廣島のオジキ・ローカルルアーへの道

ワタクシ「廣島のオジキ」が作るハンドメイドルアーはローカルルアーに成れるのか?と、その他もろもろのお話を「たらたら」と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たら・で、準備できてるの?

世の中不景気。

百年に一度の不景気だそうだ。

でも、マスコミが作り上げた不景気でもあるし、政治が機能しないための不景気でもある。

そこを「百年に一度」と名前を振って「今年からしばらく我慢しなさい」という流れなんだなと思う。

日本人って「我慢が美徳」な所があるからね、「欲しがりません勝つまでは」の亜流パターンだ。

で、今居るお店はこの「百年に一度」は「チャンス」なんだと言ってます。

でもね、チャンスを掴む為には「資金」と「人材」が足りないんじゃないの?と見た感じ思います。

いわゆる「天の理」「地の利」「人の輪」だったとおもいますが(間違いがあるかも)、「百年=天」だとすると「地=金」、そして「人=人材」となります、単純にすると。

この中の「金」と「人」が、どうにも無い感じなんですけど・・・・・・それで本当にチャンスを掴めるの?と思います。

「金が無い」と材料費を削るより、人件費を削る方が出費が抑えられる。

よって人件費を削る為に働く人数を減らす。

すると営業に支障が出てくる。

なので店のクォリティー下がり、売り上げが落ちる。

とならざるおえない気がする。

というか最初から「人件費を削る事になる」というのが「分かっていなければおかしい」と思う。

なぜって、今の飲食店の流れはこういった流れが主流なのだから、当然自分の会社もそうなるだろうなとは考えてないとおかしいじゃない、自分の所だけは例外的に考えているのなら甘いんじゃない?

でも、この店はエリアマネージャー自身が上記の考えすら思いつかなかった点で、もう論外なんだけどね、話をしたら「そんな事は自分の会社に当てはまらない」的な考えをしていたのでね。

この方にワタクシ「この店の社員はレベルが低すぎる」「人件費を削る事をするのが当たり前な状態なのに、そんなことすら考えて無かったですよね」「無理で無駄が多すぎる」などを並べ立ててお話しましたが、「あっそー」「ふーん」と高飛車なのか考えてないのか・・・。

でもここまで言われて「言い返さない」のは「本気で働いて無い」と取られても仕方が無いよね。

「自身の仕事に対してプライドが無い」のってどうなんだろう?

そして店長は今になって、オープン当初の人数が多く使えるときに人材を育てるべきだったと後悔している事でしょう、自分でクビに縄を掛けてれば世話はないですけどね。

という状態ですね、今のお店はさ。

そして来月からいきなり人数を大幅カットして、営業をするそうな。

そうすると、パートさんたちに負担が掛かってくる訳だが、負担を掛けても良い様にちゃんと育ててたかというと、「まったくノータッチ」と来たもんだから、パートさんたちの反発を呼ぶのよね。

この手の店長はいつも「オーバーな変革」を「いきなり」「説明もなしに」おこないたがるのが痛い、そして昨日言っていた事と、今日言っている事がもう違うのが当たり前なのも痛い。

そんな切羽詰る前に、もっと頑張っていれば・・・・というか普通の考え方で仕事をしてればこんなことにならなかったのに、普通に店に出て様子を見て、育てて、コミュニケーションを取っていれば「悪いけど一緒に頑張って欲しいです」の一言で済んだのにね。

「店長」だからと言って「店に出ない」「店の様子をうかがわない」のは論外だろうに。

で、今現在、店長が店を回せてない状態で、しかも信頼関係が気薄な状態・・・・・・。

というのが現状。

どうなっていくのかは、今回ウォッチングは出来るかもしれないので、経過を少し見れそうだわ。

てな本日のお・し・ご・と・でした。

スポンサーサイト

PageTop

たら・また体調を崩す

どうも体調が不安定だ。

精神的にやられているのもあるのかもしれない。

相変わらず店の方は壊滅的な方向に向かっているっぽい、何でそんなに現実を見つめないかね店長。

指揮官は実行不可能な指示をだしちゃだめですよ、特に社員が出来て無い事をパートに押し付けるようでは駄目だと思います。

って言う事を日曜日に懇々と話したのに、月曜休み明けの本日火曜日にさっそくパートさんに話してました・・・・・・・社員が使えないのは分かるけどさ。

相変らず、指示は詰め込み型の出し方をするしね、いっぺんにいう事が多すぎ、そして要約をすればいいところを長々と話しすぎ、端的に分かりやすくで行かないと分からないよ、言っている店長自身も分からなくなってるのが目に見えるしさ。

