廣島のオジキ・ローカルルアーへの道

ワタクシ「廣島のオジキ」が作るハンドメイドルアーはローカルルアーに成れるのか?と、その他もろもろのお話を「たらたら」と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たら・久方ぶりの塗装

とりあえず、作っていたルアーは違う方向にもって行く事にする事を考え付く。

このルアーは、「ミノー」として作っていましたが、本来こんな考え方をするべきではなかった。

用は「釣れるルアー」を作るのであって、細かくカテゴライズするのは完成した後で良かったのだ。

そしてこのルアーは、「ミノー」として作るより「シャッド」として作った方が良いと思いました。

こうして書くと、相反している発言ですが、大まかな説明をするための用語の引用であって、最終的に「クランクベイト」にカテゴライズされる物になるかもしれないという事。

「いい動きをして魚が釣れるルアー」

これをカテゴリーで発表する時何というかと言うのは、後でいいのだ。

といった感じで、また一つ枷が外れました、たぶんですけどね。

で、今週末に大阪に行きまして、仲間内での会合と相成りました。

その中のお一方に、作っているルアーを使ってみたいと言われまして、本日塗装をしなければとなりました。

100131_1616~0001

とりあえずのささっと塗装、写りが悪くてスイマセン。

こり始めると切が無いので、あっさり・・・とか言いながら2時間やってました。

しかしながらこのルアー、今更ながらですが「ジャーク」や「トゥィッチ」なんかに向いていない。

今までえらそうに色々散々書いてきましたが、どうやら「ただ巻き」が一番良いようです、今更ながらですが・・・・・。

とりあえず、ただ巻きでお願いしとこう・・・・。

で、昨日の貫通した傷ですが、本日はこんな感じです。

100131_1616~0002

切り裂くより直りが早いですな・・・・・だめだぁ眠い。

ちょっと寝てきます。

でわまた!!

スポンサーサイト

PageTop

たら・お魚の気持ち

100130_1158~0001

はい、上記の画像は「フック」ですね・・・・のばされ折られしてます。

本日は「釣られたんです」よっ!!ワタクシっ!!

えっ!!何を釣ったか分からない?嘘でしょ、もう分かってるでしょ、あなた人がお悪いですよ。

はい、本日の釣果は「ワタクシの右手親指」・・・・。(涙)

