廣島のオジキ・ローカルルアーへの道

ワタクシ「廣島のオジキ」が作るハンドメイドルアーはローカルルアーに成れるのか?と、その他もろもろのお話を「たらたら」と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たら・土曜日の練習

えー、仕事の練習です。

「魚を捌く」スキルアップのために、土曜魚市へ。

091031_1112~0001

チコダイ1・カワハギ5。

鯛は捌いて、あらで出汁採り、その出汁で鯛めしを炊く予定。

カワハギは、昨日仕事場にて製作した「マスタード煮」にするべく、これまた捌いて冷蔵庫で待機。

とまあ、明日の晩飯のしたくは出来ました。

捌くのはまあまあですな、気を抜いて失敗が多いかもしれない。

カワハギは楽しいです、「びーっ」て皮を剥ぐ音がたまらん。

という一日。

そして今月のおこづかいの3分の一が、早くもルアー製作材料に代わりました・・・・・・シリコーン無駄使いしすぎですな。

てな感じです。

でわまた!!

スポンサーサイト

PageTop

たら・練習

今働いているトコロで、今後必要とされそうな事を家で練習。

①魚を捌く

②オムレツを焼く

①の魚を捌くは必然的に魚が必要な訳で、土曜日に開かれている近所の土曜朝市にて魚を購入したりする。

今回はサバ2、サゴシ1、どちらも結構でかい。

前者は塩サバと煮サバに、サゴシは西京味噌漬け風にする。

久方ぶりにやったにしては、まま捌けている、問題は刺身だ。

という事で、本日やっていた「島根直送市」にてアジを3購入、これを刺身にしてみる。

まあまあ捌けた、しかし魚の大きさがある程度大きくないと、身が少ないですな、次回はある程度大きい物を購入して練習しよう。

後は、オムレツか・・・・そんなに好んで食べないので練習回数がかさねられるだろうか?

という事もやり始めている、今日この頃。

んでわまた!!

PageTop

たら・およっ?

昨日の書き込み後、ぷらっと釣具屋へ行って見る。

この店は、ほぼバス釣りから撤退したと思われていたのだが、最近またルアーの品揃えが増えてきた、何の心境の変化なのかは不明。

そんな店で「ペンシルポッパー」を発見して、おもわず吹く、ペンシルポッパーじゃないですか!!

これは、「フィッシングエルモ」さんの影響か?などと「エルモ」びいきのワタシなどは思ってしまうんのは、病気ですかな。

いや、そんなネタなんですけどね、とりあえずこのお店にお願いするのは、釣果報告書に釣り禁止のダムの釣果を載せないでねってトコですな。

今年の釣果報告には載せて無いので一安心ですが。

そんな感じです、来るかアメリカンブーム!!

でわまた!!

PageTop

たら・いそがしく

今週はでら忙しかった。

という事で、ルアーアイの実験がまだ出来ていません。

本日もトロケテマシテ、明日もトロケソウデス。

また来週も忙しいんだよね~、無駄に宴会が多い社員食堂だわ、居酒屋では無いんですよ社員さん。

まあ昔っからこんな感じらしいのですが、不景気になって外の居酒屋より、安い社員食堂を利用する率が跳ね上がって高くなったらしい。

金を回す為に、外でも飲んでください社員さん、2人で、100人前の準備を2時間でとか無理です。

という日々に突入してます、明日もゆっくりしたいと思います。

んでわまた!!

PageTop

たら・昨日の変更点とアイの形状

まず最初に昨日の記事で「500mlペットボトルをルアーに結んで投げ、強度テスト」のくだりで、発泡素材「0・4」を使用と書きましたが、本当は「0・5」もしくは「0・6」だったようです、申し訳ない。

本日その実験で使用したルアーを分解した時に、明らかに「0・4」の削れる感じとは違いました、これは明らかに「0・4」では無いなと感じた次第、スイマセン。

今週中にそれぞれの「0・4」~「0・7」でミノーを作って、「ペットボトル実験」をやって土日にアップしたいとは思っていますので、暫しお待ちくださいませ。

でですね、この時のペットボトル実験で使用したミノーのフロントアイの形状ですが、分解した所「Ω」形状でした。

素材はステンレス針金♯20でした、ボディに約5mmほど入ってから先端のワイヤーを曲げてありました、これで結構もつんですよね、結構ガンガンやってたんですけど、ぜんぜん破損しませんでした。

その他の型の作りや、剥離剤などは次回時間があれば書いときます。

今回はここまで、でわまた!!

