廣島のオジキ・ローカルルアーへの道

ワタクシ「廣島のオジキ」が作るハンドメイドルアーはローカルルアーに成れるのか?と、その他もろもろのお話を「たらたら」と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たら・で

本日、増水して来たダムの誘惑に負けて釣りに行きましたが、ミノーロスト。

「でかログ サスペンド」が無くなりました。(涙)

水没木に引っかかったけども20ポンドなら回収可能とみて、そのままフックが伸びると思って引っ張りましたが、ノーマルフックではなく「カルディバ」に変えてあったのを忘れてました。

剛性はノーマルより強い、そして切れる・・・・。

これまた前回同様、見えるのが悔しい。

とりあえず悔しいので、このフィールド一面誰もいないのを良い事に石を投げて見ると、あっ!浮いた。

が、しかしルアーが反転したのを境に急流に乗ったらしく、凄い勢いで流されていく。

手持ちは「サスペンドログ」で、投げて巻くと潜るので回収が利かない、その間にも流されていく。

目を話したらもう見えない、しかし今のままでは回収できない、意を決してフローティングに替えて目線を上げると・・・・・消えた・・・・。

後はもう、怪しい物に投げまくりましたが、ルアーの背の色が黒なので湖面の色にばっちり滲んで分かりません。

40分ぐらい探して、それでもあきらめられないので、対岸の渦を巻いているゴミだまりを見に行きたくて上流の渡れそうな所をとこれまた30分ぐらい放浪する。

しかし、増水傾向にあるので渡る場所無し、諦めました。

帰宅後「フィッシングエルモ」さんに電話して在庫を確認した所、「一ヶ月後ぐらいに入荷」との事。

それまで悶々と過ごす事になりました、ようやく動かし方が分かって来たのに・・・・非常に残念です。

といった感じです、ちょっとブルーです。

んでわタオ!!

スポンサーサイト

PageTop

たら・減水してるし・・・

本日もこりずに弥栄に釣行。

昨日の雨が降った後の流入河川パターンがあるかも?と思って言ったんですが、一昨日より減水していましてガッカリ、パターンどころでは無かったです。

で、本日は釣り人も多く話をしたりしたのですが、誰しもが「水少なっ!!」となりましたよと、話しているのが印象に残ります、出会う人出会う人みんなこれを言う。

梅雨の時期まで満水には成らないんじゃないでしょうか?梅雨に雨が降らなかったら最悪だろうなぁ。

と、釣り場をうろついて、ふと先日にロスとした「ゴールドディガー」が取れるのではないかと思いまして、ウェーダーを履いて水辺着。

周りの釣り人に事情説明をしてから入水、どうやら水没ルアーまで行けそう。

落ちていた竹を杖に、足もとを刺しつつ向かいます、そしてルアー真上に来たら竹でつつく。

一瞬ルアーが見え、そして消え、下流に流されたかと思うとゆる~く浮いてくる。

竹で足もとまで引きよせてキャッチ、なんとか回収です。

110428_1311~01

枝にフックががっちりだと思っていましたが、リップがV字の場所に挟まり、後ろのフックが違う枝に甘噛みして浮きあがれず、乗り越えられずだった模様。

ラインを切った時ちゃんとキレているか心配でしたが、ルアーにラインが残らず綺麗にキレたました。

110428_1311~02

最近の落ちているルアー(ワームも含む)を拾うと、2~3mラインが付いているのが当たり前状態だったりしていたので、自分はちゃんとキレるのかが心配でしたが、普通にやればちゃんとキレるんだなぁと思いました。

という事は、ちゃんとした切り方を知らない人が多いってことでしょうか?ルアー雑誌、特にロドリとルアマガさんにはこういった物を載せて欲しいなと思います、入門者が最初に買うであろう雑誌なので。

ネタとして弱いかもしれないですが、ルアー回収とラインの切り方の特集があっても良いんじゃないかと、もしもうやっていたらごめんなさい。

とか思う一日、ルアー部品のサンプルが来ないです、明日なのかなぁ、早く見て発注を掛けたいんだけどなぁ。

んでわまた!!タオ!!

PageTop

たら・ためしに行ってみる

昨日買った8fロッドを振りに行ってきました、ついでにアブの自作ハンドル仕様も。

まず8f、リールにデビットフィリッツリールを付けたところ、レベルワインダーの下方が当たってしまう事が発覚、これを当たらない様に削る。

110426_0837~02

で、ちょっと見えないですが、ルアーを引っ掛けるルアーホルダーを新設、これ便利なんです、ワタクシ的に。

ルックスはこちら。

110426_0837~01

思っていた通り、投げやすい。

小さいクランクも良く飛びます、最初はバックラ気味でしたが調整をやって行くうちにナイスな感じになり、非常に快適。

難点はロッドによる小技が利かない所ですが(トゥイッチ)、その他は釣りに支障なく感度も良いです。

後は車に入りにくい、2ピースなのでガイド合わせがいる所で、出来たらテレスコッピクでしたっけ、グリップ方向に縮む方が良かった、それ以外はパーフェクトです。

ボートの時どうなるかは、やって見ないと分かりません。

んで、アブハンドルですが、片側が「キコキコ」いう・・・・・。

それ以外は良く出来てます、ロッドは「フィッシングエルモさん」で頂いてしまった、ソルト用のクランクベイトテーパーの竿、グリップエンドが太い(海の魚の引きでロッドがすっぽ抜け無い仕様)所がちょっと腕に当たるので、削りました。