ことはルアーのリップをもうちょっと曲げようとした時に起こりました。

「ぐっ!!」とやったら「ばるん!!」と弾かれ取れまして、気が付けばザックリ・・・。

そして「カエシ」は「ずっぷり」「ざっくり」でして、フック先端からベンド(曲がっているところ)までキッチリ入ってます。

人生で2度目の事態、1回目も今回の2回目も意識的には冷静、しかし手は震えている。

一回目は「貫通」させて釣り続行でしたが、今回はかなり深いぞ・・・・・。

これは病院か?などと悩みつつ、とりあえずフックをルアーから外します、震えていてスンナリ行きません。

で、車にとりあえず戻って・・・・と戻る道中にあれこれ考えめぐって行きます。

「病院は切って出すので傷口がでかくなるらしい」

「病院っても土曜日だし、何処に行く?」

「というより金が掛かるのがイヤだな~」

と考えて歩きますが、考える事による現実逃避も含まれていたりします。

んで、車の中でじっと指を見る。

どうやらもう少しで「貫通」出来そうだ・・・・やるか・・・・、上手く行けば傷口が小さくて仕事にも影響が出無いしな~。

という事で「貫通」を試してみる事にする。

しかし仕事で指の皮が厚くなっているらしく(仕事=料理・なので傷は大きくない方が良い)なかなか針先すら出ない。

格闘10分ぐらいでようやく針先とコンニチワする事に成功、あとはバーブまで抜き上げれば・・・・・が抜けないんですねぇ。

ここからさらに20分強格闘、この間今月の[Basser]で成田プロが「フックが貫通する為の力は約600g」というのがチラチラ・チラチラする。

挙句刺さった時から今までの時間経過を考えると「筋肉の硬直」が始まっていてもおかしくない、なのでさらに抜け難い、これは病院か?なども考える。

とっ「ぬぷっ」とバーブが露出、一安心する。

そんで、バーブより頭を切り落とし、針を「くっ」と引くとあっさり取れまして、無事抜く事に成功いたしました。

100130_1158~0002

これが抜いた直後の画像、かなり格闘しました。

その後すぐ血は止まり、このまま帰宅、針が入ったトコロが痛みますが、切って出す事を考えると「軽症」で済んだんでは無いかと思います。

といった、本日グロいお話でした。

ペンチで針が切れない(折れない)のが辛かった、これで製品としての強さは身に沁みて分かりました。

ついでに「お魚の気持ちも」たぶんね・・・・?

んでわまた!!


PageTop

たら・最後のテストかな?

今現在作っているルアーのテストに行ってきました。

これ以降弄り回すこともないんじゃないかと思われます。

これで完成と言う事ではなく、次の型のルアーに移行する為の選択。

んですが、やっぱりまだイジリタイと思わせてくれるので困ったもんだなと・・・・。

来週もとりあえずやるか?

といった感じで終了。

で、今現在「弥栄ダム」は減水状態が進行中で、一つ気をつけないといけない事がある。

それは「落石」。

減水傾向なので、モチロン足場となる場所は深くなる。

深くなるということは、背中に崖を背負う事になる、例えばこんな感じの所みたいに。

100117_1207~0002

ここで落石なんてのは、起こるなとは思うでしょうが、頻度が違うのです。

1時間の間に約10回ちょっと、オーバーではなく本当なんです。

原因は「気温の変化」。

この崖、満水時にはモチロン水の中、よって土中に水分がかなり含まれています。

これが「最低気温」によって固まり「霜」となります。

この「霜」が「崖の石」を持ち上げるんですよ、どうやら。

そして「気温が上昇」して行くと、「霜」が溶けます、そう「崖の石」の土台が崩れるのです。

その現象が起こることで、「落石」が発生しています、たぶんこの想像はアタリだと思います。

そして恐ろしい事に、最初に「日が当たる」場所となるのは「崖の上」・・・。

本当に上の方から、がらがら・がらがらと落ちてきます、結構怖いです。

なので本日は早めに終了しました、まあルアーの動きも良くなかったのでね。

本当に今の「弥栄ダム」は結構危ないので、無理はしないでね。

後はですね、廉価版の20ポンドラインのお話。

今まで「ブッシュマスター」を使っていたんですが、今回廉価版のラインに交換しました。

感覚的に上記の物より「やわらかく」「細い」感じがします。

これは24ポンドでもよかったかなと思っとります、とりあえず1匹釣らないと後はワカリマセン。

ンナ状態。

今は新型の図面?を書いてます。

カクカクしく書くと「メガバス」丸々しく書くと「ラッキークラフト」になっていますな、いや才能がないな~と再認識、努力中です。

本日んなもんでした、でわまた!!

PageTop

たら・やりなおす

「人生を」ではなく「今作っているミノー」をである。

昨日、大阪のはなさんと電話で話している時に、やはり個人ビルダーは「特化した物を作っている方が面白い」的な話になり、やはりそうだよね~と返してました。

なんでもかんでも出来るより「自分不器用ですから」の方がスパッとしていて気持ちがいいじゃない・・・・なんか違うか?

