廣島のオジキ・ローカルルアーへの道

ワタクシ「廣島のオジキ」が作るハンドメイドルアーはローカルルアーに成れるのか?と、その他もろもろのお話を「たらたら」と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たら・一か月ちょいまち

はい、ようやく一定の体調に戻りました。

まだだるいとか、集中力が出ないとか問題はあるものの、なんとか動いてます。

で、現状は「手術」待ちと言う事で、出来る事を少しづつやってます。

中学の時から「鼻」の調子がおかしかったのですが、おととし前から調子が特におかしくなってまいりまして病院通いをしてました。

1年間通って1回だけ調子が良くなった時がありまして、これを続けていけば・・・と本人は思ったのですが、医者が「とりあえず通院を止めて様子を」となり、そこから1週間もたずにまた元通りの結果に・・・。

で、また病院に行く訳ですが、医者の「また来たか」的な顔を見てしまったのでゲンナリ、そこからまた通っていたのですが、色々と薬が変わるのでなんか実験体の模様を呈してきた感があり(実際感想などを記入する紙貰ったり)、なんかいやになって通うのを止めました。

そして去年仕事を辞めたのを機に、違う病院に通い出し「手術」も視野に入れた治療を開始したのですが、これまた結果が出ない。

最初は薬で様子を見てと言われ、半年通いましたが症状が悪化、それでも「手術」した方が良いとか治療方針が出ないので、こちらから「手術」提案をするとすんなりOKと、こんなんだったら早く言えば良かったと後悔。

半年もかけなくても良かったんじゃないかと、まあ医者にも治療方針があるので仕方がないですが。

現状は「鼻」の奥に両穴とも「ポリープ」が出来てまして、これを病理名的に「鼻たけ」と言うらしいんですが、調子が悪くなるとこれが鼻の穴を塞ぐ、そして鼻にある「副鼻空」という鼻の上奥とほう骨したにある空間に鼻水などが溜まり出てこなくなり炎症を起こすと状態。

症状として「鼻で息が出来ないので口呼吸となり風邪を引きやすい」「風邪を引くと治りにくい」「副鼻空で炎症がおこると、ほう骨・その下の歯茎・目の周りと目の奥の痛みと頭痛」そしてなにより「眠りが浅い」とまあ、最悪な訳です。

特に痛みはじくじく痛むので辛い、というか全てが辛いんですよ、これで鬱病になる人間は絶対いると思えるほど気分が絶望的になります。

実際自分がそうなりかけただけに、おそろしいですよ、ホント。

今現在も夜寝にくく、昼に眠気が差してくるので寝てしまうと夜寝れず、かといって寝なかったらボーっとして集中力が出ないので何かをやろうと思っても出来ないといったテイタラク。

最悪です。

そして一月から今日までの間、嗅覚と味覚が無くなり、食べることすら動作になっているのが辛い。

もうね、何食べても味がしないんだったら、何食べても同じなんだもの、粘土喰ったって良いんじゃない?とか追い込まれてしまいます。

今は少し感覚が戻ってきてますが、今までどのくらい味と言う物を感知出来ていたかが良く分からん、なのでこれがいつも通りなのかも不明です。

あとはね、「ふらつく」、感覚がふわっとしたりするので、車の運転も時に危ない気がする、車幅感覚とかが狂う、集中力の無さがあるのかもしれないですが。

とまあ、メンドクサインデスヨ、三月中に検査して四月頭に手術です、痛いらしいですが言ってられません。

というのが現状。

それでも体調は上向いていると信じているので、あいている時間に「フォークリフト免許」を取りに行ってきます。
再就職は飲食は最終手段にしたいと思ってますので・・・。

んでわまた!!

スポンサーサイト

PageTop

たら・今までかかわって来た飲食の現状

前の記事の時に書き忘れてたので書いとこうと思います。

今まで広島に帰ってから働いていた店はどうなったんだろうか?というのをこの間調べたので発表。

最初に入った餃子総菜屋、デパ地下だった訳ですが「潰れてました」。

あの後どうなったんだろうねぇ、残ったパートさん達も反店長派だったからねぇ、もめたんだろうなぁ、自業自得ですけどね。

続いて沖縄料理屋、ワタクシが辞めた後これまた次々と人が辞めて行きまでは確認しました。

潰れる予定でしたが、「ホットペッパー」が当たって存続、今現在もある見たい、しかし時給は800円台とワタクシが入った時は900円台だっただけに、実情に合わせた賃金となった様です。