110426_0836~02

これでやりたかったのは「ビッグスプーンもどき」。

110426_0836~01

このロッドセッティングが、思いもよらず大当たり!!4.6gスプーンが思った以上にかっ飛んで、バックラシュ無し!!ここまでびたっ!!と合うとは思いませんでした。

これがワタクシの中の「ベイトフィネス」ですね、今度小型ミノーを投げたいと思います。

で、肝心の釣果は・・・無し、挙句「ゴールドディガー」をロスト・・・・、しかも一投目で。

水中をよくよく見ると、枝の多い水没木に絡み取られてます。

見えるので取れそうなのですが、透明度が高いので実は自分から5m位置にあるという、ルアー回収機もロープが足りません。

頑張りましたが、無理でした。

そのかわり、そこから3mほど移動した所の水没木にミノーを発見、これを救出するとなんと「サイドステップ」。

前から気になっていた物を手に入れて、少し狂喜しました、元は取ったとも言いますが・・・。

このミノー、本当にサイドステップですね、良く動きます、凄いです、勉強になります。

後は「フェイス」が転がって・・・などというと罰が当たるので止めておきます。

ダムはまだまだ減水状態、丘は蓮華畑。

110426_1036~01

フト思い、こんな時期にバスの湧くポイントの近くへ行くと・・・・湧いてるじゃんバス。

たぶん50up、その他30ぐらいの一団、総数5。

しかし、超シャローで下に逃げられないので、上ばかり見ている一団、この距離とこの高さからロッドの動きで逃げ出すとは・・・・釣るの難しいです。

といった具合で完敗。

家に帰って、ルアー部品の問い合わせをしまして、サンプルを送ってもらえるようにお願い完了で本日終了。

だらだら長くてスミマセン、んでわタオ!!(タコでも良い気がする)

PageTop

たら・当たる当たる

鼻の手術の術後経過は良いらしい。

という事で、いい加減働かなければ。

しかし、今のままの考え方、職業のチョイスで良いのかを迷ってまして、次の仕事の絞り込みが出来ない。(いいわけかもしれない)

という事を最近考えていると、広島の大型ショッピングモールに「姓名判断所」が出来てまして、かなり気になる。

私の尊敬します零戦パイロットの「坂井三郎」氏、大阪の「コロッケの中村屋の社長」ともに姓名判断の話をしてらっしゃいまして、前々からかなり気になっていたのも原因です。

なんで、ここは一発!と思い、行ってきました。

詳しくは書きませんが、すんごぉーーーーーーーーーーーーーーーーく当たる!!生年月日と名前を書いた時点から、すっと鑑定士さんから出る言葉がことごとく当たる、驚きです。

本当にテレビで良くやっている感じのように当たる、テレビのやつはヤラセじゃないの?とはワタクシ言いきれなくなってしまうぐらい当たります。

そしていくつかのアドバイスから、自分の字画判断となりまして、どうしても一部悪い所があるのでこうしたらどうですか?と言われました。

それはですねぇ、自分の下の名前が「一雄」となっているのですが、全画判断という名字プラスからの判断だとこの字画だと悪いと。

なので、芸名じゃないですが、同じ「カズオ」と呼べる漢字で字画数が良くなる当て字を調べましてこうしなさいと言った物です。

「多粉」

これで「カズオ」と読めるそうです、「多」が「カズ」で「粉」が「お」。

しかし自分自身が「カズオ」という名前をあまり好きではないので、「多」を「タ」と「粉」を「オ」と読んで「タオ」と読んでもよいですか?と聞くとOKとの事で、「多粉・タオ」と付ける事になりました。

オジキも良い呼び名だと思っていますので、オジキとタオを何かで使い分けたいと思ってます。

ちなみに鑑定士の最初の一言目が「あなたは飲食向きですねぇ」にはびっくりしました。

最終的に自分で店を持つ様に、この改名字の通り「粉」を「多く」(種類も豊富に)使う飲食にするべきですと言われました。

これはもう「麺」「皮」などを使用する物と思うしか無いです、という事は「ラーメン屋」「点心屋」それとも両方、とんで「お好み焼き」なんかも「麺」と「皮」ですので良いかもしれない。

書きながら思いましたが「お好み焼き屋」ぴったりですよねぇ、これが良いのかな?これを探したら良いのかなぁと思いました、今。

といった感じで、すんげぇーーーーーーー当たりまくりでした、あっ、偏屈人間とも言われました、解説を聞いて納得です。

といった感じです・・・・と書きつつ、竿買っちゃった。

昔のシマノスコーピオン EV1803-2 というやつ、8fの竿。

ディープクランキングなんかをする為にロッドエンドが脇に挟まる物が欲しかったんですが、中古屋でこれを発見。

値段は5800円、見た目は結構美品でロッドガイドもしっかり付いている感じ、物的にレアではあるらしいのですが、使い手と使い方を選ぶらしくネットでは「海でアイナメをワームで狙い、ぶっこ抜く」の感想しか無いという物。

迷ったのですが、なかなかこう言った物には出会えないし(広島は特にロッドなどが入ってこない)何より値段がお試しでも良い感じでしたので購入しました。

姓名判断的に言うと今月は「お金は貯蓄するより活かして使え」との事なので、必要な物を買ったのだと思ってます。(調子がいいねぇ)

という感じで、なんか解毒された感じのオジキでございました。

でわタオ!!