とまあ、平均モデルなルアー(昨今のレベルはさらに高く上がってますが)は大手のメーカーに任せて、もっと逝っちゃってる感漂う物を作らないかと、脳内で誰かが囁く。

「ゴーストの囁き」らないいけども、「勘違いしたバカヤロー」の気配もプンプンする、でも得てしてそんな物なのかもしれない、「特化」した物を作れる人間って・・・。

という事で、前回書いていた「試したいけど型を削るのが億劫」な物を形にする事にしました。

んで、とりあえず今作っている物はここまでで終了。

ここで作り学んだ事は、次に生きるので無駄ではないのですが、ないのですが・・・やはりカタチにしたかったなとも思う。

だってここまで結構頑張ったんだもの。

とりあえず、明日この型で試したかったことを試しに行く為、型を温めております。(約2時間まち)

その間にこれを書いたり、新型の図を描いたりしている土曜日です。

作業し始めると目が覚めるんだよなぁ~、しかし起動するまでが大変ダラダラしている。

といった感じ、夜ご飯は「ドリア」で、付け合せは無しの方向で行こうかと思ってます。

んでわまた!!

PageTop

たら・ぼんやりしたりハッキリしたり

昨日とおととといぐらいに、大阪の方々と久方ぶりに電話で話す。

メンタル的に落ち込んでいるワタクシにとっては、気分転換で良い感じでした、ありがとうございます。

色々忙しいのかナンなのかは不明ですが、気分がどよ~んとしていて最近良くない。

たぶん寝不足気味なのが良くないんだろうなと思われます。

んでも、今日は朝から元気、さあ行こうじゃないか「病院」へ・・・・、本末転倒だな・・・。

やはり鼻が通らないんですよ、で、夜ねにくい、息苦しい。

という事で「耳鼻科」に逆戻りです、金欠ですがカラダにはかえられないですからねぇ~。

その後は「魚市」へ・・・って今週も不漁だそうで、開催されず、残念。

んで、金欠の為また「釣具」を売ることにする。

今回はスピニングの竿一本とルアーちょろっと・・・・。

もう釣竿の割合が8対2ぐらいでベイトタックルばっかりだわ、昔のワタクシからは信じられないです。

でも、ワームを使う竿って、結構汎用性があるので本数は増えないですよね、基本ナンにでも使えるし。

しかしハードベイトだと使えることは使えるけども、やはりアッチのテーパーの方が・・・とか、リールの巻き心地が・・・とかあるようで、変に増える傾向にある気がする。

これは対象魚によって多いに違うだろうなとは思います、海だとスピニングを使用する事のほうが多いですからね、バスだとこうなるんじゃないかと言うワタクシ的な感じ方ですので・・・。

といった感じで、コタツから抜け出せません、頭がぼーっとしてますし。

そんな中一瞬マトモに戻ったのが、TV番組でみた「クレーム」を扱った特番のようなやつ。

居酒屋のクレームで「商品提供時間が遅い」というので、会社の管理職が怒っているシーン。

言いたい事は分かるのだが、込み合ってくるとどうしようもないのも現実。

その場合、お客の方が先に「まだこないですか?」と促してあげるのもまた必要な事なんですよ。

「金を払っているから」とか「お客だから」とかそんな考えが、「どか~んっ」と通る物だと思うお客もまた間違っている気が多々します。

お金を払って食べに来ている、それに対して店側が誠意を見せるのは当たり前だとして、その一定基準の誠意を超えて「奴隷感覚」的な物を求めていませんか?というのが気になる。

昨今のサービス業のサービス合戦は、行き過ぎている気がする、特に飲食店は・・・。

他社に勝つためには分かるし、お客様に喜んで貰いたいというのも分かる。

しかし、そのサービスって「お客様を甘やかして」いませんか?「ダメ人間」を作っていませんか?と思う。

やっぱり勝つため喜んでいただくために、ある程度「過剰なサービス」は必要かもしれない。

でも、そんな「甘やかしたサービス」がそのお客様の「一般的な感覚」を狂わせる物であってはいけないと思う。

例えば、お店に行って「しょうゆ」を使いました、これを戻す、これすら出来ない人間を作ってはいけないと思う。

すこしテーブルにご飯がこぼれました、ナプキンでふき取りました、これが出来ない人間を作ってはいけないと思う。

いま少し、本当の「サービス」ってなに?を考えてもいい時期では無いかと思う。

偉そうに書きましたが、私の個人的なサービスは「人間を育てるサービスでありたい」と思っています、今現在の場所ではこの力を発揮する事は出来そうに無いですけれども・・・。

