廣島のオジキ・ローカルルアーへの道

ワタクシ「廣島のオジキ」が作るハンドメイドルアーはローカルルアーに成れるのか?と、その他もろもろのお話を「たらたら」と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たら・失敗だったね

先週の土曜日から働き始めている会社ですが・・・・・・・失敗だったね・・・。

何が失敗かというと、もう全てなのかもしれない。

まず初日、行ってすぐに変な事に気づく、新人である私の制服等が用意されてない。

ただ単純に忘れていただけなら分かるのだが、出してくれた社員さんの要領の得なさがイカンともしがたい、いやタイムカードも同時に出せよ・・・。

で、仕事を始めるのだが、キッチリした事を教えてもらえてないのが分かる、後日になってプラス何々な感じ、というか社員の様子がオカシイ。

そして開口すると「オレもうやめるんです」と来た。

この会社、社内恋愛禁止なのだが、パートさんとデキタラシイ、で上の人間と揉めていると。
まあそれは良いよ、人事だし、でもそのパートさんと話し込んで仕事が進んでいないのは何で?な状態がもう腹立たしい。

そしてアルバイトも変、「お遊び」というか「もういいわ、こんな感じで」が強い、そして店内ではしゃぐ。
さらに「仲が良すぎて人間関係がめんどくさくて辞めたい」と来たもんだ・・・・・アホか?ここは?

もう仕事をしに来ているつもりのワタクシにはちょっと付いていけない。

そして仕事を教えてもらえる人間が居ない。

自分で聞けというなら聞くけども、そんな仕事をしに来ていない人間に聞きたくは無いわな、掘り下げて聞けそうにないし。

「社長が来ている時だけこのルールでやる方式」も変じゃない?何が本当のルールか分からんよ。

そして会社、古い体質なんだわな。

社員はシフトイン20分前にはタイムカードを押す事、3回失敗すると罰金2000円・・・・・・どんな会社やねん。
普通30分前には入ってますけど?というか、だったら元々のシフトイン時間を20分マイナスにシフトを組んでおけばいいじゃない、罰金ってよほど昔の社員が遅刻ばかりして居たんだろうなの名残でしかないわな。

そして早番は、9時から19時までの10時間拘束なのだが、休み時間は食事休憩の10分くらい。

いわく「飲食店なんだから当たり前」・・・・・・・・何時の時代やねん。

そして週休みは一回、これもマトモに取れそうに無い雰囲気がプンプンする、飲食店だから取れないのは当たり前?違うって、株式会社で店舗数が9?あるぐらいな会社なのに、取れない状態に育っている会社ってのが古いわな。

まだラーメン屋で修行して、将来的に独立という感じな仕事なら、まだ分かる。
しかしこの店、スープはレトルト、麺は工場、仕込みはチャーシューぐらいしかない。

なのでここで働いていても、傘下に入ってフランチャイズな感じじゃないと、独立してラーメン屋には成れません。

はっきり言ってダレデモデキマス、麺の茹で時間さえ抑えてればね。

そんな状態、もうぐだぐだ、メリハリが無さすぎて精神的に疲れる、肉体的にはラク、オペレーションは本当にたかが知れていて、今まで育ててきたパートさんアルバイトさんなら回せる感じ、今現在のパート・アルバイトが回せないのは「育て方」を間違えているかなに他ならない。

本当にまた変なのに引っ掛かったよ、めんどくさいわ。

教育を一からやり直してもいいけど、会社の体質が変わらないとどうにもならんだろうね、こりゃ・・・。

もうじき辞めマン、辞めるのを言うのは2ヶ月前で、それ以内で辞めると16000円ぐらいの罰金だとさ、いかに昔の社員が「やめたるわ!!」と良い人も悪い人も言ってすぐ辞めたのかが分かるわな。

あ‘‘---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------っ、めんどくさっ!!

でわまた!!

スポンサーサイト

PageTop

たら・休日をぶんどる

先週の土曜日からお仕事となったのだが、ローテーションを決めてくれない。

入社時の説明では週一休みの月1プラスだったのだが、音沙汰なし。

なのに保証人の印鑑証明が、いるだのなんだの言っているのでまいる。

保証人も平日仕事なんだから、オレが代理で行くべきでしょ?とか思うのだが、どうなっているのかよく分からん。

よって昨日「休んで良いんでしょうか?」とぶん取ってきたわけだ、仕事で死ぬのはイヤだしね。

で、午前中に「印鑑証明」を申請し、そこから少し釣りへ。

弥栄ダムは満水に近いらしい。
090327_1228~0001

今回はクランクのみで行って見た、そして見事にデコッた。

水温的にはマジックナンバーの「14℃」を指しているのだが、どの辺で産卵しているのかが分からん。
一説には白滝方面の垂直岩盤の所々の棚でやっていると聞くけども、ボートでなくては無理。

そして可能性があるオカッパリからの場所へは、この満水のため行けず。

・・・・・・・・・・まあ、行けた所でへぼなんで釣れなさげですけどもね。

ルアーの方はぼちぼち進んでいます、仕事の拘束時間が9時から19時までと今のところはなっており、中途半端。
ちょろちょろとやってます。

ンな現状、仕事の現状も少し書かねばならない・・・・というか書きたい、フルイタイシツってやーねな感じです、オレって無いものねだりなんだろうか?