PageTop

たら・ワタクシ的「来画発泡素材」データ

えらそうですが、「来画」さんところの「発泡素材」のワタクシ的なデータを残しておきます。

発泡素材の基本混合比は重量でA剤10:B剤10:フィラー1で、フィラーは発泡を起こさせる粉となるようです。

とりあえず、普通のレジンキャストを10:10で混ぜ合わした物を基本ベースにして書き起こします。

0・4~0・7という最初の数字はそれぞれ種類を表しています。

0・4 発泡スチロールのイメージ

0・5 バルサのイメージ

0・6 通常の木のイメージ(ワタクシ的には桐とホウの木の間か、やや桐よりのイメージ)

0・7 硬い木のイメージ(杉的な感じかも、杉を使用したことが無いのでイイカゲンなイメージです)

      10g:10g                                 
      紙コップにて硬化   浮力   千枚通し   鋸10往復      浸水    5cm角棒 

レジン  厚み 1cm        0g    0.5mm   0.5mm       0      不明  
                                                      
0・4       5cm    108.4g    1.5cm    0.6cm  0.2g→0.4g  230.6g                                                          
0・5       2.4cm   33.1g      6mm   1.1cm  0.4g→0,4g   不明                                                              
0・6       2.4cm   32.1g      4mm     1cm  0.4g→0.5g   不明                                                        
0・7       2.2cm   12.8g      2mm    5mm   0.5g→0.5g   不明                            
解説

レジンキャストをベースとして、紙コップにての発泡倍率を示してみました。(レジンは10g:10g)

型にレジンキャストを何グラム入れたら満杯になるかを調べ、発泡倍率を調べると無駄が無いのでは無いかと思います。

では実際の画像です。

0・4
091017_1450~0001

0・5
091017_1450~0002

0・6
091017_1450~0003

0・7
091017_1450~0004

全体像、上から0・4
091017_1451~0001

浮力

紙コップで発泡した物が何グラムで沈んでいくかを調べました。
これで、製作するルアーの内部構造物(ウエイトやアイを埋め込んだ時)の重さで、どうなるのかが推測できるんじゃないかと思われます。

千枚通し

手動で突き刺してどの位刺さるかをやって見ました、手動なんで正確ではないですが、障害物に当たった時の想像で拡大投影してみてください。

鋸10往復

削れに対しての抵抗度?としてやって見ました、障害物でボディがどの位の削れ強度があるのかをイメージ出切るかと思います、イメージを拡大でお願いします。

浸水

発泡した物を1cm角の立方体にして、水に4時間ほど漬けたものです。
どの面も発泡した部分が、完全露出している状態です、ぱっと見スポンジ状態です。

結果として、0・4と0・6に重量増加が見られましたが、表面の空洞に水が入っただけで中までは行って無いようです。

これは、中空の球体が密集している状態で、それぞれが個室となっているためと思われます。
これが全ての個室が通じている状態だと、浸水するのでは無いかと思われます、その様な状態になることは無さそうですが。

5cm角棒に20ポンドライン

これは、発泡素材を5cm角の棒状に加工して、20ポンドラインを中央に結び、それに錘を載せてどの位のgで折れるかを見てみた数字です。

こんな状態でテスト
091017_1555~0001

しかし、一番強度が無い0・4でも230gで折れるぐらいなので、他の物を折るために載せるオモリが足りませんでした、結果途中で中断してます。

手で折るとあっけないですが、実際のオモリで230gも耐えれるということは、ルアーとして投げて障害物に当ててもそんなに簡単に真っ二つになりそうに無いです。

ただし、8カンなどのアイを装着した時のフッキングなど、その衝撃に耐えられるかどうかは不明です。
一つ言えるのは、アイの埋め込み部分をしっかり深く埋めないと、簡単にその周囲から(周囲ごと)剥離しそうだと言う事です、中通しアイの方がより良いようです。

