廣島のオジキ・ローカルルアーへの道

ワタクシ「廣島のオジキ」が作るハンドメイドルアーはローカルルアーに成れるのか?と、その他もろもろのお話を「たらたら」と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たら・実験

本日は上手くルアー製作が進んでいればテストに行こうと思っていたのだが、発泡の問題が出て来たので本日はキャンセル。

という事で「実験」を繰り返してました。

「食器乾燥機」の平均安定温度は45℃ぐらい。

「シリコーン型」の表面温度が30℃の時、型の内部は23℃となる。

「発泡剤」は20℃の温度で使用することにしよう。

などなどを調べたり決めたり、シリコーン型の大きさによっても温度変化があると思うので、このシリコーン温度はこのシリコンのみの温度になると思われます。

しかし、シリコーンの温度が上がるまでの時間が、その時々の気温によって違う様です。

このため朝、仕事に行く前にシリコーンに流し込んでとかは出来ないので、作業効率は下がるな~とか分かりました。

といった感じで、調べながらやってます。

来週はテストにいけるんかな?んでわまた!!

スポンサーサイト

PageTop

たら・23℃室

本日は土曜日なので、魚を捌く日。

今回は「たこ」一匹購入で、「たこ」を捌く。

あとはルアー製作資料作りのために「ワカサギ」も購入。

これは後で写メを撮って、PCに落として画像データにしてプリンターへ、これでまた魚の資料が増える事になるのだ。

んで、タイトルの「23℃室」の話になります。

先々週のルアーテストでまあまあの動きが出たので、とりあえず内部にウエイトを入れてどうなるかを見ようと先週ウエイトを固定する骨組みを作ってみたんです。

で、本型に入れて発泡材をそそぐ。

そして完成品を風呂場に浮かべると・・・・・・・・沈む・・・・・・。

ええっ~!!沈むって何よ!!テストしたルアーのウエイトと同じウエイトを埋め込んだ骨組みを入れたんですよ!!

という事で、試行錯誤が続きまして、骨組みを見直すことにしたのですが、どう考えてもテストの物とウエイト固定骨組みの重さは変わらないわけで、そうなると考える事は一つの訳です。

「発泡の仕方が違う」

という事で、発泡する時に一番大事な温度についてブログの書き込み期日と年間気温を調べて見比べてみる事にする。

テスト機の製作日の気温は平均が20℃ぐらい(前後の日の気温含む)、そして今回の製作日の気温は平均18℃ぐらい。

しかしここで問題となるのは最低気温によって冷やされた、「型」と「発泡溶剤」の気がする。

そして使用している「発泡溶剤」の取り扱い説明書には、気温23℃での使用を前提とすると書いてある訳です。

やはり「温度」が問題なんじゃないかと、思い出したら止まらない。

そこで温度を調整するすべを模索する事になります。

「ダンボールにライトを入れて温度を上げる」

これが結構ポピュラーみたいなんですけども、温度を上げるときの熱量が少ないのと、狭い工房では火災に発展するんじゃないかと思ったりしてパス。

さらに考えて「ピン」と来るものがありまして、これを購入しました。

091128_1923~0001
「食器乾燥機」

この「食器乾燥機」、温風が90℃で吹き出まして食器を乾燥します。

この温風で「型」と「溶剤」を温めて、さらに「型」に「溶剤」を流し込んだ後の「硬化」を「適温」の状態でやってみる事にする。

でもって、実験第一回目で「乾燥機」の庫内の温度調整は結構難しい事が発覚、しかし「発泡」自体は確実に良くなっているのが吹き出た余剰発泡剤が物語ってます。

という感じで、さっそくおこづかいの三分の一が飛びました。

飛びましたが、ここまで効果が出ると嬉しくなりますね~、買って悔いなし。

問題はイタリア風日本人にまた「のろけ」では無いかと書かれることか?(笑)

といった感じで「HEROレジェンド」にハマッて、作業部屋に行けないことの方が問題な今現在でござった。

んでわまた!!