でわまた!!

PageTop

たら・本当に徐々にですね

ルアーを作ってない時も、常にルアーの事を考える。

頭の中で完成後の動きまでは、予測できる様にはまだなってない。

しかし、生産・製作についてはある程度創造が出来るようになって来ている。

という感じの徐々になんですよ、今現在。

で、それをカタチにしつつのシリコーン流し。
090318_1706~0001

その後の展開もラクに出来るようには、なっている予定。

ンな感じ、じゃまた!!

PageTop

たら・広島の流行の飯

最近広島で流行していると言われる飯の事など。

まず「坦々麺」、以前「つけ麺」という物が流行って今や定番となっていますが、ここに来て「坦々麺」がブームらしい。

この「坦々麺」、普通の汁ありのものではなく、本場の汁なしがブームらしい。

食べた事は今のところ無いが、これが本当にブームとなっているかというと疑問だ、TVの情報操作でブームを作ろうとしているのかも知れない感もある。

ちなみに、某トコロで「汁なし」を食べた事はあるけども、やはり「汁あり」の方が食べやすい、「汁なし」は麺が団子になりやすく食べ難いのさ、すすり難いのさ、という難点がありますな。

続いて「お好み焼き」。

今ブームになるであろうタイプは「府中焼き」といわれるタイプで、これは「中華そば麺」をカリカリに焼いたタイプなのだ。

お店で言うと「としのや」が純粋府中焼きで、「ちんちくりん」がその変形バージョンとなるらしい。

とにかく麺が「クリスピー」でサクサクしていて旨い、そのうち関西でも「クリスピー」な焼き上がりの物が流行ると思う、これはブームにならないとおかしいと思う。

でもまあ、若者向きのものかもしれないので、広島ではそこそこでしか流行らないかも。

ちなみにお好み焼きの焼き方として、最近気になるのは「キャベツ」を炒めてから入れることですな。

ある程度炒めて入れてしまうので、キャベツが「蒸されて無く」、「甘味が無い」という仕上がりは個人的には好きではない。

焼きあがるまでは早いかもしれないけども、美味しいとは思わない、つい最近そんな物を食べてしまって、個人的に「むーーーーっ、ハズレだ」と思いました。

やはり「キャベツは蒸される」べきだよ、と考えさせられる一食を体験いたしました。

そんな感じです、でわまた!!

PageTop

たら・人に平等に与えられた物

14日に面接に行く。

フロントで待っていると迎えが来て「別棟になるのでこちらへ」となる。

で、行って見ると募集していた会社名のトコロとは違う会社に通される。

「なんだこれは?」と思っていると、面接が始まり説明を受ける。

その会社は実は子会社で、募集をかけていた名前の会社は親会社だったという事が発覚する・・・・・物凄く紛らわしいわ!!

挙句「鉄板焼き」の社員募集となっていたのを受けに来たはずが、「ラーメン屋」の社員の応募に変わっていたりして、「なんじゃこれは!!」の状態となる。

いわく「ラーメン屋」を研修してから適正を見て振り分ける、という事なんだそうです・・・・・・・書いとけよ!!まぎらわしいわ!!まあラーメン屋もやってみたい気はあるのでそのまま受ける、でも詐欺だよね。

この別会社、多分誰でも知っている会社なので怪しくは無いのだが、落ちたらそこに飯を食いに行き難いじゃないかっ!!な感じだ。

飯を食いに行くトコロには、進んで入らないようにしていたのに・・・・・内情が分かると行きたくなくなるからね。

でまあ、とりあえず面接を受けるのだが、面接をしてくれた社長が色々と熱く語ってくれて面白かったりする、その中でタイトルの「人に平等に与えられた物は何か分かるか?」と問うて来た。

ワタシは「死」であると答えたのだが、社長は「生きて死ぬ事だと」と言っていた。

社長の思想は「生まれて死ぬまで」のいわゆる「寿命」とは、すでにこの世に生を受けた時に決まっているという考えで、その「生きて死ぬまで」をどう生きるのかという事を考えて生きる、という思想だった。

でもやはり「平等」と問われたら、やはり「死」以外には「暗闇」ぐらいしかないと思う。

この世に生を受けた時点で必ず死ぬ、でもこの死というのは自分でコントロール出来ない。

その理由は「外的要因」が絡んでくるからに他ならない。

突然の事故なんかがいい例で、この「外的要因」がある限り、人は「死」をコントロール出来ないと思う。
なので「生きて死ぬこと」と言っても、自分の思っている様に生きて行けても、何時死ぬか分からないのでは平等では無いのではないかなと思う。