PageTop

たら・「ニ」で無い方を

さて、昨日の「銀」の効果を見るべく、朝からそそくさと釣りへ。

本当は同じ時間帯の方がよりいいのだが、その時間帯は雨マーク、しかしその時間帯より前に降りそうな気配。

なにより、だんだん肌寒くなるのは勘弁して頂きたい。

で、現場着。

水はクリアなれど、良く見ると「減水」してる・・・・。

この場合バスのポジションは下がっていると考えるので、とりあえず周りを見て回るが、どう考えても昨日の場所の方がミノーでは釣りやすい、そこより下流はクランクだなと思った。(これからはクランクセットは必須だと思いました)

とりあえず戻って釣り開始。

すでに弱雨、しかも冷たい、ミノーも場所が減水気味なので水流が強くなり、ちょっと水流に遊ばれている感じ。

自作ミノー、ログ、とローテして、サスペンドログにチェンジ、水流の巻き込み・淀みを狙っていく。

何投かした後、ちょっと目を離したすきに「ぐん!」と竿が持って行かれる、すかさずフッキング、というか体が動くようになっていた。(少しは上手くなったらしい)

昨日の「ニゴイ」より良く引く、しかし魚影は「金黒」またニゴイっぽい。

んで上げて見ると「ニ」抜けの「コイ」でした。

110422_0839~01

足もとまで来た時に「ボガグリップ」を口に差しこもうとしましたが、フックが口の上下に掛り口あかず。

四苦八苦していると、暴れた拍子に口だけ取れてなんとか確保、これまた40cmぐらいでした。

他に違う場所でバスを見るも、ルアーをスルーされゲームセット。

しかし「ログ」は凄いなぁと思いますよ、長年すたれない理由は「何故か釣れるから」と考える人もいるのではないでしょうか?私もそう感じます。

てな感じで、本日は終了、家で再度ミノーデザインをひねり出してます、凄い難産だわ。

でわまた!!

PageTop

たら・なんか釣れました。

昨日は作業工程もドブ漬けのみなので、「かつ丼」の話でも書こうかと思いましたが、パス。


んで、本日その工程も終わったのでテストに行ってきました。

19gで発泡、8回ドブ漬けで20.5g後半でまとめ上げての状態。

思ったより早く浮き上がるので、もう少しドブ漬け回数を増やしても良いかも。

しかし、思った通りの動きは出ませんねぇ、ロングビルミノーがその場で「モジル」様にしたいのだが、イマイチ。

そしてアクションを起こさせるためのロッドワークに力の量が多すぎる、もっと軽い感じで無いと一日中は遊べない。

そして、やっぱりどうにも大きさが「中途半端」すぎる、デザインが上手く機能してない感じ。

何回もやり直して、何回も作り直してますが、今回も作り直しましょう。

ここまで来たらトコトンやります、というか発注を掛けて作った「リップ」がもったいないんだよね、もう少し考えを練ってからやればよかった、勉強にもなってますけども。

さて、今回はせっかく行くのだから「ミノー」も持って行きました「ノリーズ レイダウンミノー MID110 サスペンド」、カラーは金黒。

偏光をし忘れて、そのまま釣り場に来たのですが「バス」らしき影がチラチラしてまして、これは!と思い釣り開始。

バスのチェイスあり、しかし3回のチャンスは物に出来ず、ステイしたルアーを直近まで見てスルー。

なんか原因はカラーの様な気がする、個人的に弥栄ダムは「銀」の方が釣れる気が多々する為でもあるのですが、本当にクリアーな水質なんで、よりナチュラルな色が多めに入っている物の方が釣れる。

その中で、一番必要なのが「銀」ではないかと、かってな思い込みですけど。

そんな中、やっぱりもう一種興味を持って追ってくる物があり、こちらの方が釣れそう。

という事で、今年の初魚は「ニゴイ」でした。

110421_1306~01

ちっさいと思っていたら、結構引いて上がったのは40後半、うれしいです!!ワタクシのやりたいのは「ルアーフィッシング」なのでルアーで釣れればなんでもOKですよ、立派な釣果。

その場所でもう少しねばったのですが、水流と逆向きの風が強まり、流れが淀んで濁りぎみに。

只の濁りではなく、川の砂(サラサラのやつ)が巻き上がった感じの水になったために魚が居なくなりました。

多分エラに砂が付きすぎるのを嫌って、いなくなったのだと思います。

という事で1時間ちょっとで退散。

明日は「銀」の方が釣れるのかを実験しに行きたいと思ってます。

んでわまた!!

