマズカッタラシイ、とたんにバレる。

30cmぐらいだった・・・釣れていておかしくなかった、問題は自分の腕の悪さ、一番はこれですね、最近のバラしかたのパターンは毎度これ、判断ミスばっかりしてる気がします、反省。

そして場所移動、ここで魚の死骸を発見、湖底から引っ張り揚げると・・・。
081002_1359~0001
ギギ?

釣り場で魚の死骸があると、つい何か知りたくなって釣りソッチノケニなってしまうんですよ、何が生息しているのかがとても気になる。

んで、この後はトンボにモテまくる。
081002_1342~0001
一匹。
081002_1401~0001
二匹。(笑)

キャスト後、波紋消えまでの僅かの間、ロッドを動かさなくなるとすぐとまる、ルアーを潜らせて浮き上がらせる間のストップにもすぐとまる、挙句目の前で空中ホバリング状態でバルバル言ってたりする、本当に今日はモテモテだわ。

で釣りの方はバスチェイス・コイチェイス・ニゴイチェイスを繰り返すものの、本当にルアーの目の前で停止、もしくは反転する始末、まだまだ釣りの腕はあがりませんな。

という所でタイムアップ、ルアーは護岸に当たってへこむものの他は異常なし、リップの傾きを直すのに曲げすぎて一部割れましたが、動きに遜色も無く、やはり凄い素材なのかなと思う次第です。
081002_1749~0001
頭の一部が取れましたが、特に問題なし。

この頭の強度を上げるのが、急務かなと思いますが今回の生産では手が付けられそうにない、勘弁してね。

・・・・・・・だって今月休み以外の日は全部12時間拘束ポイんですもの、パートさんが一人辞めちゃったのでね・・・・・話長くなるからこの話はしません。(今の所)

んでだ、今回の釣行で、割と簡単に直せるところは修正を掛けます、ボディ形状とウエイトはもう少し手を入れられる時間があるはずなので。

ンな感じです、明日から7連勤です、非常にイヤな感じです。(涙)

仕方ないですけど、割り切れないっす・・・・・・・・・・仕方が無いんですけどね。

んでわまた!!

PageTop

たら・やってしもーたよ

本日は朝から出勤なのに5時に起きて塗装をしてしまう。

挙句書き込んでますね、あと10分で電車来ますが気にしない。

明日休みなんでテストに行こうと、だったら塗装したい、気が付けば早起きですよ、どんだけやる気があるんだオレ。

とりあえずの発泡素材の配合は出来ました、後は耐久テストですが、明日腕がつるまで「しゃくる」予定。

んじゃ、仕事行きますワン、大阪に行ったらヒナベかイッカクか、しかしヤキニクもステキレンな。

妄想よりも生産ですな、んでわまた!!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。