新人のアルバイトさんに対しても詰め込み型は良いけども、もうちょっと時間を掛けないといけないんじゃないか?朝の仕事がこれから大変なのも分かるけど、結局「社員」自身が出来ないことをやらせるのは無理があるんじゃないかい?と思います。

想いが先走るのは良いけども、現状戦力でいかに効率良く回す方が現実的だし、それが出来てから想いの方向に行く方がスムーズだと思うのですけどね。

やっぱりオープン初日からゆるゆるなのが痛かったですね。

想いをカタチにするのなら、最初っからそこに向かう様に道を指し示さねば駄目ですな、誰も道が分からないまま放置した方が悪いと思いますよ。

ということで、今週末でこの店から去るオジキでした。

次の仕事を早く決めねばならんのだが、体調がずるずる悪くなっていくばかり、店に行くたびに精神的に疲れるわ。

でわまた!!

PageTop

たら・そ、そんなにぃぃーーー!!

はい、「たら」です。

昨日までにハヤトテ氏と花氏のブログを読み終えました。

ハヤトテ氏、筆まめですな、読むのに2・3日掛かりましたよ。

花氏、なんか人脈が無尽蔵ですな、これからもどんどん根っこを伸ばしてくださいませ、どんな花が咲くのか、はたまた咲かせるのか、とても楽しみですな。

んで、さて、先日の釣行時に、満水時水深4mから回収したブツですが、驚くべき事が発覚!!

まずは普通にこれです。
090220_1445~0001
「バイオマスター2500mgs」スプール。

こちらお値段を調べましたら、「3000円」・・・・・やはりけっこうしますな、これだけ湖底に沈んでいった時の気持ちはどんなんだったんだろうか?

というか、どんな状態だったのだろうか、別にバックラッシュしてなかったので、直してる最中でもないし、スプール交換時に落としたのだろうか?

ちょっと想像できません。

そしてこちらは完全におとされたんだとおもいます、だって偏光サングラスだの。
090220_1444~0001

で、「んんー、ユニクロとかの1000円ぐらいのヤツかな」と思い、フレームを調べると「チタニウム」とある。

メガネはよく分からん、相方はメガネ使用なので聞くと「それはフレームが高そうですな」との事。

さらによく見ると「EYELASH」・・・・・・・アイラッシュ?

相方曰く「つけまつげ」だそうで、ネットで検索、「マツゲ屋」ばかりヒットする。

んんっ、逆のつるに「ZEAL」とある、トップ系のブランドのグッズなのか?で検索をさらに絞るとようやく「メガネ」系にヒットする。

その中の「ナカザワめがね」(笑)を開くと、驚きの結果が!!

お値段、セット込みで「39900円」・・・・・・・?!、さんまんきゅうせんきゅうひゃくえん!!

うぉっ!?約四万円!!、いやビックリしました!!そんな物とはつゆ知らずですよ、はい。

なんかタレックスの限定品らしく、フレームとレンズを選んで作る「オーダーメイド物」らしいです。

そしてこのメガネの型番D-421はもう売り切れ。

そんな物を湖底より拾ってきてしまったらしいです、落とした方物凄く悔しかっただろうなー、と人事ながら思いました。

で、物自体は割りとキレイなんですが、レンズ周りの偏光フィルムが浮いてしまい、宜しくない状態です。

使うとするとレンズ交換なんですが、売っても二束三文だろうし、ちょっと考え中っていうか、持ち主が現れませんかね?今ならレンズ交換ぐらいで済みそうですのでね。

あ、鍍金は一部剥がれたりしてますが、気にならない程度ですよ。

という事が、風呂上りの寝る前に昨日発覚して、変な興奮状態になってしまったワタクシなのでした。

以上です、んじゃまた!!

PageTop

たら・さっそく試釣

前回の大阪行きで購入した竿を試してきました、in弥栄ダム。

「バイオニックブレード&バイオニックプラス」のコンボです。
090213_1434~0001

竿の方は、今までMLの竿だったのでMにしましたが、部屋での曲げ比べにそんなに遜色がなかったので「失敗したか!?」と心配しましたが、やはり使ってみると違う感覚でMなんだなーと実感が湧きました。

そしてリールの方は、今までビッグベイト専用だったので気が付きませんでしたが、9cmクラスのルアー(ミノー)が思った以上に飛んで行き、ちょっとビックリ。

実はワタクシ「遠心ブレーキ」が苦手でして、扱い方がイマイチ分からない、そして利点が理解出来ない状態だったんで、「シマノ」さんトコロのリールを扱いかねていたんですよ、実際ね。