PageTop

たら・変な天気と鼻の話

本日はとても変な天気でした。

作業合間に食材を買いに出ましたが、晴れていると雨が降り、曇ると風が寒くなる、と変でした。

というか朝から肌寒いんだよ、いいかげん温かくなっていただかないと体がおかしくなるわ。

後は手術した鼻に「慣れない」。

みなさん、普段からこんな感じだったんですか?腹筋を使わないでもすごい空気が入って来るんですけども・・・。

そして、簡単に鼻から空気が吐けるんですが・・・・。

今までしゃべっていると鼻の中に音が響く感じで、音が聞こえていたのですけど、なんか鼻から音が抜けている感じでちゃんと喋れていない感じがする。

もうフガフガしてる感じなんですね、変な感じ。

キズはまだ痛むので、息するのが辛い時もありますが、その前にこれらになれないといけませんねぇ。

で、いま気が付いたんですが「野球」のテレビ中継、ストライク・ボール・アウトの順番でテレビのテロップが表示されていたのが、ボール・ストライク・アウトの大リーグ方式になってますね、何時からなんだ?と今思ったんです。

と言った感じで、ルアーは例の8回ドブ漬けにするとどうなるかを実験中。

でわまた!!

PageTop

たら・替えてみたり

110418_2029~01

昨日、画像左の三本の試作をしてみた物の、尻下がりで理想通りとはいかなかった。

で、ウエイト位置を大幅に変えた右を本日作ったのだが、姿勢は良いものの動きはどうなんだと言った具合。

発泡の混合率を変えた右の方が20gを切っているので、こちらの方が今後の作業方針に合う。

これは「発泡」は「折れやすい」という根っこの問題を解決するために考えた結果。

「発泡」は小さな気泡の塊で、やはり木、バルサよりも折れやすいと考えてます。

そして、「フックなどの削れ」に弱い。

強化方法として、折れに対しては内部の骨組みを固くすると言う方法がありますが、レジンだとある程度太くしないと意味が無く、太くすると重くなる。

レジン強化のため、ガラス繊維粉末を入れたりもしましたが、「サク」くなり「折れやすい」と言う状態になってしまい断念、よりガラス繊維に近い物を使用すると良いとは思いますが、レジンを型に流す時に根本的に流れにくいと思う。

「削れ」に対しては発泡倍率が低いほど固くはなるが、結果浮力が落ちる。

で、考えた結果「セルロースに8回ドブ漬け」で完成するような、発泡倍率と内部構造にもっていくと言う事を考えた訳です。

ルアー表面の塗膜を厚くして、固いシェルを持って折れ強度を出す、削れ耐性を出す、と言う事。

何故8回かは、今までの経験上としか言えない。

しかし、今まではしてこなかった、なぜならば「ウロコ」模様を付けたから。

ウロコの凸凹がセルロースにドブ漬けした時に、セルロースを噛み色流れの原因になってしまっていたのです。

しかし、今回新ウロコ製法にしたおかげで、そこまでの凸凹が出てない、なので色流れし難いのではないかと思える状態になった訳です。

とここまで書きましたが、まだ本体が出来てないので塗装に行って無いのよね、全て妄想。

んん~、どうやったら思っている動きが出るのかが、今後の進展を決めます。

でわまた!!

PageTop

たら・すこし花見へ

いつも行く「弥栄ダム」は桜の名所でもあります。

今年も良い時期に行きたかったのですが、先週の日曜日は入院中につき行けず。

一週間遅れですが相方と出かけて見ました。

予想通り「七分散り」。

110417_1237~01

その下のアスファルトは一面花びらの絨毯。

110417_1256~01

散る桜もまた綺麗でした、そして相方を置いといてダムの様子を見に行く。

110417_1246~01

今年は水の溜まり方が遅いです、そのためいつもだったら水の中の場所に草が生えてきてます。

ここの数年、はげ山状態だったダムの底が草で覆われているのを見ると、なんか違う場所に来ている錯覚に陥る。

もっと背の高い草が生えれば、満水時のおかっぱりの釣りが面白いのになぁとも思うし、もう少しというかもっと「水生植物」を入れて水の浄化を・・・・とも思うんですが、ダムの運営に影響が出たりするんだろうなとも思う。(排水時に機械に巻き込むとか)

でも、竹林を切ったり、護岸の上の丘を整地したりしているので、自然に流れ込む「土に溶けた栄養」腐葉土なんかのエキスが流れ込まなくなって、また水の中の生態系が変化しそうだ。(良くも悪くもね)

釣り人として出来る事は「ごみを出さない・ごみを拾う」事ぐらいですので、これは実行して行きます、というか継続中。

ワームとラインが多いんだわ、特にラインかねぇ。

と言った感じで、明日は退院後初の通院、右鼻が少し鈍痛、左も少し違和感、さてどうなるか?

でわまた!!