だったら「死」と言う方が妥当だと思う。

「暗闇」は「影」とは違い、光が無い場所には必ず発生する。

体全体を光で照らしても、手を拳状にすれば「影」という名の「暗闇」が必ず出きる。

何より人間の体の中には絶対に「暗闇」は出来ている訳で、これを無くすには「透明になる」か「自らが発光する」様にならないといけない訳だ、なので「暗闇」もまた「人には平等」なのだと思う。

まあ、そんな事をつらつら考えていたので、書いておく。

「鬱」じゃないよ、この考えは中学の頃に構築されて以来、ワタシの中で生きるためのスパイスとなっているだけだし、なにより反論の余地が無い事だとも思うしね。

「生まれ生まれ生まれ生まれ生まれいずる時暗く・死に死に死に死に死に行く時また暗し」

某方の言葉だったと思う、人間の生き死に対しての思想って行き着く先はこんなものなのかもしれないね。

面接結果は、21日までに来るそうな、また身動きが取れないじゃないか!!てな事になってます。

でわまた!!

PageTop

たら・気が向いたので

某所からの連絡がようやくあった、火曜日に電話をかけて木曜日の今日連絡があった。

この連絡のために、おちおち車に乗って遠くにいけなかったので、とりあえず片が付いた。

で、AM10時の時点で快晴、明日からは雨とくれば行かない訳には行かないでしょう、ということで釣りに。

今回は「ペンシルポッパー・ミノー・ホプキンス」のみで行く、上・中・下と大まかに水深分けしてます。

ペンシルポッパーは、ふらりとシャローに上がってきたヤツを狙うつもり、と言っても「弥栄」は深いので止めて誘えることも考慮しての選択、ミノーも同様、で最後にホプキンスをぶち込む算段。

とりあえず最上流から行って見る、どうやら増水傾向にあるようだ、ここの水温は「9.5」、このダムのメインリバーで流入する水量が多い場所。

この時期にニゴイの60ぐらいのを揚げているので、あわよくばと思いましたが魚っ毛が無い、で移動。

次は貸しボート屋近辺の降りれそうな場所を流す、ここも水温「9.5」、でも魚っ毛がまたない感じ、で移動。

そしていつもの場所に行く。
090312_1337~0001
やっぱり増水中ですな。

で、ここの水温は「11.5」、鯉や何かの稚魚が浮いている、ここは魚を見ない日がないぐらい何かが居る、その為か「トンビ」が必ず宙を舞っている。

でもバス居なかった、ハイ釣れませんでした・・・・・が、色々考える事が出来たので良しとする、減水している時じゃないと見れない「地形変化」も歩いて考えてとか出来たしね。

そんな歩いて考えている中、足元にワームが・・・・「まだ新しい、昨日今日だな」と隣を見ると、また落ちている、さらに先を見ると大量のワームが・・・。
090312_1346~0001

こんなに捨てやがって!!と思いましたが、雰囲気が違う・・・・誰かが集めていたようだ。

場所が前に書いた「工事をしている場所」だったので、増水して工事場所が埋まる前に、働いている人が集めてくれたのかもしれない、そして釣り人に対しての戒めとして置きっぱなしなのかも・・・・・。

ちょっと考えさせられましたね、もしそうだったらですけどね。

みなさん「自分のゴミ」と「ちょっとだけその辺のゴミ」も持って帰っていただければ、もう少しバス釣りに対して理解が得られるのではないかと思います、ただただ何もせずに「釣り禁止」では芸が無さすぎますのでね。

で、そんなゴミの中に見たことの無いフック形状をした物を発見しました。
090312_1615~0001
090312_1614~0001

上のフックはバーブレスなんですが、針先が凄く細い感じでアイに対して一直線、こんなヤツは初めて見ましたよ。

次のヤツも変わってますな、「フ」のカタチをしたヤツは見たことがありますが、曲がっている部分がそれの逆バージョンとは、これまた初めて見ました。

いや、まだまだ見たことの無い物ってのはあるんだなと思いました。

で、本日のゴミ。
090312_1606~0001

魚は釣れなかったけども、これも魚を釣るための大事なプロセスですな、自己満足でOKです。

てな感じの一日、でわまた!!