実際のルアーでテストした時は、うろ覚えですが0・5のミノーに20ポンドのナイロンラインをフロントとリアに結び、フロントを固定物に結びつけリアには500mlのペットボトルを結んで、ペットボトルを上に投げて落とす実験をした所、なんら問題がなかった事を覚えています。

この時はフロントはステンレスワイヤーで独立していて、リヤと腹のアイを一本の鋼線で(スピナーベイトなどに使われているヤツ)つなげた状態で作ってました。

フロントのワイヤー形状を忘れましたが、後で分解して調べときます。

とまあこんな感じです、0・4に関しては商品試用期間を大幅に過ぎた物を使用していますので、誤差が出ているかもしれません、以上参考になれば幸いです。

んでわまた!!

PageTop

たら・買っちゃった・・・・・

は・は・は・・・・・・。

今月のお小遣いを全て「発泡素材」購入にあてちゃった・・・・・・・・。

もうお金が無いです・・・・・・・、はにょ~ん。

とりあえず、只今使用しているのは「来画ルアーキャスト」でして、自分でも発泡素材の研究というと偉そうですがしてますが、まだまだなんですね。

なんと言っても、安定して生産が出来るのが良いです。

色々な比重のものがありまして、それぞれ特徴があります。

これを、その内まとめて掲載いたしますので、何かのお役に立てていただければなと思います。

・・・・・・・今月あと4千円か・・・・・・・・・・・。

でわまた!!

PageTop

たら・オリンピック

ヒロシマ・ナガサキ招致ですか・・・・、基本的にワタクシは反対です。

一番の問題は財政ですな、何処からお金を引っ張ってくるの?

二番目は、新たに作る事になる宿泊施設など何処に作るのよ?

三番目は、交通機関がどう考えても無理が来る。

なにより、今回のオリンピック招致レースは、明らかに最初っから勝敗は決まってたじゃない。

「オリンピックをやった事の無い国での開催」

これがIOCの基本方針だと思うんですよね、なので東京なんて落ちるのは目に見えてました、後だしジャンケン見たいな書き方ですけども。

なので、財政やその他の問題が無かったとしても、オリンピックをやった国や地域は選ばれないと思います。

とりあえず、全地域(アジアやヨーロッパなどの大まかな地域)で一回はやって、それから細かく国でやって、そこから第二回開催となると思うので、今はまだ動いても仕方が無いと思います。

今招致しても、無駄な感じが多々してイイ感じではない。

でもね、これが「招致狙い」ではなく「招致活動による平和アピール」だとしたら、より世界に広くアピールする為の方法なんだろうなと思います。

この感じなら、まだ納得できる。

なので、「招致活動」より「平和アピール」として、ワタクシ的には賛成です・・・・・・・でもオリンピックはやらないでね、本当に財政圧迫とかが酷くなると思うので。

テな感じ方をしたので、書いてみました。

でわまた!!