あと店側の店員の質も年々下がってきている。

これは根本的に「人間性のレベルが下がっている」のが原因です、断言します。

昔はある程度子供の頃から、ある一定のルールという物を刷り込まれてきました。

いわゆる「普通はこうですよ」的な物を・・・・。

しかし、ここ最近はこのルールの基準が甘くなってきている気がする。

これは大元をたどれば「社会不安」が原因でしょう。

人間が子供から大人になるに過程においても、下につく後輩や年下の人間に対して「苦言」を言ったり、行動で見せたりする事が出来なくなった感がある。

これは社会的に「個人主義」が横行しているからだろうなと思います。

「自分さえ生き残れればいい」「生き残りたい」

そう考えた時、他人の目など気にする余裕も無く、気も無い。

他人より自分が・・・・と考えるのはこれはもう普通です生存本能です、しかしこれが顕著に現れすぎているんだなと思います。

という事は、やはり「社会的に不安定だから」となってしまいます。

税金を上手く分配、運営するために存在する「政治家」。

昔は運営や分配に対しての知識が豊富な「先生」がこれに付いていた気がしますが、昨今は政治家になれば「先生」なんですよね。

・・・・・本当に「先生」と呼ばれる価値がある人間なのか?と最近はよく疑っています。

すんごい話がそれましたが、この居酒屋チェーン店、決起集会的な物がありまして、もう乗りは体育会系で社長も認めてらっしゃりますが、私には宗教臭さも感じます。

「会社のため(お客様のため)に頑張ろう」これが純粋すぎると、と言うか行き過ぎると「洗脳宗教」的に感じてしまい嗚咽が出てきます、生理的にダメなんだろうなと思います。

なので、この時点でこの会社には入りたくないなと感じた次第。

文面脈絡も無くごめん、以上終了。

でわまた!!








PageTop

たら・変えてしまいたいぃぃ・・・・

ルアーを作っていくうちに色々なアイデアが生まれる。

で、現在作っているルアーに試して見るのだが、今回のはちょっと躊躇している。

ワタクシのルアー、昔のハンドメイドの様に「作りを見たら誰々が作っている」と分かるような作りにしようと思っていまして、ある特徴を付けてある。

それはルアーが「口を開けている」状態である事。

ここにリップを差し込めば、強度的にもアップするしなと考えての事でした。

がしかし、前にも書きましてがリップを取り付けるときの精度がイマイチなんですよね。

作業的にもキツイ部分もある。

で、これを止めて違う方法を使おうかと思ってたりする。

しかし今のルアーはこのままで行きたいな~、でも違う方法も試したいと言うか、こっちの方がラクだよな~、などと思う。

しかしそれをやるとなると、本体型から作り直さないといけない・・・・メンドイ。

そんな事を言ってはいけないのでしょうけど、はっきり言ってメンドイ。

と言うか、このカタチのヤツを仕上げてから、次に行った方が気持ち的に整理が付く・・・・のか?

とりあえず葛藤中。

んでわまた!!

PageTop

たら・死屍累々

100117_1922~0001

気が付けば、試作ルアーで「死屍累々」。

そして「発泡素材」も、もはや風前の灯火。

さらに財布の中はガス欠寸前。

そんな中、テストに使っているリールのラインが少なくて、テストに使えない・・・・。

Mの竿は巻き換えたばかりなので、良いのですがMLの竿のラインは五割を切っている感じ。

本日は現場でリールを付け替えて対応したけれども、これから先を考えるととても面倒。

という事で、「リーズナブルな」ラインを探しに行く事に・・・・。

いろいろ行った先の一軒で「浜強力」が840円で出ているのを発見、しかしカラーが「イエロー」。

「接近戦」仕様との事で、見易いカラーなのだそうです。

しかし、巻物をしたときにこのカラーって水の中で同なんだろうと考える。

自分の「釣り」のスタイルを考えると、表層からそんなに深くない所ばかりを狙っている。

という事は魚はルアーを下から見ることが多いのではないかと、という事はラインも下から上を見ていると・・・。

で、考えた。

下から上なら「クリアー」か「ブルー」なのでは無いかと、「クリアー」は光を乱反射すると聞いたりしますがどうなんでしょうか?