PageTop

たら・「シャンブル」

前に「ユニコーン再始動」をあまり嬉しくないと書きましたが、この二枚のCDにそれぞれついているDVD「バンドやろうぜ!~アルバム‘‘シャンブル‘‘ができるまでPARTⅠ・Ⅱ」やTV出演を見て気が変わりました。
090311_1429~0001

もうあからさまに「周りが儲かると思ってうろめき立ちやがって、やるのは俺らなんだぞ!!」的なTVでの発言や、「あんときは喧嘩別れだったけど、面白かった時もあったじゃないか!!」などの話し合いがDVDで赤裸々に出てまして、なんで再始動となったかなどが凄く分かりやすいです。

なによりアルバム「シャンブル」を聞いてもらえれば、「再結成」ではなく「再始動」なのがよく分かる。

はい、「スプリングマン」の次のアルバムの感覚で聞けます、というか次の物でしかない。

あきらかに「ユニコーン」以外の何物でもない物が入ってます、変わらないスギですよ、DVDコメントを見ていただければ、さらによく分かる。

んで、アルバム製作をしている姿は昔と変わりなく、いい歳のおっさんたちが「はしゃいで」いる姿を見れて、こちらもなんか嬉しくなる映像です、必見です。

もうね、前に何があったとか関係なく「音楽をおもしろがる」のが凄く良いんですよ。

必聴です、はい聞きやがれでございます。

んでわまた!!



PageTop

たら・で、何を作りたいの?

んんー、「キラキラミノー」を作ろうとしていたはずなのに、なんかまた混迷。

いったい何を作りたいの?オレ?

一般受けする物?定番な物?・・・・・・じゃなかったろ!!

「ワタシが使いたいもの」だったんじゃないのか?!

で、なんで混迷したのか、そこが問題だなと・・・・・。

・・・・・・・・んっ、分かってるさ、何が気に入らなくて作り直しているかもね。

それは「ただ巻き」が出来ないからに他ならない。

「ラトリンログ」や「ロングA」なんかの、「ただ巻き」の凄さを見てしまったからに他ならないんだな。

あの泳ぎをもった「キラキラミノー」を作ろうとしていたのに、何時のまにやら変な方向に行っている。

ただ本当にあの「ただ巻き」が出ない、出たとしてもトゥイッチでの動きが出ない。

それで違う方向に行ってしまう・・・・・・駄目だナーと思う。

もげーですよ、もげー・・・・・・・・・わけ分からんな。

で、通販で買った「超低粘度シリコーン」ですが、やっぱり型からもれました。
090309_2255~0001
だらっと漏れてました。

しかし、硬化後の硬さはいつも使っていた物と遜色が無く、いい感じ、使えるものだと実感。

何より安いしね。

じゃ、もうちょっと混迷に足を突っ込んできます。

でわまた!!

PageTop

たら・「アクアパッツァ」

久方に料理を載せます、よい出来だったんでね。

昨日の相方の晩飯オーダーは「魚食べたい」。

よって業務用スーパーの朝市に行きまして、魚を物色。

で、こちらを捌きました。
090309_1242~0001
「鯛」です、30オーバー・680円。

何を作るかというと、「アクアパッツァ」。
いわゆるイタリア料理の魚貝の塩煮、相方は貝が嫌いなので貝はパス。

ついでに上手い煮汁が勿体無いので、パスタに吸わすパターンで。

捌いて、パセリ・バジル・塩で下味と、におい消しをして数時間置きます。

で、ニンニク油を作って魚を焼いて、そこにトマト缶を投入、昆布だしとちょっとのしょう油で薄塩風にして煮込み、パスタ投入、こんな感じ。

さて出来ました。
090309_2000~0001

これはかなり「旨し!!」な物になりましたよ、我ながら上出来!!

だいぶん「薄味の付け方」が分かってきました、もう歳なんで濃い味は受け付けなくなってきてるしね。

てな感じの晩飯、でわまた!!

PageTop

たら・こんなにちがうの!?

朝っぱらからシリコン流し。
090309_0958~0001

ルアーは徐々に作ってます、歩みは遅し。

で、今回使用のシリコーンは「超低粘度」と銘打った物で、フィギュア製作なんかでも使われている物らしい。

しかも値段が安いのが魅力的!!

ネットにて探して注文しました、というのを今回使用。

シリコーン缶は、最初は溶剤が分離した状態なので混ぜるのが暗黙のルールですが、今回のヤツは「物凄く粘度が無い!!」。

普通は缶の底に、シリコーンの粒子が沈殿して混ぜ難い事この上ない、しかし今回の物は簡単に混ざってしまって「さすが低粘度!!」と驚いた次第。

本当に「スルスル」って感じの流れ方、型枠のブロック間から漏れないかと思うぐらいですよ。

後は固まってみないと硬化後の作業状態はワカリマセン、でも気泡はすぐ抜けると思われるので「型を取る」という作業はやりやすいんでは無いかと思っとります。


そんな次第、さてどうなるか?

んじゃまた!!