PageTop

たら・充実の島根釣行

土曜日に帰島根しまして、日曜日はまったり、そして本日は午前中のみ釣りへ。

相方のおやっさんも久方ぶりの釣りという事で、車のスピードが速いのなんのって、置いていかれるかと思いました。

で、山口は須佐のほうまで行きまして、地磯に到着、あそこを目指して10分ほど歩く。
091123_0647~0001

で到着、キレイですな~日本海。
091123_0940~0001

とか言いながら、大をもよおし駐車場のトイレまで戻る。

帰ってくると、相方が何かでかいのにハリスを切られたとの事、という事は自動的に魚は居る事は判明。

そそくさとフカセ仕掛けを作り、先に撒き餌を展開、仕掛け投入。

すると、2分も立たないうちに「どんっ!!」と衝撃と共にウキが「ぎゅーん!!」と水中に突き刺さる。

とりあえず、バスの大型との綱引きの姿勢になる、いわゆる竿の粘り任せで寄せる姿勢。

・・・・・が、予想以上に引かれる、おやっさんは根に入られる前に巻けというけども、巻くと切れそうだし・・・・とか考えていると、何とか浮いてくる。

「クロだっ!!」とおやっさんがタモを差し出しキャッチ、「クロという事はチヌか?」と思ったら「グレ」でした、地方名で魚の名前が変わるのを忘れてました。

上がってきたのは30cmの「クロ」、この場所でこんな良い方が上がってくるのは珍しいとの事。

そうなんだーっと、針を外していると相方にも「どんっ!!」、30cm。

え~っ、とか言ってるとおやっさんにも「どんっ!!」30cm、完全に時合いのようです。

そこから1時間に満たない時間帯でフィーバー開始。

予想外の大きさで、ハリス切れを三人で8回くらい繰り返すも、とととんっ!!と釣果はあがりまして、その時間帯の「クロ」は全部30cmクラスの型ぞろい、すばらしい!!

そんなこんなで時合いが終了すると、アタリがぽつぽつと散発するのみ、乗っても手のひらサイズの「クロ」。

本当はこの手のひらサイズが、この場所のアベレージだそうで、これを釣りに来たんですよね。

でも、デカイのが居るので、手のひらを越えないものはリリースする事し、4時間ばかしでクーラーは満杯。
091123_1020~0002

で、何匹つれたのか数える事に。
091123_1023~0001

30クラス「クロ」が9匹、手のひら越えが3匹、相変らず必ず一匹は外道を釣る相方のボラ1。

このほかにも、餌採りカワハギ1、フグ1、手のひらサイズ「クロ」5など結構釣れました。

んで、おやっさんの仕込み部屋で持ち帰り分を捌いてもらう。
091123_1134~0001

いつものまな板が小さいぜ!!とおやっさんは歓喜してました。

で、家に帰り着きまして、そこから三枚におろしたり、煮付けたり、刺身にしてみたりと1時間奮闘。

これがその成果。
091123_1945~0001

「クロ」刺身、モミジおろしポン酢にて、「クロ」煮付け、ボラは寒ボラと言ってこの時期は旨いとの事、フライにしました。

どれもとても旨いです!!特にボラは衝撃ですね、専門に狙ってもいいかもしれない。

と、豪勢な夕食でした、まだ冷蔵冷凍に「クロ」が居ますので、もう少し旨い魚が食えます。

という感じの充実のフカセでした。

あ、磯に立つのでライフジャケットは付けましたよ、股下にホールドベルトもちゃんと付けました。

瀬戸内海と違い、日本海は潮がうねってますので、落ちたら大事なんでね。

てな感じの釣りでした、ちなみにワタクシの竿は「太刀魚セット」として売られていた「5000円台」のものでして、こんな竿でもフカセは楽しめますよ、たまには海も面白い。

んでは、発泡作業をしましょう。

でわまた!!