と、フトみるとさらに廉価版のラインを発見。

カラーラインナップに「ブルー」がある、そしてメーカーは「ダイワ」。

他にも同じ値段のラインもあったのだが、「メーカー名」と「並行巻き」にやられる。

日本人ってそんな物なんだなと、自分自身で実感する。

んで、巻き換えます、たのむぜ「ダイワ・ジャストロン」、ワタシにとって良いラインであってください。

100117_1723~0001

「500m」巻きなので使い出はある。

さて、どんなもんかは次回釣行ですな、「ブルー」のカラーはバラしてみると「水色」っぽかったので、予想道理な感じの良い色です。

後は、残りの発泡素材で「OK」サインが出るもの出来ればな~、財政難なんでねぇ。

でも、出来るトコまでやりますワン。

でわまた!!

PageTop

たら・混迷を深める

100117_1207~0001

はい、テストして来ました。

動きは・・・・さらに混迷を深めてまいりました。

いや、市販のルアーを見ると自分のルアーが良い動きではない気が多々してくる。

んん~、ウエイト位置をさらに変えて、さらに骨組みの軽量化とウエイトも軽くしてみるか?

とまあ、完成が何時になる事やら・・・・となってきました。

で、もって行った市販ルアーの中で「ロングAプロ」、名称が違うかもしれませんがこれがまた良い動きをするんですよ。

竿はMよりMLの方が良い感じの動きが出てる感じがする。

んで、タックルの事です。

最近「ジャーク」が下手になってきたな~、もっと練習をしないとな~とか思ってましたが、実はそんなに腕は落ちていなかったことが判明。

下手になった原因は「ラインキャパ」。

昨日ラインを巻き換えて、8割ほどスプールが埋まった状態で今回行ったのですが、これで解決しました。

前回の「ラインキャパ」の状態は、5割を切った状態だったんです。

という事は、リールを一回巻いた時の巻き量が違う訳で、その分ラインの張り方も違いが出ます。

そして一回のロッドアクションに対して、ルアーに掛かる力の掛かり方が違います。

そう、「動きにキレが無くなる」ということです。

恐ろしいですね~、こんな事で動きに影響が出るとは・・・・・。

まだまだ勉強が足りませんですな。

といった感じで反省点多々ありの釣行でした。

PageTop

たら・やはり・・・・

昨日あれから風呂に入りまして、テスト品のちょっとしたスイムテストを行いました。

で、一つシンキングになっている事が発覚!!今から作り直す事も出来ないので、土曜日のテスト釣行は中止。

この原因は「型の温度」と「溶剤の温度」、そしてもっと問題だと思われるのは「型を挟み込むときの隙間の間隔」。

型を挟み込む時に0.5mmほど強めに締めたんですよ、この時。

そして発泡後、それは顕著にボディーに出まして、やはり少し細身にあがりました。

そして「発泡温度」。

このシンキングになってしまったやつは、一番最初に発泡させたヤツでして、型の温度確認の時に少し温度が低かった。

なんせ金曜日は木曜日から冷え込んでましたから、その分温まりが遅かったんでしょう、そして「温庫」の温度も最大50℃まで行く所が45℃ぐらいまでしか上がらずでして、温度管理がどうにも難しい時があるもんだなと思いました。

んで、とりあえずリカバーのため、本日一つ作り直しました、こんどは成功。

そして「内科」の病院に行き「注射」を打ちました、注射は苦手だ。

これで良くなればいいのですが・・・・、その後爆睡。

で、今はラインを巻きなおして、テスト機の他にも市販のミノーも持って行って動きを見ようと物色中。

という感じで寝ます。

んでわまた!!