PageTop

たら・放浪の買い物

前回はログを買った事を書きましたが、本当はとある調査&とあるブツ探しの旅でした。

とある調査とは、「アメリカンルアー」在庫調査。

割と近くにあった某釣具屋が、とうとう「アメルア」を全部処分する動きに出てんですよね。

在庫全部をワゴンにポン、こちらからするとうれしいですが、今後入って来そうに無い雰囲気。
只でさえ、国産ルアーも広告が雑誌にデカデカと乗っているものしか入ってこないのにですよ。

広島の西側は「バスルアー」不毛地帯になってきてます、釣り場も少ないしね。

東広島なんかは野池や芦田川、黒瀬川、はたまたダムも多いので、そちら側の釣具屋のほうが在庫がありそう、しかも海のターゲットもそちらの方が多い気がする・・・・・・。

まあ、そんな中でもこの店の系列店に行けば、まだどうにかありそうだと、車で1時間の所を探訪してきた訳です。

・・・・・・あっ、あることはあるけど、バス用品自体が少なくなってる・・・・・不毛地帯が伝染してる・・・。

んんー、これは通販を本気で利用しないと、どうにもならないかもしれないです、不毛です。

で、そんな中、意中のブツを発見し購入。
090306_1838~0001
・・・・・・・名前が出てこん・・・・・「ホプキンス」だ!!

マジに名前が出てこなかった、老化ですな、先は後どれ位だ?

とは、置いておいて、「ヒロ内藤 ジ・アンサー3」で内藤氏が「こんな所はジグでばっさり探って、素早く見切る・・・」の話にピンと来まして購入。

弥栄は本当に深いんですよ、水深が、なので前回ラバージグモドキを使用したんですが、なんかしっくり来ない。

だったら、もっと重いもので「ジャッジャッ」と探りたいなと思った次第で、メタルジグ購入。

前回は1/2ラバシでイマイチだったので、1ozの物を購入、スイベルをつけました。

しかし「ホプキンス」、個体差があるのね、スイベルを付ける時に穴の位置が微妙以上にずれてる、というか物自体の厚みが違う。

リングを付けるのに四苦八苦しましたが、どうにか付けれました。

後はフックを研ぐだけ、交換は・・・・・どうなんだろう、変えてしまうとデザイナーの意図した動きが出ない事があるのを体感しただけに、一回使用してみないと分からんなと思います。

ちなみに体感したのは「ペンシルポッパー」で、フックが軽くなった分、水との絡みが悪くなり水面を滑走している感じになったんですよね、これでちょっと安易にフックを換える事をしなくなりました。

さて、何時釣りに行きますか?考え中、釣りの前にやる事が在るでしょオレ。

てな感じで、ちょっと二重人格な「たら」でした。

PageTop

たら・今回の店のまとめ

さて、2月いっぱいで「某うどんチェーン店」を終了いたした訳ですが、まとめを書いておこうと思います。

今回のお店も「新規オープン店」、研修期間は2週間弱でオープンとなる流れ。

社員は店長1・一般社員2、この内一般社員1人はオープン二日前に着任となる、一般職はAとBとに表記する。

なので、当初は店長・一般社員Aでスタート、しかしこの研修期間が研修として機能していなかったりする。

なぜならば、店長と社員Aのレベルがそれぞれの役職のレベルに達して居なかったから。

まず店長、あちらこちらで副店長職などをやって来ては居たものの、入社1年強。

社員Aは入社3ヶ月・・・・・・・、そしてこの入社3ヶ月の人間が研修の指揮を執るのだが、自分自身が仕事を覚えてない・・・・・・というか習ってない物がある始末。

そしてこの二人、コミュニケーション能力が低い、お互い話し合いがマトモに出来ない。

特に社員Aは接客業の「才能」が「全く無い」、ワタクシからしてここまで才能が無い人間も始めて見たっていう人材で、本当に飲食で仕事して家族を養っていくつもりがあるのかが、とても疑問視される様な仕事の取り組みを方している人間でした。

で、オープン2日前に一般職B着任、この時点では普通な感じだった。

そしてオープン、予想を越えて来客がありパート、アルバイトが定時に上がれない状態になる。

この状態はしばらく続くが、この時点での残業時給は何も問題なく無く出ていた。

ここから店の状態がおかしくなっていく、凄い早いでしょ、オープン2~3日目でオカシさが出てくるんだもの。

まず、店が開いてない。

朝6時出勤で、まあ余裕を持って5時半に店に着くと「誰も居ない」、6時・・・来ない、6時半来ない、結局店長に連絡して店を開ける・・・・・こんなことが続き、朝から待たされたバイトが風邪を引き休む羽目になる。

その後、来たり遅刻したりが続き、着たとしてもシフトイン15分前とかで、シフトイン前に「経営理念」を読むなんて事が出来るはずも無く、ましてや「引継ぎノート」を読めない状態。

特に社員が一番「経営理念」と「引継ぎノート」の業務事を実行しない日々が続く。

そして、「社員が当てにならないから(朝起きれないから)」との理由で店舗キーを持つ事になる。

そうなってくると、早めに来て仕事を進める様になる、仕事も覚えてきたので一日のうちにやらなければいけない仕込を午前中に全て片付け、夜のバイトの育成に力を注いでもらおうとしたのだが、これが実行される事は無かった。