もしかしたら、他の店舗の稼ぎで成り立っているのかも、ここの社長さんには雇用証明書を請求したのだが未だに来ませんねぇ、返信用封筒とかちゃんと作って書類記入のみで渡したんですけど・・・。

で、チェーン展開の丼屋、辞める前に比べて店舗の数が増えてます、チェーン店だからねぇ。

私が働いていた時は時給850円で、どんなに頑張っても上がらなかったのに、辞めた直後の人員募集時には1100円といきなりあがっていた、いや出せるんじゃんアホかと思いました。

今現在は立地なんかにも影響されますが800円台らしいです、広島だとこのぐらいだろうねぇ。

で、チェーン展開の定食屋、これもあります、合計2店舗に増えました。

実は今現在社員募集がかかっていて、応募しようかと思ってました。

オペレーションがしっかりしていて、休みもまま取れやすい・・・かな?だったんで。

しかし、前回の書き込みを見直すと、専務に「殴っていいかと思った」などと発言されたりしているのを思い出しました、結構上層部がおかしい。

なので最終手段かなと思ってます、現状は今は不明ですがネットなんかで見ると「商品を過剰に増やし過ぎて訳が分からない」との事で、実名で批判も出てました、プチブラックなのかもしれません。

こちらの系列店、お弁当もやっているのですが、一店舗潰れてます、立地が悪いんでしょうねぇ1年ぐらいで消滅、と言った感じ。

作り置きの弁当も販売していて、こちらはまたネットで非難ごうごう、弁当のとらえ方の違いでしょうが、弁当屋で作りたての温かい物を食べたいの、作り置きを出されて心が冷めて行くという現象が起きている様です。

から揚げ弁当の作り置きなんて、感動しないものねぇ。

そして中華料理屋、こちらはまだ存続中です。

広島にある系列店もまだある見たい、ここは基本的に近寄らないというより、用件が無いと行くような場所では無いので現状不明、あの訳のわからんAはまだ居るのかなぁ?

続いてチェーン展開のうどん屋。

広島一号店はすぐ潰れたらしいですが、私の居た店舗はまだあってそこそこ良い見たい。

ただ店長はどっか行ったらしい、パートさんに送り迎えをさせ、低血圧だから仕事に遅れ、自らが言っていた事をこなせない人だったなぁ、結構最低の人間だったなぁと思います。

最近もう一店舗作ったらしく、募集が掛ってました、この店長が移動していたら移動先でも一悶着あるでしょう、確信できます。

さてここからは社員で入った所ですね。

チェーン展開のラーメン屋、元々ラーメンではなくお好み焼き屋の募集で入ったのに、ラーメン屋に回されたパターンです。

まず、そのお好み焼き屋は1年で消滅。

その後セルフうどん屋をやりましたが半年で消滅。

素晴らしいじゃないですか!!本当にここの社長さんは自ら考えて起案した事がことごとくダメですねぇ、三回目ぐらいなのかな。

フランチャイズのラーメン屋の方はのれん分け的に西日本の方をやっている訳で、そちらは大本はご自身で作って無いからもってますと言った感じ。

しかしフランチャイズの利点を全く生かさない、その鶏眼には脱帽です。

私が入った時から社員内で「社長をどうにかしないと先がない」と話し合いが持たれていて、持った所でワンマンなので何も変わらず。

で、辞める方向で話し合いをするも、社長が辞めさせないという暴挙がまかり通る・・・とまあ変な会社です。

私が働いていた店舗は儲かって無さそう、駐車場に車が一台もない事の方が多いし。

しかしまだ「新規事業を立ち上げます、人員募集」と大きな会社の飲食部門で、自らの社名があるにもかかわらず、その大きな会社の名前で募集を掛けている所を見ると、やっぱり自らの社名じゃこないのねと思う次第。

そしてまた失敗するんだろうなと確信しますね。

そして社員食堂。

社食なんで潰れません、情報は無いですがあの料理長を長く付き合える人材はいないんじゃないかと思います。

私の後に入ったオッサンも問題ありまくりの人間に見えたので、ガタガタだろうなぁ。

でも異端同士、結構気があったりして・・・・・なんて思いますが、一回だけ書類を貰うために電話をした時の雰囲気は最悪でしたので、揉めてそうです。

そして無かった事になっている個人ラーメン屋。

ラーメン以外にモツ鍋を始めたそうです、もう終わってる感が出てます。

当初やる予定だった「つけ麺」はやらないみたい、暖簾の白抜きの「つけ麺」という文字を黒マジックで塗りつぶしているらしい。

手伝いに来ていた、他で飲食をやっている社長さんも「手を引きました」と言ってました、ま、オーナーが好きにやりたいようにすればいいんです、儲からなくてもそれはオーナー判断だから。

と言った感じですねぇ、一番笑えるのはやっぱり某チェーン店ラーメン屋の「社長自ら企画設立した事業は必ず失敗する(今現在まで)」というのですね、ランチェスターの法則とか小難しい事を言うくせに、実際それを仕事に落とし込む事が出来ないんだから意味無いって。

と言った所、上記の新規事業が気になるわ。

でわまた!!