PageTop

たら・抜本的に違うのか・・・

本日はチョロッと釣りへ。

もちろんテスト機も持参、その他「デカログ」「skジャーク」「ラパラ・スラッシュミノー」も持っていく。

自分のルアー、やはり他のミノーに比べて劣る。

それぞれが、それぞれのミノーとしての効果の出し方がキッチリしていまして、ああっ自分の物はまだまだだなと思いました。

「ルアーはまずカタチ」であると、色々なビルダーさんがおっしゃってましたが、ワタシのミノーはまずここからして抜本的に違うんだろうなと多々感じました。

よって、コイツはお蔵入り・・・・・・・・。

しかしこれを作って行く仮定で、色々な技術を習得したと思いますので、今後に生きて行くと思います。

本当にぼちぼちやりますわ。

後は弥栄は減水傾向で、シャローのえびを狙う個体を2匹ほど見ました、パターンとしては弱いですけど。

やはり深場に戻ってますね、日々減水する支流よりも本湖に近い何かを狙った方がいいかも。

オカッパリ人はシャローの残魚か、フィーディング狙いとなるんじゃないかと思われます、きびしーです。

しかし減水傾向なので、ロストルアーを拾うことがデキマス、ノリーズスピナーベイトと100金ルアーを拾いましたデス。

んな感じで、デザインを練り直します。

でわまた!!

PageTop

たら・家紋って

本日は亡き父の納骨式でして、朝からお寺さんへ。

そこで当家墓石に家紋が付いているのに気づく、家紋ってあったんだね。

それに気づいた石屋さんが説明を色々してくださいまして、勉強になりました。

そんで、当家の家紋が「丸に木瓜」(まるにもっこう)だと知りました。

この家紋、かなりポピュラーなもので、元のデザインは「地面の上の鳥の巣」だそうで、子宝・子孫繁栄が前面に出ているそうです。

そして神社の軒先のマークにもなっているそうで、そこから「丸に木瓜」と名づけられたかとか。

各家庭には必ずあるそうです、そして「男紋」「女紋」と男女で分かれているそうな、もう初耳だらけ。

貴方の家にも「家紋」がありますよ、あなたの家はどんな「家紋」ですか?調べるのも面白いですよ。

でわ、明日はチョロッと釣りに行って来ます。

じゃ、また!!

PageTop

たら・あっという間に終了

・・・・・・・・シリコーン2本が一ヶ月弱で終了・・・・・・・・・。

・・・・・・・・発泡素材も一ヶ月で終了・・・・・・・・・。

そしてルアー作りは、まだ終了せず・・・・・・・・。

今回は突き詰めて、納得行くまでやろうと動きましたが、資金難に突入です、素材の買い足しが出来ません・・・・・・・・・。

これは学園祭は無理っぽいな・・・・・。

一方でもう一個の「キラキラミノー 発泡量産」は、上手く行きそうな気配ですけども、やはり資金難で素材が足りそうに無い・・・・・・・。

そんなもんさ、そんなもんだ。

・・・・・・・これが後々役に立つんだ!!と思っときます。

もう少しで、少しはマトモなものが出来そうです。

んでわまた!!!

PageTop

たら・シリコーンと7f

はい、土曜日は最速で発泡系ルアーが作れないものかとごそごそしました。

前回紹介した、「光硬化パテ」これに続いて、早く硬化するシリコーンは無いかと探してますとこれを発見。
091003_2230~0001

水を混ぜると大体10分ぐらいで硬化するそうです。

で、やってみると、おおっ!固まるぜ!・・・・・しかし硬化後の感じはゼリーやや固め。
091003_2306~0001

どうやら水分で硬化するものなので、こんなものらしい。

これは型として機能しそうに無い感じ、とりあえず発泡させてみると・・・・・・・やはり駄目です、残念。

そんな土曜日。

そして本日はとある事を試しに釣りへ。

091003_0656~0001

弥栄は相変らず減水傾向。

本日のお題は「7・6fのスピニングの方が小型のルアーを投げやすいのか?」

という事で、メバル様の竿で釣りをしました。
091004_1135~0001

釣果は2キャッチ4バラシでした、ルアーはフラットフィッシュ。
091004_1030~0001
091004_0925~0001

小さなクランク系はいいかもしれないけども、ミノーはトゥイッチが利かない。

竿がFFなので竿先でアクションを吸い取って、良い動きがでません。

もう少し固めが良い感じですな、オカッパリからのミノーフィッシングで10cm以下のものの場合は7f強ぐらいの竿がイインジャナイカと考えておる次第。

文脈ばらばらですが、腹減ったので飯作ります。

でわまた!!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。