でもこのリールの「遠心ブレーキ」は「遠心ブレーキ」の良さを凄く実感できる。

本当に最後の伸びが「すっーーーーー」っと伸びていく感じがとてもする。

このリールのお陰で「遠心ブレーキ」に対しての抵抗感がなくなった感じがします、これはいいですよ。

そしてまあ釣果は無かったのですが、ゴミ拾いの中で色々な物を発見。
090216_1134~0001

糸やワームはいつもなんですが、「スピナーベイト」を2本、一本は針先が生きているのでレストアして売りに出す予定。

そして珍しいのは「サングラス」と「スピニングリールのスプール」を拾ったこと。

「サングラス」はたぶん偏光だと思われます、洗ってこれも売りに出そう。

「スピニングのスプール」はなんと「バイオマスターmg2500」だったんですよね、びっくりしました。

見たところ、大きな欠損は見られないので、何らかの理由で落としてしまった模様ですね、満水時には水深4mの湖底から発見いたしました。

で、状態も良いし、欠損も無いみたいだし、ワタクシの何代前かは知らないですが「バイオマスター2500」に移植してみようと思ってます。

あ、覚えのある方は連絡していただければ、お返しいたしますのでご連絡を。

てな感じで、ルアーを作りたくなったので撤収でした。

ちと寝てから行動しよう、んじゃまた!!

PageTop

たら・あのですねーーーー

昨日の事、14時上がりでしたがお店が忙しく、ワタクシのポジションを引き継ぐ人間が他のポジションから異動出来ないという状態になりました。

で、帰れない。

前に店長が「ワークスケジュール上の勤務時間以外は、全て時給が付かない」旨を受けているので、ここからは時給は付かない。

それに先日、他のパートさんが2人ほどそんな状態となり、2時間残業。

その後事務所に呼ばれ、「お前たちが勝手に残るから、夜の人間の働く時間を合計4時間削らないといけない」「勝手な事をしやがって」「俺の言う事は聞けないのか」などとネチッコク話した挙句、時給をつけない事を了承さすと言う事をやったらしい。

パワハラですがな、その場に店長自身も居ながら「あがりなさい」も言わない状態だったにもかかわらずだ、はっきり言って訴えれば勝てると思う。

で、ワタクシめもそんな状態になったわけだ、引継ぎは来ないし、「あがれ」「のこれ」の指示もなし。

前に店長自身には「タイムスケジュールより残るハメになったときは、時給が付くのか付かないのかの話は、その場で本人に言っておかないと問題になりますよ」とは言っていたのにそんな状態。

大体上記の事を言ったのは、パートさん2人に対して時給を付けない話をする以前に言っているんですよ、店長本人に。

で、結局40分押しで帰りましたが、サービス労働になってるんだろうな、店長的にね。

只でさえ、人の3倍働いて、早出、休憩無し状態で働いているのに、この対応・・・・・ハラ立ちますね。

とりあえずPCの画面に「労働基準局に行った人間と訴えられた人間の話」のさわりを書いた張り紙をして帰りました・・・・・すぐ電話かけてきましたよ・・・・・当然出ませんがね。

本当にギョウザヤの店長にそっくりだわ、この人、あきれるぐらいにね。

ちょっと精神的に疲れました、ゆっくりしたいわ、なんかさ。

次の仕事は飲食以外にしようかと思案中のオジキでございました。

PageTop

たら・Fショー明けの休日

はい、たらです。

本日はFショー明けの休日、Fショー前から風邪気味だったのですが、「大阪に行ってから倒れよう」と画策していたので予定通りの体調不良。

仕事を休もうとかしていたのですが、私以外に私の仕事を出来る人間が居ないので、熱が出てても働きました。

そしてその状態でも店が回せる・・・・・・どんな店だかねえ。

さて、大阪に行ってFショー、買い物は明石の「エルモ」さん、という日程にて行動してまして、Fショーはほぼ何も見ていない状態、帰ってから釣り雑誌を立ち読みして「こんなん出てたのね」状態だったりします。

昔ほど面白くない、というか冷めちゃったのかね、何かがね。

でも相変らず「エルモ」はおもしろいですよ、話し込みました。

そして竿とリールをメインに色々購入。

まずリール。
090213_1404~0001
この方、遠心ブレーキとマグネットのwシステムだと思われます。

リール説明の時に聞き忘れたのですが、なかにマグネットらしき物があるのでそうじゃないかと、それを見た瞬間に即購入を決定、なんか面白そうだから。

そして竿です。
090213_1434~0001
「バイオニックブレード」という竿を購入、同シリーズの「バイオニックプラス」というリールを前回購入していたので、これでコンボ完成、次の釣行が楽しみですな。