PageTop

たら・何年ぶりですかねぇ

いや、無理してテストに行きました影響がでました。

土曜の夜、体のあちこちが痛い&凄い寒気、完璧な風邪をひきました。

沖縄料理屋いらいの高熱を発しているらしく、「おおぅ、久しぶりの感覚だ」と思いつつ、眠れない夜を過ごしましたよ。

日曜日は布団から出ても寒さを感じないぐらいの熱っぽさ、寒気は無いですが体が痛い。

夜になると39度台に熱が復活、時間間隔とか自分の状態とかが分からなくなる。

で、今現在は朝の気温が寒く感じ、36度台に戻って来たんでほぼ治りつつある様です。

もう何年もここまでの風邪を引いてなかったので、結構しんどかったですが、今後またしんどくなる事柄が待ちうけているので、お試し的に勉強になった感があります。

体が動かないとどうしようもないものねぇ、早く負担のかからない体になりたいもんだ。

んでわまた!!

PageTop

たら・ようやく納得・ようやく理解

やっ、ど~も!!オジキです。

元気そうな書きだしですが、「すこぶる体調不良」です。

さてそんな中、体調の良さげな日を見計らってルアーを作っている訳ですが、どうしても投げて見たくなって強行テストへ。

今まで問題になっていた、キャスト時「くるくる回る」を克服出来たかどうかを見に行きました。

で、見事克服。

フロントに全体ウエイトの90%を乗せているのにもかかわらず、綺麗に飛んで行きました。

そこで分かった事は、リップがルアーの幅より大きな物は、より垂直に近い感じに取り付けないと回ってしまうと言う事。

重心移動があればまた結果は違うかもしれないですが、固定重心だとワタクシ的に回るとの見解がでました。

これで、今後のルアーの製作にまた法則が出来た訳で、設計が楽になって来たよホント。

後は、どんな物を作るか。

今回の物は「エバーグリーン」さんの「ゴールドディガー」(合ってる?)の様な風貌で、岩盤から急速潜行、2mぐらいで潜行限界がきて水平に引ける・・・・と考えている奴。

パクリじゃんと言われても、出る前からアイデアは合ったとか書くとめんどくさいので、アイテル隙間を狙いましたと書いておきます。

こんな事なら「ハンクル」さんの「ハンクル3と4」とかを買っておくんだった、弥栄のドン深には必要だわ。

で、話変わってテストに行くのはもっぱら最上流なんですが、今回大きな岩の崩落があって水辺への道が塞がれてました。

そこを超えないと投げれない状態だったので行きましたが、ワタクシはもう行きません。

その崩落現場の上を見るとまだ崩落しそうな岩が引っかかってまして、寒暖差で岩の隙間に入った水が凍って膨張、昼に解けて崩落しそうなんです、膨張時に落ちるとも思われますが・・・。

ここの所の雪交じりの雨は結構な勢いで山から崖へと落ちてますが、より薄く広く滑り落ちている見えない水があるに違いない。

よって、危ないから行かない方が良いです、というか満水まで待った方が良い。

こんな事で死ぬのは「バカ」と言われかねませんからね。

今の弥栄は上に注意です。

でわまた!!

PageTop

たら・飲食店以前の問題

さて、書いときましょうか。

「今までの飲食仕事の問題点」を読み返しましたが、この人凄い所ばっかり入っているなぁと感心しました。

・・・・・自分ですが。

さて、読み直した所、前回の個人店ラーメン屋に係わっての立ち上げの問題点はあらかた書いているので、その他を書いておきます。

まず店舗ですが、衛生管理的に問題があります。

ここのオーナーは何かと店舗の窓を網戸にしたがるんですが、隣が砂地。

で、店内の換気扇が回ると砂埃が入って来て、目に見えて丼に積ります。

そして店舗と犬小屋が直通なので、犬には悪いんですが獣臭さと体毛が気になる訳です。(何か暖簾を付けるとか言っていたが、辞める時には付いていなかった&話題に上らない状態だった)