PageTop

たら・で側線が微妙

結局ミノーの型を削る。

ちょっち失敗。

ウロコを張ってルーラーで側線書き、微妙に失敗。

で、シリコーンを流して本日は終了。

今日の夜寝る前にもう片方を流せる予定なので、明日には新型の発泡が可能のはず。

でわまた!!

PageTop

たら・こえますねぇ

110415_2130~01

で、イマイチだなぁ~となっていたミノーをとりあえず発泡。

なんだかんだで計ってみると「24.6g」ちょっと重い。

ロングキャストを狙っているとはいえ、重いよねぇきっと。

元型を削るか、このままいくか。

多分削ってボディーシェイプを整えた方が良いだろうけども、ここ何回か失敗しているのでビビる。

でも明日やるんだろうなぁ。

でわまた!!

PageTop

たら・無駄に終わる

病院でくりくりやっていた「ハリガネねじり」は失敗だった。

右巻きと左巻きを間違えてました。

たったこれだけでシリコーン型に合いません。(涙)

そして、シリコーンで型を取ったミノーもなんかイマイチ。

やっぱり昔の方がデザインは天才だったなぁ。

今のデザインは「飽きる」「魅力が無い」。

かと言って、昔のデザインを書き起こせないので、新たな何かを掴まないといけないらしい。

でも作業工程とかは固まって来たと思うんですけど、良い方向に。

・・・・あと、鼻がむずかゆい。

でわまた!!

PageTop

たら・「ザヤク」くん。

さて、「ザヤク」くんの話。


ワタクシが入院した時に、ご同室だった方々の話から始めます。

入院部屋に前から一人いた方。

この方は高校2年生でその時もう1週間越え、耳の病からの入院、結果良好でシャワーOKとなった次の日にまた悪化、ワタクシの方が早く退院してしまった、とてもざんねん。

雰囲気は「さかなくん」さんで、魚の代わりに「路線バス」それも珍しいのが好きな方でした。

思春期特有の「女の人と話せる(看護婦さん)」のが嬉しいのがとても伝わって来て、こちらが身もだえしました。

で、ワタクシの手術日にさらに2人来られまして、一方は40代前半「扁桃腺切除」の手術を控えておられた方。

その人の凄い所は、手術後夜遅くまで「携帯」でメールか何かをされている、すんごいタフだなぁと。

全身麻酔でこれだもの凄いなと思いました、順調に回復しておられた模様。

そして「ザヤク」くん。

この方18歳やんきーでして、普通なら「やんきー」くんなんですが、ちょっと違うのよ。

この方も「扁桃腺切除」なんですが、手術前日入院時から落ち着かない。

いわゆるヤンキー的な感じなら分かるんですけど、どう見ても「怯え」が見て取れる、寝たり起きたり電話したり。
兄弟の方が来られると「おとうさんとおかあさんはいつくるん」と言い、母親が来ると「クソババー!」とキレたりと情緒不安定、部屋の中がうるさい。

そして手術当日も「どうやって手術するん?」「どうやってそこまでいくん?」と親族に相談してばっかり、医者か看護婦さんに聞いた方が良くない?親族もみなそっち方面なんで、段取りを誰一人知らない感じだし。

で、呼ばれてワタクシ見たく歩いて行く。

そしてベッドで帰ってくるのだが、兄弟から「あんたウァ~とか麻酔から覚めて言うからウケタ」とか言われ、キレている、ワタクシもビビりすぎだろとは思っていたが、かなりビビっていたらしい。

そしてさっそく「のどが痛すぎる!!」とキレる、なので看護婦さんが「座薬」を進めると即座に反応、ケツに挿入。

そこから「たいぎい」「しんどい」「かえりたい」を連発、これは前日からでこれもうるさかった。(たいぎい←はメンドクサイね)

そこから寝ればいいのに、携帯で友達に上記三点を連呼する事合計1時間以上、そしてのどが痛くなって「座薬」下さい。

次の日は雨、お友達が来たよ、そして小雨の中友達の車を見に「傘もささず」駐車場でお話。

携帯出まくり、話まくり、点滴を付けたまま外に出るので針外れかけたり・・・。

そしてこの日も「座薬」「座薬」痛ければ「座薬」。

案の定「発熱」そして「座薬」。

あれ?大勢お友達が来たよ、休憩室でおしゃべり、3時間以上。

携帯出まくり喋りまくり、そして「たいぎい」「めんどくさい」「かえりたい」。

点滴針も外れそう、「なんでこんなに痛いん?」と看護婦さんに言ってるよ。

次の日も「携帯ガンガン」「座薬ぷすぷす」どちらものんすとっぷさ、すごいね。

お友達が来てはどこかに行き、携帯が鳴ってはどこかに行きで、看護婦さんも割り切った対応をしてるっポイぞ。

んで、ワタクシが退院した昨日まで「座薬」のんすとっぷ、のどが痛いので物が食べれないので「座薬」とかねぇ。

そのわりに「小魚じゃこ」を食べてらっしゃるようで、意味不明、ちなみに友達にいわく「骨の強化」だそうです、てっきり「キレない」様にかとオッサンは思いましたよ。

外に出る割には(お友達の車を迎えるのに出るのよこれが)買って食べても良い「プリン」なんかの喉に優しい物を買いには行きません、院内に売店があるんですけどねぇ。

外でしゃべって「体調がわるい」ってねぇ、彼も「女の人としゃべれる」嬉しさがあるらしくもう恥ずかしいわ。

この「ザヤク」くんは本当にさみしがりやで一人がいやで、自分が主役が嬉しいらしい。

その一例が看護婦さんが熱の温度を知りたいのに、それを2度無視して喋り続ける所とかみてるんでねぇ、付き合いだけの友達ばっかりじゃないと思う立ち位置くさいし、かわいそうね。