PageTop

たら・ちょっと行って来ます。

えー、雪の影響で帰れるかどうかワカリマセンが、島根へ帰ってこようと思います。

そうです、フカセがやりたいんです。

前回帰ったときは、相方にずっと竿を握らせていたので、基本的にフカセを楽しんでないんですよね。

そして、冬の魚のほうが日本海は旨いらしい、食ってみたいんですよ。

という事で、明日から行って来ます、帰宅は月曜日。

では良い三連休をお過ごし過ごしませ。

PageTop

たら・なんとか成功

テストに行って来ました。

結果から言うと、「日本的ジャークベイト」に仕上がりつつあります。

日本的というのは「ダート幅」が広い、滑るように左右に動く事をワタクシ的には指します。

でも、最近言われているような「アッパー系ダート」は出難いっぽい、かと言って左右に均一に動くもんでもなし、ふたむかし前(98年ぐらい?)のナチュラルパニックダートをうたったミノーみたいな感じになってます。

とりあえずこのまま仕上げる事に決定。

これを来年のシーズン中投げまくって、耐久性とかその前に釣果とかを調べます。

というか、冬でもミノーしか投げないので、いつもと変わらないですね。

で、今回のミノーは「横アイ」と「縦アイ」の物を作ってまして、どちらがいいのかなとテスト中なんです。

でもですね、結局「そのルアーをどうやって良い動きにするか?」をやっているので、両方共に自分的にいい動きが出るまで調整する訳で、どちらが良いとか決められません。

しいて言うなら、縦アイのほうが水深が稼ぎやすく、横合いのほうが左右への動きが良いとなり、結局状況によって使い分けすればイインジャナイカと思ったりするわけです。

なので、両方共に製作を続行することにしまして、後は他の人に使ってもらってどうかを知ればイインジャナイカと思う次第。

ま、とりあず、完成品を作りますわ。

ンなところでした、でわまた!!

PageTop

たら・乾燥室

ルアーの方は、日曜日にみっちりテスト予定なので、ルアー製作の周辺設備をいじってます。

今回はドブ漬け後や塗装後に乾燥させるための「乾燥室」。

実は2年ほど前から、乾燥小屋の代わりに「植物用温室」、いわゆるビニールハウスの小型物を購入して使用していたのですが、ちょっと使いづらい位置に設置してしまい死蔵品となってました。

という事で今回は場所移動を決行、日当たりは悪いんですけど、玄関を出てすぐ隣なので、朝の出勤時と就寝前のドブ漬け位置には最高だと思われます。

あと、ビニール自体も劣化していたので、近所のコーナンに行きビニールシートを探していると、同型の「植物温室」を発見。

そこになんと「替え用ビニール」が売ってあるじゃないか!!

本来こういったものは、店先に置かない、なぜなら本体ごと買い替えさせるほうが利益が出るから。

そこをなんと「替え用ビニール」も同時に置いてあるとは・・・・・・あっぱれです!!コーナン様!!

という事で、ビニール張替えと配置転換終了。
091114_1418~0001

後は本人がどれだけ作れるかに掛かってます、明日のテスト上手く行けばよいな~。

てな感じで、でわまた!!