そして客席に付けた換気扇が、外の風に負けてこれまた店内を砂色に染め上げます、店内が黒一色なので目立つ事。

次に店舗設営ですが、「女性が気軽に入れる店」というテーマにもかかわらず、外も店内も真っ黒、一見●○●の事務所にも見えます。

まず入る事を躊躇する事請け合いの風貌です。

そして店内、これを書くと店舗特定されるでしょうが「ガラスのテーブル」です。

前に書きました「砂」乗っている時点で拭きとるとキズが付きます、その前にトレーで配ぜんするにしても、厨房内に「砂」が入っているのでキズは付くと思います。

これを心配しながら仕事するのって「無理」、繁盛店にはならない&なりにくい(キズを気にしなくなっても)、店の作りが華奢なんです。

そしてラーメン丼を「重ねない」との方針も無理、狭い厨房に平たく並べてどうしたいんだか・・・。

これは結局「丼の重ねる部分に薄いウレタン紙を挟む」と言う事になりましたが、洗った食器を完全乾燥できない状態で重ねて行くと多分「カビ」が発生します。

料理知識の欠如も心配な所です。

昔ラーメン屋をやっていたとの事で、習うつもりでしたが、結局市販の「業務用」に頼る事に。

まあ頼っても良いのですが、この頼り方が「言ってる事とやっている事の違いが出過ぎる」頼り方でして、「化学調味料を使わずにこの味が出せた」と言っている味が、家で出来るレベル。

そして、ワタクシ的に言うと「失敗」な味、これは人それぞれですけどね。

ちなみにラーメンのしょうゆだれなどは市販品なので、しっかり「化学調味料」は入っています、これ常識。

そんな科学調味料が・・・・とか言っている状態で、昔うまかった店の餃子のレシピを貰ったと渡され、作って見ると「化学調味」が味の決め手だったり・・・・、とまあ言ってる事とやっている事が違うのよね。

んでまあ、オープンする前に逃げた訳だ。

でもね理由はそれだけではなく、高校時にアルバイトしていた店で話題に上ってたんですよ、こちらのオーナー。

「あいつにだけは近ずくな!!とても悪い人間なんだ!!」

とね、働き始めてフト思いだしたんです、でもまあ教えてもらえて、お金が出ればと思っていたのであまり考えなかった。

でも実際、こちらの方自身が語りだす「自慢話」は一般的に「悪」以外の何物でもない。

そしてこちらの店舗を貸し出しているオーナーの方も「あの人にはお金を踏み倒されてる」と語られました。

そう言った一連の行為が、周りに対してどの様な影響を与えているか、表向きはそうでも裏では違うんだとは言いきれそうにないんだもの、そりゃ周りには友達なんて出来ないだろうねぇ。

で、後はこの方の性格は「自分大好き」で「口は上手い」これは天才的にかな?素直にそう思います。

でも言った事は本人は忘れているぐらいの軽薄な所もありで、情報としては価値がない。

さて、この文章が私にどんな影響を与えるかは不明だが、何か影響があった場合は書くか消されるか、自分自身が書きこめなくなるかとかと思います、昔無茶をしていた人間は開き直りでキレる怖いからねぇ。

と言った感じ、「悪」の行為は書くと本当に影響が出るだろうから自嘲、いつか書いたとしたらその内容に対しての印象はみんな「そりゃ悪いわ」だと思います。

んでわまた!!



PageTop

たら・「待ち」しっぱい!!

実はFショーに行けなかったのは「お金」が無い、だけではなく、某会社の面接もあったので行けませんでした。

で、前回の「待ち」表現は面接結果で、これで決まるんだと思ってましたら「第二次面接」なる物をすると言われて先週の土曜日に行ってきてまた「待ち」。

そして本日「ざんねんですが」と電話を頂きまして、あえなく「失敗」となりました。

まあ敗因は分かってるんです、第二次面接の時に失敗しただろうなと思ってましたから。

敗退の原因、それは「アピール」しすぎた事、これに尽きます。

この会社、新規事業的な部署の立ち上げと聞いて応募しまして、色々と新事業を展開するにあたっての提案を多々しました。

自分なりに考えての提案だったんですが、即使えて、微調整も利く様にして行ったんですけど、面接する方々の方が新規事業をどうもって行って、どうやったら利益になるかを、ワタクシよりイメージとして把握して無い感じ。

そこへ具体案を投げ込んで「どうですか!!」とやってしまったから、困惑顔でした。

「こう言った感じの仕事になるのでしょうか?」と問うと。

それを細かく言っている様な無い様な話で、結局そうですなな結論???