社員Bもまた、そこそこの仕事しか出来ない人材だったのだ。

なので社員を見て育つという、根本的な教育の仕方が出来ない状態になって行き、挙句「お友達」感覚で仕事をしているので、叱りも注意もしない、そして「なめられる」様な状態になって行きました。

その間にも朝の仕事は増え続けます、なぜなら夜のバイトが店の片づけをキッチリ出来ないので、あれが無いこれが無いと探したり、商品の補充をしたり、掃除する場所が増えたり・・・・・。

そしてさらに、これに追い討ちを掛けるのが社員の「仕入れ発注ミス」。

朝、店内に置いてある商品を冷蔵庫などに納めるのだが、この量が必要以上に多い。
これを収めるのに時間を喰うのだ、その分だけ早出する事になる。

そして、朝の新人教育、これもワタクシがやる事になる、だって社員が朝出なくなったんだもの。

挙句店長は「低血圧で朝の仕事に出れません」と来たもんだ、仕事だろ!!

なので、さらに早出を重ねて新人教育時間をひねりだす、でもまだこの頃は時給が普通に付いていた。

そして時間帯責任者に繰り上がるのだが、これまた前触れ無くで、挙句「自分からなりたがった」という事になっている始末、なってないっての。

他のパートさんたちも、断ったのだが「ならされて」しまう、この中には責任者向きではない人間も含まれる状態、これらの人選は社員Aを叱れるからという理由がおもだったらしい・・・・・バカでしょ。

そして責任者間で話し合いを持って、時間帯での仕事内容を決める事になるのだが、この席で店長がワタクシに対して「あなたの仕事の速さには、社員がついて行けないのでレベルを落としてほしい」と言われる。

・・・・・・・・出来ないんだったら早出して対応すれば良いじゃない・・・・・・・・。

そもそも店長が言っていた通りに進めてあげていたのに・・・・、実は店長自身が自分で言った通りには仕事が出来ない人間だったらしい、理想論を話していかにも自分が出来る人間ですと演じていたと・・・・。

とまあここまで、約2ヶ月強立っている訳ですが、店長が厨房で指示指揮していた記憶が無い、それどころか事務仕事をしていた記憶も無い、たぶん店長だから店に出ない的な考えの人間らしい事は分かった。

社員はAは使えない人間だと分かり、Bはやる気が無いと判断、この方たちにも説教を食らわし始める。

特にAは、昼ピーク時に店舗コントロールをさせるとメイン商品である「うどん」を欠品させてしまう問題があり、これがなかなか直らなかった、怒っても「俺社員だからパートの言うことは聞かない」という変なプライドがありどうしようもない。

そして、パートが時間帯責任者に繰り上がってから半月後、店長が突然「時間帯責任者なのになんで責任者としての仕事が出来ないんだ!!」と切れだす。

いやあんた、責任者としての仕事を教えてないじゃない、そもそも見本となる社員が社員として機能していないんじゃどうしようもないじゃない。

という事で、店長にまで説教を食らわす、「パートの見本となる社員を育ててない自分が悪い」と。

そして会社的に人件費を削減しなさいと指示が来ているので、パートさん申し訳ないが時間を減らしていきますとノートに書きなさいと。

しかしノートに書かれているのは「俺ってかわいそう」と言う意味のメルヘンな世界、いやナルシストなのは分かってるから、事実を書こうよ店長、すっぱりとさ・・・・・・馬鹿だなホント。

案の定、パートさんたちに意味は伝わらず、「なんで時間数が削らされるのですか?」の問いには「エリアマネージャーに言え」と来たもんだ・・・・バカでしょ、これ実話なんですよ。

で、これはイカン、店が成り立たないとエリアマネージャーに相談すると「あっそー」との答えである。

この方もまたイタイ人間だった、前の牛丼系列のエリアマネージャーはスーパーな人材ばかりだった、どんな忙しい昼ピークでも回せて見せた、なのでパート・アルバイトは畏怖の念を持っていた。

しかしここのマネージャーは「昼ピーク回せる自信が無い」と発言し、本当に「うどん」切れを発生させたりしていた、なによりこの人もお客さんに対して責任感が薄い人間だった、お客さん放置プレーをした時点で駄目だろう。

相談時に「ここの社員のレベルが低い」などと言ったのだが、「ふーん」「他の店とは違うし」との発言で締めくくられてしまう始末、仕事に対してのプライドは何処なのよと感じてしまいました。

そしてこの頃には、定時に上がろうとすると「え、上がるんですか?店が回らなくなるじゃないですか」と言って残業させていた所を「勝手に残こりやがって、定時以降の時給は付けないからな!!」とお説教を始める始末。

だったら上がってやろうとすると店が回らない事になり、と言うか引継ぎが来ないんじゃ上がりようが無い状態になる。

でも、お客さんに迷惑が掛かるので残れる人間は、時給が付かなくても残っていたのよね、パートさん達にもそれなりの責任感があるから。

そこをまた叩くような事をするから嫌われるんだって店長、というか「時間が来たから上げれ」って言わずに働かせて、「時給付かない」って発言はおかしいですよ、働いている姿は確認している訳でしょ?言わないのは店長として人材管理が出来てないのと同じだよ。

自分で仕向けといてパートさんのせいにする事自体が間違ってると思わないか?