で、こんな彼がワタクシに「反面教師」として与えてくれたのは「バカは死ぬ」と言う事。

よく「バカは死ななきゃ治らない」とは言いますが、今回のでこのまま死んでしまえばこの語言を発した人々の気持ちと言うか感想を体験出来たなと。

なのでうるさいなぁとは思いつつ、楽しく観察していました、あの状態から悪化するとすれば何処まで行くのだろうとかね。

という彼も、本日退院らしい、「座薬」をたっぷりと貰うんだろうなぁ、そして6時間ごとを無視して使うんだろうなぁ、それも見て見たかった。

ちなみに「座薬」を入れると熱と痛みが引きますが、痛みが無いと言う事は患部に対しての体の免疫力とか、治癒力なんかが落ちると言う事で、この様な連発は個人的におススメしません。

今回のは「うるさいと他に迷惑」や「対応を誤るとあばれる」心配があったため、健康上とりあえずはセーフなギリギリの線で与えていたんじゃないかと。

こらえ性があまりにも無さ過ぎる。

そしてたぶん、前日まで喫煙してたんじゃない?術前はしばらく禁煙と書いてあったけどねぇ、友達がタバコを持っていたら吸いに言っていた気配もありありだ。(術後なのにねぇ)

と言った感じの、ひさしぶりに「無知」と言う名の「バカ」を見た次第。

親、何もいわねぇンだモノ、仕方が無いのかね。

んでわまた!!

PageTop

たら・帰って来ましたよ

本日無事退院、これから「鼻たけ」と闘うあなたのための入院箇条書き的な物。

では、入院当日から行きます。

4日 

朝10時に病棟に入院、その日24時まで食事可、水は翌日11時までと言われる。
明日14時から手術となる、短い時間なので尿道カテーテルは無し、痛いと聞いていたのでほっとする。
手術方法は「内視鏡」。

消灯22時、なんか変に眠れる。

5日 

朝から絶食、11時まで水を飲みだめ、これは術後しばらく水を飲めないため。
後から知った事だが、朝の早いうちに「ココア」を自販機で飲んだのだが、これって「喰い物」に当たるそうです。
   
朝8時に左手甲に麻酔テープを張る、なんでもここから注射するらしい。

13時ぐらいに「14時より早まります」というので待っていると、結局30分押し、全裸に術着を来て徒歩でオペ室に向かう。
麻酔科の研修医的な人がやるらしく、ちょっとあわただしい、麻酔科医トップの先生がコードに引っかかってこけそうになるなど、面白い。
で、笑い話をしながら寝る、麻酔薬を入れてから「1・2分で絶対落ちます」と言われた通りで凄かった。

目が覚める、医者からの声が掛ってワタクシの第一声は「すぅんごく、深く寝た、すごい気持ちいい!!」でして、本当に気持ちが良かった。
   
意識的に鼻の中の「鼻たけ」とその周辺を探る。

110410_1847~01

図の様な場所が患部ですと教えて貰っていたので、意識を集中すると・・・

110410_1849~01

より広範囲にわたって「切除」されているらしい、右ほほにあった「鼻たけ」キズより左ほほの方が広く痛い。
病室に持って来てもらった「患部」を見ながら説明を受けると、どうやら左は「群れ」であったらしくそれらを全部取ったと、右のやつは2cm×1.5cm高さ1cmぐらいの大物で「すげ~!!」を病室で連呼してました。

病室に戻ってすぐに、ベッドを起こしてもらい本を読む、寝過ぎて頭が痛くなる感じだったので、これの方が気持ち悪くならなくて済む。

術後を見に来た麻酔医の新人?の方も、起きているのはびっくりしたらしく「大丈夫ですか?」といわれそのまま雑談「麻酔は気持ちいいからまたやりたい人が結構いる」との事「マイケル・ジャクソンはこの全身麻酔から覚めなくて亡くなったんですよ」ともいわれ、そりゃこんだけ気持ち良ければ寝れなかったらするわなと思った次第。

手術開始が14時半、病室着が17時半、予定より1時間押し。

鼻の奥までガーゼ詰め、鼻の入口は脱脂綿、少し鼻は通る、手の甲の点滴は朝までこのままでゲンナリ。

水は19時半から飲めて、夜は流動食。

鼻血がでたらナースコールをとなっていたので、出てきたらしいので呼ぶと「脱脂綿を自分で替えて」との事で使える右手だけを使用してなんとか詰めつつ、点滴が邪魔で寝られず、で朝まで起きている事に。