やる事は単純明快で、無駄を省いてのつもりで問うたのですが、小難しく帰って来てしまってガッカリ。

そんな感じなので、「他に質問はありますか?」と言われても「仕事に付いて見ないと疑問点も分からないです」と答えるしかなく、なんか「終わったな・・・」という実感と共に帰宅となりました(考えてきた提案ももったいないので、帰る直前まで吐いて来ました、いらんことしいですが・・・)。

もしこれで採用となって居れば「心の広い会社」だなぁとなったと思うのですが、今は「やっぱり、面接時にこういった感じになった所は受からないなぁ(なじまないとも言う)」と思う訳です。

自分主観の話なので話し半分としても、自分的な感覚ってやっぱり当るわと再度確認した次第。

と言った事で、返事が来るまでの間考えていた事にシフトします。

と言った感じ、で前回のラーメン店の話をチョロット書いていこうと思います。

この方、元○●○だとワタクシは思っているので、じゃなくとも昔○●○をバックに仕事をやっていたらしく、そんな話を凄いだろう的に話す方で、ちょっと警戒して書かなかったんですよ、飲食店の悪い所の話。

まあ飲食店とか言う前に、これをやったら店としてダメだろうのオンパレードだったので、飲食以前の話になります、区切りとしてちょっと書いとこうと思います。

てな感じで、明日からシフトします。

でわまた!!

PageTop

たら・勉強になりました。

はい、お久しぶりです。

現在の状況は「待ち」、いわゆる結果待ち、なのでおとなしくしてます。

さて、こんな非生産状態の日々の中で着実に減っているのは「お金」です。

そしてこの時期にやってくるのが「ラッキークラフト会員広報紙」な訳で、年間の広報紙の代引きが来ます。

カエルのキャラクター(ケロール)が付いていた時より、グローバルとタイトルが付いた方が内容が良く、さらに昨年からはDVDとなり、より視覚的に分かりやすくなって来ました。

そしてこのDVDの商品説明をする声は、あきらかに社員さんであろう声で、手作り感満載です。

映像とナレーションののギャップがありまくりなのですが、慣れてくると微笑みに変わります、昔見たサバイバルゲームのビデオにそっくりです。

で、去年はDVDの内容的にイマイチだったんですが(ワタクシ的に)、今年初めの一発目はいいぞ!!

何が良いかと申しますと、「管理釣り場での魚のフッキング率(クランク)」の話が濃い。

とある管理釣り場のインストラクターさんのインタビュー映像なんですが、とにかく濃い。

そしてこの方が言った一言「3ポンドのラインを3ポンドで結べているか?」というのも興味深い。

これは、知っている様で忘れている事柄だったなぁと、まだまだ学ぶ事が多いわ、釣りって。

これは見れる方は見た方が良い、絶対いい!!

フッキング率の話は実際の魚がフッキングした時にこうなる、が目で見えるのでとにかく分かりやすい。

ただ後半の所はカメラワークが悪く、手元が写って無いのが残念なのだが、これも手作りだからだなぁと思います。

で、DVD前半は「リック・クラン」のRCクランクの説明的な物が入ってますが、まんべんなく訳して字幕となってません、英語が分からないワタクシでも違う事言ってると分かるので良く聞いておく方が良いでしょう、とエラソーに言っておきます。

早く温かく、財布にも潤いをとならんかなぁ、とにかく「待ち」なので動けません。

てなところです、ルアーはなんか普通にある物を作っても仕方がないなぁとも思い、市販に無くても市販品を改造すれば良いなぁなどとも考えがめぐりますが、とりあえず作ってます。

3フックのミノーはとりあえず置いておいて、また違う物を作ってます、というか、ルアーを削るにあたっての手法を変えてより作りやすく、という命題を頭の中と手の中でやっているので、またスピードが落ちてます。

まだまだ道は長いねぇ。

あ、ハヤトテ氏は府中の問屋さんに立っているのでしょうか?あそこのご飯はおいしいんだよなぁ、などと思いだす。

んでわまた!!

PageTop

たら・今年は不参加で・・・

今年のフィッシングショーは不参加となります。

一番の原因は残金が無い。

行ける事は行けるのだが、後が怖い。

今年は見たい物が珍しくあったのだが、断念です。

起死回生策はロト6が当たる事ぐらいなんで、おとなしくしときます。

ルアーも出来そうで出来ない状態で、悶々としてます。

ディープクランク用の竿が見たかった、ビッグスプーンをあそこで買う予定だったなどなどありますが、自嘲せよと自分に言い聞かせてます。

てな感じで、ついにFショー欠席です、あしからずご容赦いただきますようお願いします。

でわまた!!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。