PageTop

たら・怒涛・・・でもないか・・・

日付が代わりましたが、ようやくテスト機完成、都合六機。

pm11:00までに終わらす予定が、この時間。

帰りの電車が遅れたのも理由としてあるが、家に帰ってからウダウダしたのがいかんかった。

でもまあ、とりあえず終わりました、これで明日テストへ・・・・行けるのか?

先週の土曜日、どうにも鼻水が止まらないので「耳鼻科」に行ったのだが、薬が効かない。

これはどうやら「内科」の領分の病気らしい・・・・いわゆる「風邪」ですな、言いたくなかったが・・・。

仕方が無いので明日の朝行ってから考えましょう。

んでわまた!!

PageTop

たら・製作開始

さて、昨日爆睡のため作業が出来ませんでしたので、本日よりテスト機製作を再開。

仕事中にウエイト配置パターンをテストの結果を元にある程度妄想で決め、メモを取る。(仕事中でも考えていますのよ、やられてるでしょ、笑)

んで、6パターン出てきました。

これを次の土日までに、テスト機にする。

とりあえず金曜日までに6個分のレジンの骨組みを仕立てなければなりませんが、寒いのでレジンの固まりが遅い感じなのが嫌ですわ。

一日一個か2個のペースで生産となりそうです。

じわりじわりとやりますわ。

近況報告まで~、でわまた!!

PageTop

たら・体が寝ろと申します物で

朝早く「迷惑メール」に起こされる。

auに変えてから今まできたことが無かった為、初めての事態に戸惑う。、

挙句「購読ありがとうございます」だの付いているので、さらに混乱、ネット検索にて無視する事に決定。

そんなこんなで、寝不足、カラダが寝ろと言っている。

分かった、今日は寝ようじゃないか!!という事でちょくちょく寝ては起きるを繰り返す。

んで、今は晩飯を作っている訳です。

飯食った後は作業をして行こうと思っているのですが、気温がガクーンと下がってきてテンションが下がり始めています。

寒いのはもういいです、早く暖かくなってくださいな。

という一日、今日釣りに行ったら釣れたかもと思うのは釣り人の性なんだろうなぁ~。

でわまた!!

PageTop

たら・振り分ける

はい、今日はモチロンテスト釣行へ行きました。

5時間ほど、ブンブン竿を振ってルアーの選別をいたしました。

100110_1431~0001

こうして振り分けがおこなわれましたが、まだ「これだっ!!」とはならない。

だって魚の反応を見てないんだもの。

本日は本当に「魚が釣れる時期」にテストがしたいと切実に思いました、微妙に動きが違うのルアーでの評価はやはり魚に聞かないと分からないです。

その微妙な違いとは、「ダート」スピードだったりするのですよ。

遅い方が魚が追いかけやすいとは思うのですが、一概には言えないですねぇ、人間の感覚と違うだろうしねぇ。

そして、「ヨコアイ」と「タテアイ」はどちらがいいのか?も、魚次第だろうしね。

作る方としては「タテアイ」のほうがラク。

しかし動きの出方は「ヨコアイ」のほうが良い。

やはり魚次第なのかな~と思います。

そして、「タテアイ」の方のウエイト位置とウエイト量を変えたいと思ったりして、まだまだ先は遠いですな。

手早く作業をすれば、明日に間に合うだろ受けども、「レジン」の固まりが遅かったりすると間に合わんかなとも思ったり。

明日作業をして、来週の休みに照準を合わしたほうがよさげですな。

などと考える本日、実はもう眠たかったりする。

んでわまた!!