PageTop

たら・そそくさと準備と最近の悩み事

土曜日。

土曜日といえば「魚を捌くデー」な訳で、朝から朝市に行く。

で、2匹ほど購入。
091114_1101~0001
サゴシとヤズ。

サゴシの胃袋から消化された小魚が大量に出てきて、「これはなんだろう?」と悩むものの、全く分からず。

しかし、この消化された魚のパール色を見て、塗装のヒントをちょっと掴んだかも。

両方三枚降ろし、あばら骨と皮を引き、全てフードプロセッサーにぶち込む。

今夜の晩飯は「つみれ鍋」なのだった、最近「かまぼこ」系の練り物を作りたくてしょうが無いんですよね、ナゼかは不明ですが。

後、つなぎ無しの「つみれ」のあの歯ごたえが、たまらんのんですよ、ブリブリしてますからね。

問題はそんな事をしていると、フードプロセッサーの良いヤツが欲しくなる事。

今現在のヤツは中古屋で買った小型のもので、つみれが粘ってくると馬力が極端におちる、そしてカッターの刃しか付いていなかったので、大根おろしができない。

鍋にはやっぱり大根おろしです!!そしてマイラー油、完璧です!!・・・その内ポン酢まで手を出しそうで怖いですが・・・・・。

さて、最近の悩み事それはこれなんです。
091114_1346~0001

「ブラックモンブラン」というアイスの当りバーなんですが、「90点あたり」と書いてある。

袋の説明書きには「90点あたり」で一本貰えるそうなんですが、いかんせん「90点」な訳で、コンビニの店員が分かるのかが問題。

実際、当てた本人は「一本タダ」とは思えませんでした、だって「90点」ですよ、「100点」じゃないんですよ。

「100点」当りなら、まだ誰もが「一本タダだ!!」と分かるんですけど「90点」だととても中途半端、分かりづらい。

これを引き換えに行って、店員が「?」となった時は説明をしないといけないと思うんですよね。

それを想像すると、これがなんか恥ずかしい。

どうしたもんかと考え中なんですよ、これが最近の悩み。(笑)

他にも悩みはありますが、直近の悩みでした、こんなことでも悩みます、どうでも良い事でしょうけどねぇ。

てな感じで、でわまた!!

PageTop

たら・爺になったもんだ

平日は大体朝5時過ぎに起きる、仕事なので仕方が無い。

なので釣りに行けない休日は、ゆっくり寝ていたいのだが何故か目が覚めてしまう・・・爺だな。

本日も目が覚める、2度寝はするものの寝が浅い、これが本当にモッタイナイ感じがする、深くゆっくり寝たいんだけどもね。

という事で、作業をしつつ昼寝をしてします、寝が足りないんですよね。

でも寝ると作業が止まる訳で、やはり夜に深くゆっくり寝たいな~と思います、誰か寝方を教えていただきたいです。

という事で、作業に戻ります。

でわまた!!

PageTop

たら・ちょっと安心

今まで作ってきたルアーの中で、狙った動きで仕上がったのは過去一回。

その時は、結構細かく調整をやったのでその動きのまま仕上がった。

しかし最近はこの細かくというヤツの方向性が違ったらしく、ものの見事に裏目にでる。

で、ここ最近落ち込んでいたんですけども、この細かく調整を前回上手く行った方法でやると、やはり上手く行く、手間だからと言って手を抜いた報いだったのだ。

そして、今まで経費がかさむからと手を出さなかった3フックのルアーを作り始める。

針が一本増えるだけで経費がかさむ、タダそれだけの理由だけれども、この一本が結構痛い。

だけれども、今現在使用しているルアーは「ラトリンログ」や「ロングA」などの3フックのもので、今更10cm以下のミノー使うとすれば、もうそれは自前の「キラキラミノー5.5cm」しか使わない。

という事でベイトで使える自前のミノーを製作することにしたのだった。

という事で、朝からテストへ。

今回も一時間の釣行、ゴミ拾いは無しにした、今日も予定がつめつめなのだ。

んで、ルアーは上記の通り良い調整具合、しかし補強を入れてどうなるかを見ないといけないので、予断は許さんなと。

今回の釣行で、ミノーの横の動きは深く潜るほど出にくいという事がはっきり分かった。

これは水に深く潜る事で、水の中のラインの面積(長さ)が増えて抵抗が増し、これを引っ張る為に必要な横に動く力が増える為だと思われる。

なので、深く潜るミノーで普通のジャークで動くようにするには「リップの面積を大きくして、受ける力を増し、その受けた力をスライドに転化する」というのが一つの方法で、もう一つは「ルアー自体の質量を大きくして、慣性の法則を強く出す」というのがもう一つでは無いかと思われる。

前者はニシネルアーワークスの「スライドダート」、後者はラパラの「スラッシュミノー」じゃないかと思われる。

どちらも凄いです。

で、このどちらでもないルアーは、水深が深くなればなるほど「縦ジャーク」を使用すれば横の動きが得られる、ロングビルミノーの捌き方でOKなのでは無いかと思われます。

そしてワタクシのミノーはこのどちらでもない状態なので、縦ジャークが必要か?なのだが、上記2つのうちのどちらかにしたいなと模索中。

あとはルアーのアイの径は、動きに重要な作用をもたらす、という事に気がつきました。(遅い?)