体温37度前半

6日

明け方少しだけ眠り、朝の検診を受けに病棟備え付けの耳鼻科に向かうが「特に処置は無いです」との事。

昨日の点滴が終わったと思ったら、次が発生、これから4日間朝と晩にあるそうです。

で、点滴しない時はこんな感じ。

110410_1845~01

これの上にアミアミネットを掛けて、つねに一緒、早めに友達にならないとつらそうだ。

手を曲げたりは出来ない、針が抜けるから、しかし変に手を置くと痛い、そこで登場したのがこれ。

110410_1737~01

持って行った小説「坂井三郎 空戦記録」これの上に置いて寝るとラク、ただし寝返りは打てず。

三食おかゆ、量が多いくて、あっぷあっぷする。

体温38度に一時期なる、氷まくらを貰う。

6日

昨日と変わらず、脱脂綿変えたり、点滴受けたり。

で、おかゆ・・・多いって。

夜は左目の奥が痛くて「座薬」を貰う、傷口は軽いやけどみたいな感じなのだが、それが目の周りを熱くするらしい、目が痛い、光がまぶしい、で就寝。

体温37度後半、氷まくらが快適。

7日

鼻のガーゼを抜くとの事、先生が診察に来る前に「座薬」をいれて痛みを抑えるとの事だったが、先生が来ても座薬こず、診察を受ける前に「これを入れて貰って30分後に呼びます」との事で一旦引き揚げる。

で、抜く段階へ。

カテーテルとガーゼ抜きが「痛みの山場」と聞いているので、きっと貼りついたガーゼを取る時に「バリバリ」言って痛いんだろうなと想像するも、やって見ると「おでんのカラシを鼻の奥まで突っ込む」感じのつーんとした痛さで、痛いよりはカラシすげーきくな感じ、涙ボロボロ。

俗に言われる「こんなに長い物が入っていたなんて」といわれるガーゼの長さは13cmぐらい。

正直30cmを思っていただけに「そんなもんか」とちょっと拍子抜け。

しかしここから、再度新しい奴を入れると、また両鼻「カラシつーん」です。

そして一旦待合室に出て(手には鉄の入れ物に血まみれのガーゼが2枚入った物を持たされたまま)違う人が治療を受ける。

そして再び入室して、またこれを抜く、しかし前のつーんよりは全然マシ、これで脱脂綿を詰めただけで終了。

鼻で息が出来るのだが、患部に空気がふれるとヒリヒリするので、さらに自前のマスクをする。

点滴、そして鼻を抜いたので普通の米の飯に戻る。

点滴保持の手を快適にしようと週刊少年サンデーを購入、広い陣地で良いかと思っていたら表紙が手にくっつき、離す時に痛む、失敗、小説に戻す。

入院四日目にして配給のお茶を入れるポットの開け方を理解する。

110409_0739~01

赤いのを思いっきり押さないと開かない様だ、こういった奴で割ったり折ったりするのでビビりながらやっていたのが裏目に出てました。

夜、今度は右目が痛いので座薬に頼り寝る、空気の刺激がヒリヒリする。

体温37度、枕の高さ的に言っても氷まくらが必要です。

8日

今日から鼻の中の血の塊などを除去、涙ボロボロ。

鼻の脱脂綿も取れるもマスクは必要だねぇ、ヒリヒリが凄い。(でも痛みじゃない、やけどの後見たいな感じ)

今日の夜に点滴終了との事で、点滴管から解放される、寝返りが打てて良い。

110409_0740~01

手の甲に穴があいてる。

体温37度、まくら付き。

9日

今日も鼻の中を掃除、泣かない日は無い。

体温36度後半と37度を行ったり来たり。

10日

鼻の掃除、「風呂と一時帰宅はやっても良いですか?」にOKを貰い、帰宅し入浴、病院にルアー製作用品を持ち込み作業。

とりあえずシリコーン型を取る時のブロックを清掃。

110410_1621~01

体温36度台に落ち着き始める。

11日

鼻の掃除時に「じゃ、明日退院」と言われる、病室の作業台が相性が良かっただけに変に残念。

朝から昼にかけて、ワイヤー曲げ。

110411_0954~01

昼から夕方にかけて、「ワイヤーねじり」をする。

110411_1419~01

熱平熱へ

12日

朝検診を受けて、涙を流す、次回来院は来週の月曜日とし、会計を済ませて退散。

お会計は9万円でお釣りが出ました、なんだかんだで安い感じがします、全身麻酔で3食付きなのでもっと高いかと思いました。

と言う事で、家でこれを書いてます、言われていたほど「痛く」は無い。

でもネットで見た「当日手術で即帰宅」はワタクシは出来ませんね、もう入院された方が楽です、即帰宅は全身麻酔では無いはずなので、痛みを感じる人は痛みを訴えるそうですので、入院をおすすめします。

で、もう1個言われる「術後の鼻軟骨の曲がり」はこの手術のリスクなのでワタクシ気にしません、前より曲がった感じもしますけども。

曲がらない様にする病院もあるそうなので、気になる方はそちらが良いかと、ワタクシは家から近い場所の方が楽だったのでこちらでやりました。

そんなとこでしょうか?全身麻酔で入院だとそれほど「痛くは無い」ので、本当にこちらをお勧めします、全身麻酔すんげー気持ちが良いです、また受けたいです。

持ち物の中には「手鏡」が必須です、鼻の状態を見るのに必要だったので、途中で買いました。

と言った感じで、次回は同室の方々のというか、「ザヤク」くんの話を、凄い方だったんで。

でわまた!!   