その後ろに袋でうっすら写っているのが「エルモ」さんに「頂きました」、「バスプロッショプス」の海部門のカジキ印の竿でして、サービスで頂いてしまいました、本当に恐縮です、そしてとてもとても感謝です、本当にありがとうございました。

そして実はその袋の中にもう一本竿が入ってまして、それは「リック・クランの7f」だったりします。

大阪から帰る間際に、ワタクシの釣りの師匠である「よっちゃん」から「新品の竿をやるから大阪駅で待っとけ」と言われて頂いたんですよね。

もうこれまた感謝ですよ、まさか大阪から帰る時に「竿3本」を持って変えるとは思ってなかったので、うれしい大誤算となりました、こんなワタクシめに皆々様本当にありがとうございます、とても幸せものだと思います。(涙)

そして本日はそれらをセットしつつ、これを鑑賞。
090213_1403~0001
「フィッシングエルモDVD」


「エルモ」さん初の「DVD」でして、内容が「ラトリンログ」の取り扱い方なのは「エルモ」さんらしさが出まくってていい感じです。

そして日本のルアーと違って「ジャークしたときの変化」が分かり難い、アメリカンルアーの説明を動画にて見れるのはとてもいいことだと思ったりします。

「バスが獲物を追いかける距離」の中でも一番効率がいい距離で、誘いを多段数かける。

なんて事を映像で見ていくことが出来ます、そして「こんな動きでも良かったのか」と柔らか頭になるルアーアクションも必見だと思います。

日本のミノーは「ジャーク」した時に「左右にダート」をキッチリ出せる様になっているので、分かりやすいですが、アメリカンはこれで良いの?な動きが誘いとして重要だったりするので、このDVDと「ヒロ内藤」氏の「ミノー」と「タックルバランス」のDVDを合わせて見られるのが宜しいかと思います。(内藤氏のヤツは製作している会社が違うので注意)

んんーーーー、ルアーフィッシングって面白いですねぇ、再度魅力を再認識いたしました。

てな感じで終了、風邪気味で頭が回りませんな、駄文失礼いたしました。

でわまた!!

PageTop

たら・箱

今回もルアーを入れる箱もハンドメイド。
090204_1557~0001

今回の箱は、素材となる厚紙の良い物が見つからず、薄めのダンボールをさらに薄く潰して製作しました、以外に手間が掛かってます。

で、只今パッケージ終了。

後は「カルカッタコンクエスト51」を売却しました。

良いリールなのですが、ここ2・3年使用していませんでした、いわゆる二軍落ち状態。

51のハンドルを200番台のハンドルに変えて使っていたぐらい、手を入れて愛着がありましたが、太いラインを使用するようになってから、イマイチになってきました。

問題は「ラインのくせ」が付きすぎる事。

小型のリールなのでスプール径もやはり小さめ、なのでラインを巻くと小さな輪が出来るくせがついてします。

そして太いラインにしているので、そのくせが取れにくく、キャスト後に水面に縮れたラインが浮く状態になってしまうんですよね。

これがイマイチの原因、パーミングしやすく、尚且つルックスが好きだっただけに、ちょっと残念。

しかしこのまま手元に置いておいても、宝の持ち腐れなので、思い切って売りました。

その分だけ「エルモ」さんで買い物予定。

・・・・コンクエスト101の選択肢もありますが、ちょっと手に余る感じがするんですよね、大きさ的に。

シマノさん「カルカッタコンクエスト75」作ってくれませんかね?握りこめるジャーキング専用機としてってだめですかね?

てな事を、これまた2・3年前から言ってます、オジキでした。

でわまた!!

PageTop

たら・苦手です

ルアーを作る中で一番苦手な物は「リップ」だったりします。

木を削って量産するより、ポリカを削って量産する方がとても大変。

特にアールが付くリップは大変ですな、全部違う形になる。

木でボディーを削っていくのは、ある程度ごまかせるけども、リップは無理だわ、何とかしないとね。

とりあえずリップ付けまでは終了、泳ぎのテストは「?????????」と言う状態。

塗装してコーティングするとまた動きが違ってくるので、想像通りに出来上がったのは過去一回しかない。

という事で今回のは「ただ作っただけ」の物になってしまった。(悲)

外面だけはいいんだよね、これ。

まあ、今回はこんなもんさ!!次回に続けよう。

と言う事をしつつ、テストに行った川で自転車の鍵を川に落とし紛失・・・・・。(涙)

まあ仕方が無いさ!!次から気をつけよう。

そんな感じ、そんな一日。

只今箱を作ってます。

でわまた!!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。