その間にも店長の理想論が展開され、パートさんたちを苦しめる、大体が社員の仕事だろ?と言った部分もやらせるのでみんな辟易、社員自体が出来ない所をやらす時点で見本が無いので出来ないでしょうに。

で、また大掛かりな説教を店長にする。

「理想論ばっかりで誰も付いてこない、人材を潰す言動ばかりだ、人間的におかしい」
「何故勝手に残るのかと怒るのであれば、何故上げないのか?上げないのだったら時給が付か無いのを本人に言うべきだ」
「逆に残ってもらう時は、時給が付く旨を本人に言ってあげるべきだ」

と言う事を「噛み砕いて」中に「石も混ぜつつ」店長にぶつける・・・・・・・・・半泣きになるなよ。

この手のナルシストはいつも半泣きなるからイヤだわ、泣きたいのは無理をやらされているパート・アルバイトだよ本当はさ、たいした時間働かせてもらえず、挙句時給付かない残業があったり・・・。

で、その後変わったかと言うと「変わらない」んだなこれが、ナルは最終的に「自分は悪くない」が終着駅なので反省しない、反省しても2~3日しか持たない、これギョウザヤの店長と同じなんだな。

やっぱり初見でもった印象が「ギョウザヤ店長」だったんで、印象と合ってたんだなと我ながら感心しました。

で、辞めようと、付き合ってられんと。

そうなるとワタシの居た時間帯が空く訳で、それを社員が埋めるのかと思いきや、バイトに丸投げ、挙句教える時間は3日間中全部で4時間弱、それでもう一人でやらすって無理だろ。

昼は昼でまた仕事丸投げ・・・・・仕事見てあげようよ社員さん・・・・・。

そして再度店長に説教。

「朝は社員が出て、相方にアルバイトでやらないと無理ですよ」
「その体制で今後は行かないと、アルバイトなんですから学業が優先でしょ」

と諭すものの、

「今だけは社員が付きっ切りで出る、今後は不明」

と言い張る、いや不明じゃなくて先まで読もうよイイカゲンさ。

これを最後にマトモな会話は無く、退社する事になりましたとさ。

で、この店、売り上げが「1200万」あった月の利益が「80万」ってのもオカシイよね、どう考えても。

原因は人件費が多大なんだってさ、でも人件費削減の為、人員を減らしても店が回るシステムかと言われるとそれはNO!!だったりする、社員の無駄な残業も多いみたいだし。

元々が変なんだろうね、そしてそんな状態だと、どうしても欠品は出るのだが「欠品出すな!!」と怒る店長も変、そこは上からの指示かもしれないがカバーしてやるのが上司の役目だろ、というかお前が動け、社員が動け。