漠然と作ってましたが、前回の実験結果で明らかになりました。

実はかなり重要なんですよ、ビックリしました。

あ、鍋が噴いてるので、今回ここまで、今日の予定の中の一つで「朝市にいって魚を買い、捌く練習をする」というのがありまして、今回は「魚の水炊き」になりました。

はい、色々「ぎゅうぎゅう」です。

でわまた!!

PageTop

たら・収穫祭

はい、本日はルアーテストに行って見ました。

弥栄ダムは引き続き減水しています。

こんな時だからこそ、水中の地形を見学するチャンス、とばかりにウロウロする、とは言っても一時間だけだが・・・。

こんなのや、
091103_1104~0001

こんなのが見れる。
091103_1104~0002

そしてこんな時だからこその「収穫祭」・・・・・収穫するものは「ゴミ」なんですけどね。

今回は「ライン・ワーム・パッケージ」しか拾わないルールとして動く。

ワームが多いのは仕方が無いかなとは思う、それもルアーフィッシングの一部だから。

しかしそのワームに付いているラインの長いこと長いこと、1mざらですな、最大は3m近くある。

減水する前にボートで釣りをしていて、木に引っ掛かっていたグリフォンにも2mくらいのラインが付いていた。

これをパッと読むと、高い木に引っ掛かって切ったんだな、と思うかもしれない。

しかしワタクシは取れたわけで、しかも引っ掛かっていた場所というのが、竿で引っ掛けて取れる場所って努力しなさ過ぎでしょ。

ハードルアーって値段的に高くないのかね?疑問だ。

後は、「引っ掛かった時のラインの切り方を知らない人間」が多いのだろうなとも思う。

今の釣り雑誌はラインの結び方を教えてくれはしても、ラインの切り方は載ってませんものね。

というワタクシは海釣りを人から学んだ時に切り方を習いました。

「ラインと竿を一直線にして引っ張る」というやり方です。

これが一番良いやり方とは言い切れませんが、少なくともラインが途中で傷ついていなければ、それほど水中にラインが残る事が無かったです。

こういった事を雑誌は記事として載せるべきではないでしょうか?

少なくともこれは釣りの中で必須のテクニックだと思うのですけどね、ワタクシ的には。

それとそのダムその湖で、トーナメントをするのであれば、ゴミ拾いをするのは当然だと思います。

さらに、「プロ」と名の付く人々、「プロ」を目指す人々は、必須科目だと思うのですがどうでしょう。

釣りをさせてもらっていると言う気持ちを持っていただきたい。

遊びはルールを守る事によって、面白さが出る。

何でもありだと、あまり面白くは無いと思うんですよね、最低限のルール、これを自分に貸す事によってより遊びを面白がる、これがより深く遊ぶ為のメンタルな所ではないでしょうか?

そのルールの中に、「ゴミを拾う」これを入れていただければ、ありがたく思います。

という事で、「収穫物」。
091103_1232~0001

堅苦しい話になりましたが、こんな事を考えながら「収穫」してました。

テストは順調です、ゆっくりとですが色々と分かってきました、ルアー作りは辛いですけど面白いです。

そしてこれが到着。
091103_1916~0001

シリコーンとレジンキャストクリア。

資料作成と100金でのルアー物資の買い付け、そしてこれで今月のおこづかいの三分の二が消えたことが発覚!!

もう少し考えてから購入するのだった・・・・・かなりピーーーーーーーーーーーーーーーーーンチ!!

秘密口座も残高が尽きかけているし、どうしたもんだか・・・。

ま、これもルアー作りの面白さでしょうな、「ツラオモシロイ」。

んでわまた!!

PageTop

たら・いそがしく

朝から、カレーを作りつつエビ団子、ロールキャベツ、鯛めし、マスタード煮などなど作ってました。

その間にルアーの材料で100金で買える物を購入。

さらにUSBメモリーを買って、今までの画像データを移し変え、コンビニにてカラープリントをして資料を作成。

で今現在は、発泡が硬化するのを待っている状態。

これで休みが終わるのか・・・・・・・・・3連休クレよ!!時間がたりねーよ!!

寝たいという欲望もあるのだが、寝ると全ての事柄が進まないからね~、寝れない。

ドタバタしてます。

でわまた!!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。