PageTop

たら・いそげオレ

明日の日曜日にはテストに行きたい。

が、ルアーが出来ていない。

今週は連休明けとは言え、仕事中なんかいつもよりカラダがだるい感がする。

水木はカラダの関節が痛い状態だったので風邪を引いて熱が出ていたらしい、という状態で作業進まず。

金曜日には回復、少し作業を進めるもののテストルアーの総数が12匹。

金曜の時点で3匹しか出来ていない。

で、土曜日、朝は病院に行き薬を貰う、車を洗う、髪を切る、テストルアー用のフックを買いに行く、と午前中は潰れる。

帰ってから作業を・・・・と思いつつ、少し仮眠が爆睡・・・・・pm8:00より作業を開始。

んで、今がam12:00、後2匹作らないといけない。

とりあえず発泡まではやって、後は朝やろう・・・・・んぁ、フックが足らないじゃないか・・・・。

こりゃ、釣具屋経由で弥栄だわ。

そんな怒涛?な展開、とりあえず風呂は入ります。

んでわまた!!

PageTop

たら・新年初テスト

100103_0914~0001

今日は少し暖かかったが、やはり寒いものは寒い、日陰は雪が残ってるもの。

んで、新規の型で作った物のテストをしました。

風呂場でのテストと実際の現場テストは全然違うのは分かっていましたが、風呂場での動きが良かったので期待していたのだが・・・・、だめじゃん!!

やはり、実際のロッドとラインの抵抗は風呂場でのテストなんか吹き飛ばしてしまいますなぁ・・・・。

という事で手を加えて良い方向に変りそうな部分の手直しをしております、しかしまた来週の土曜日まで待たないといけないんですよねぇ、現場に行くのは・・・。

まあ正月休み中に出来る事はやったと思うので、とりあえず悔いはなし・・・・だと思う。

しかしもうちょっと、手際よく出来たらよいなと思いますですハイ。

さて、本日「ラッキークラフト」さんの広報誌が来ましたが、「ベビーシャッドMkⅡ」が出るそうです。

このルアーのリップの付け方が、台座の上に合わしてリップを差し込むという方式でして、ワタクシも考えていたんですよね、この方法。

ただ、個人でシリコーンを使った方法でこれをやろうとしても、台座の精度がどうしても狂ってくるんですよね。

どうしたもんかと思っていたら、「ラッキークラフト」からこの方法が出まして、やはり会社として作ると精度が高い物が出来るんだなと工業力の違いを思い知りました。

思い知りましたが、ワタクシも同方法でどうにか良い物を作りたいと思うしだいでございます、ハイ。

そんな連休最終日でございました。

明日から仕事ですな、みなさま頑張りましょう!!

んでわまた!!

PageTop

たら・動きが違う!!

新型の「断面二等辺三角形」仕様のルアー。

先ほどの風呂場テストでの動きが、明らかに今までの動きと違うのですよ!!

基本の本体型と共に内部の骨組み構造も変更したのだが、これが奇跡的に良い方向に働いて良い動きになったみたい。

すばらしい!!

ただし、3フック仕様の真ん中のアイの位置がミスによって若干リアに移動してしまったために、フックの具合が宜しくない感じ。

という事で早速型を治す予定、まあ取り直しなんですがね。

という事は、内部の骨組みの削りだしも再度しなければいけないな~。

とりあえず、明日弥栄に行こう、そしてシリコーンを流しまする。

・・・・・連休も明日が最後か~、悔い無きようシッカリ休日しましょう!!

んでわまた!!

PageTop

たら・3日にはテストに行きたくて

昨日は「ガキ使スペシャル」を見ていた為に、作業せず。

しかし3日にはテストに行きたいので、本日中に内部骨組みの型取りを作りたい。

がしかし、昼前まで寝てしまい、遅めのスタート。

新しい本体型で型を作り、それを削っていきます。

今回は前回の骨組みに改良点を加えた挙句、ウエイトもすでに仕込んでみようとおもいましての作業。

改良したぶんだけ、ウエイトが増えたか減ったかは作ってみないと分からない、できるだけ同じになるようにはしたつもり。

という事で、0:00時にはシリコーンが固まったと思うので、反対側を流して就寝します。

んでわまた!!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。