社員が動かない、判断出来ない店・・・・・・・・それがここの一番の悪いところだろうね、社員が引っ張らないからパートも手が出せない。

だって失敗したら、全責任はその人間のせいになって、社員のフォローは全く無い。

社員がやった事をまねしようとすると「責任は持ちません」と言ってくるしね、やり方を決めてやれよ、社員が責任を持ってさ。

もう社員である自覚を持たす研修をしなかった「会社」自体も悪ですな。

そんな経験を今回しました・・・・・・本当に不毛だったよ。



PageTop

たら・色めきたって買ってみるものの。

本日は釣具屋めぐりをする事にし、ダラダラ来るまで回る。

前回の「ジグスピナー」の反省も踏まえ、スピナベを作ろうとか考えつつ運転、釣具中古屋にモールドがあった気がしたので見に行く。

そこで発見したのが「ラトリンログ」にペラが付いたヤツでして、「これってオールドなんかいな?」と手に取る、値段は「480円」。

色が古そうな色をかもし出していたし、値段もそこそこだし騙されてもいいかなと購入、早速オールドに詳しい花さんに写メールを送る。
090303_1308~0001

「これってオールド?後付けかもしれないですが?」

「後付けやろなー、たぶんね」

との事、よくよく見ると針は交換されているのはいいのだが、針のリングがヒラウチリングに交換され、フロントもジャッカルの楕円リングに交換されている。

そしてペラの付いているヒートンは上目に曲げてある。

どうやら現代物、そして改造によって目指したのはメガバスの110プロップのようだ。

それより何より、オールドを見分ける一番大事な見分け方を忘れてました、それは「臭い」。

オールドは独特な臭いがするのだった・・・・・、今思い出しましたよ。

で、このヒートンをいったん抜こうとしてネジルと「ぷつん」・・・・・はい折れました。

折れた・・・・・んんー、こうなったら願望をかなえてしまおう!!と思い立ち、「真っ二つに切断を開始」。

そしてこうなりました。
090303_1810~0001

昔「ロッド&リール」誌がルアーを真っ二つにした特集をしていて、それを取っておいたつもりで多分「ヨシノリ」さんに挙げたんだよな、たぶん。

それ以来、何となくしか覚えてなかったので気になっていたんですよね。

そして中のラトルがスピナーベイトのクレビスなのを確認、前に誰かがそんな事を言っていたのを思い出しました。
090303_1811~0001

このラトルはルアーの背中側だと前後に動きやすくなってますが、腹側だと前後に動けないようになっていますね、なのでダートした時に背中側に集まって動きが変化するのかなと思ったりしました。

何よりラトルがクレビスなのが、目からウロコでしたね、穴が開いている分、音が響きそうだし、軽量化にもなって動きに影響が出ないのかなと思いました。

いや、一回はやってみるもんだ・・・・・・すいません、実は二回目です、フラットサイドクランクを前に半分にしました、面白かったです。

てな感じで、先ほどまでガリガリヤッテマシタ。

でわまた!!

PageTop

たら・作っては見たものの

作っては見たものの動かなかった・・・・。

そんな物を本日は紹介いたしましょー。

それはとある物を、ある物に変えるところからスタートしました。

それがこれ。
090301_2045~0001
大阪で安売りしていた「1/2ジグヘッド・ワイヤーガード付き」

弥栄はディープが多いので、いつかは使うだろうと、このジグヘッドをあるだけ購入。

しかしその直後ぐらいから、ハードベイトが面白くなってきて使わずじまい。
ちなみに1ozと5/8のジグヘッドもあったりする・・・・・・。

で、これを「ヒロ内藤 ジ・アンサー3」で見た、シングルコロラドスピナベでの底叩きに使いたい。

とりあえずラバーだな、とばかしに巻いてみる。
090301_2046~0001
上記にラバーを巻き巻きする、ファインラバーしかないけど気にしない。

そしてラバーを裂いて、この状態。
 090301_2055~0001
前・ザンバラ 後ろ・さらさら ですな。

「フィッシングエルモ」さんのブログにて見た、「質の違うラバーをミックス」をやってみたかったのだが、手元に鯛ラバなんかが無いので、裂き方で違いを表現してみました・・・・・って適当にしか見えんな。

トレーラーとしてDVDなんかで出ていた「ブギーテールワーム」を付けたいのだが、まず広島には無い事は確実。

よって、旧ズーム社のポークワームを付ける、ラバージグのように針の長さが短くないので、とりあえずぶっさしです。
090301_2058~0001
はい、ポークのカタチを完全に無視です。

後はポークの胴体に切れ込みを入れて見たりしましたが、付け焼刃ですね。

そして後はブレードを付けてみる事にする。
090301_2111~0001
アームは1.0、本当は1.2の予定だったが手元に無かった。

そしてブレードは「コロラド」の良いのが無かったので「インディアナ」にする、ついでにバイブレーションを大きくする為にブレードの丸く出っ張っている方をハンマーで叩く。

ハンマーで叩くチューンはどこかで見た記憶を引っ張り出してます。

それをもって弥栄へ行く。

先週の雨で少し元に戻ってました、有効貯水率77%ぐらい。
090302_0932~0001

このね、画像の三日月の内側を打ちたいのよね、風裏だし水の流れが当たる場所だし・・・・。

でも今日の工事は車がガンガン出入りしているし、何より進入禁止場所が広がっているので近づく事が出来ませんでした。(涙)

とりあえず、周辺をペンシルポッパー、お後をスーパーシャッドラップと流し、ついにお手製ジグに手を出した・・・・・・・・・がっ!!ブレードがポークの先端に絡んで上手く回らない。

回っても途中でやっぱり絡み、手元に「ブルンブルン・ぴた・ブルンブルン・ぴた」っと伝わってくるので、へぼ釣り師には「当たりか当りじゃないか」の判断がさらに付き難くてしょうがない。

よってブレードを取っ払い、ラバージグヘッドとして投げてました。

結果は「釣果無し!!」・・・・・・すいません、長々書いて何もなかったです、大変失礼いたしました!!

まだ、この時期どの辺からバスが上がって来るかがつかめません、というか弥栄のバスはどの位の場所まで落ちてしまうのか想像が全くつきませんです。

地形変化をへぼなりに予測すると、やはり工事中の場所の向こう側だと思うんだけどなー、今年は試せそうにありませんな。

という感じの釣行でした。

ワタシの初魚は何時になるんだろうか?(ルアーで釣れればバス以外でもOKです。)

てな事で、終了、でわまた!!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。