PageTop

たら・しばらく居ません

明日から入院のため、しばらくブログはお休みです。

ということで、入院の支度をしているのですが、何が必要かがイマイチ分からない。

そして入院中は暇を持て余すらしいので、その対策をどうするかを考える、ちなみにテレビはお金がかかるので見ないつもり。

PSPをこの際買うか、とも思ったのですが決断つかず。

とりあえず「坂井三郎 空戦記録」シリーズをもって行く事にしました、かなり重いですけど。

と言った感じの事をしているので、なんか作業する気にならず。

来週の火曜日には退院予定。

それではその時まで、でわっ!

PageTop

たら・ステキハンドル

なんか、発注出来てないと思っていた物が先方の連絡が遅れて頂けと言う事で、本日届く。

例のハンドルノブシャフトね。

んで、組み立てて見る。

110402_1647~01

ネジ止め剤と言う物が専用であるらしいのだが、そんな予算は無いので前に買っていた「金属接着剤」を使用。(上記画像のリップみたいなやつね)

で、単発画像がこちら。

110402_1648~01

そして組み立て。

110402_1653~01

見た目は良いんじゃないでしょうか?と言う事で回す。

・・・・・あれ?なんか違う・・・・。

しばし考え、元ネタとなったデビッド・フィリッツのリールハンドルと合わせると・・・・こっちの方がデカイ・・・。

計測してみるとデビッド・フィリッツの方は9cm、こちらは10cm、1cm長い。

回せない事は無いのですけども、なんか少し振り回されている感じがする。

見た目はステキなんですけどもねぇ、後は釣りに行ってみないと分からないです。

とかやりまして、シリコーンをもう片側流して終了です。

んでわまた!!

PageTop

たら・ビッグスプーンを考える。

・・・・・・「長期戦も視野に入れる」って管さん、今の原発の状態を見ての発言とは思えん、誰もがすでにそう思ってるって・・・、それよりもだ「早期にこれ以上放射能の影響が広がらない様にします」そして即行動。←言いきる事と、実行までのスピード、これが出来ないから日本の政治って、ってみんな思うんだよね。

政治のシステムが古いんだろうね。(偉そうですけどねワタクシ)

あと「自粛」したって「生活」はしないといけないし、精神的にリラックスできる「娯楽」は必要。

羽目を外さなければ「花見」も良いと思うんですけどねぇ、花を眺めつつ「ほろ酔い」ぐらいは許そうよ[都庁]の方。

復興のため増税は良いとして、それ以前に政治家が経済活動を読みきれなくてズタズタにして来た責任はどうするんだ?こういった時のための国の貯蓄が無い方がオカシクナイカ?

とまあ、娯楽産業・サービス業・一般市民と変に叩かれている感じですが、経済活動が止まって増税じゃあ、消費は増えないと思うんですが・・・で、また増税?デフレが国家がらみでさらに進みそうだ。

いらん事書きました。

やはり温かくなると釣り場に足が向く様で、入院前の一釣りと釣り場に足を向けると、釣り人が二組みばかりいらっしゃいました。

一組目の方にすれ違いざまに聞くと「釣れないです」でした。

二組目の方は「釣れるんですか?」と聞いてこられたので「ニゴイを狙ってるんです」と答えましたら「ナルホド!笑」でした。

そう「ニゴイ」を狙ってました、バスはオカッパリから狙える所に居ないと思う、減水で断崖絶壁のはるか下に平地があり、その先に水があるんだもの。

そして「ニゴイ」はこの時期流入河川のシャローに出てくる、そんなやつは釣りやすい・・・と思う。

ニゴイが下を向いているなら底をこすりながら「キラキラ」する物で、上を向いているのなら進行方向に投げてホットケ、下から上なら中層トゥイッチ「キラキラ」で大体釣れる。

コツはニゴイの目線に合わせる事、ホットケ以外はアクションを続けて「キラキラ」させ続ける事。

で、大体が「サイト」で釣れます、というかサイトの方がやりやすいし面白い。

バスより警戒心が強くなく?な感じですが、人影はやっぱり厳禁ですね、逃げるし。

そんなこんなで、今回はスプーンでやって見ました。

110401_1754~01

このスプーンは本来「トローリング」の集魚板らしく、スプーン的にも使って入ると思いますが、薄くて軽いです。

この画像の物で8cm・8.6g、厚みは1mm。

重くないので投げにくいですが、動きは軽やかに「ヒラヒラ・キラキラ」です、沈降スピードも一般のスプーンに比べると遅め。(ヒラヒラの回数が多くて早いので、結構抑えられていると思う)

実際に釣ったのは夏場の1匹のみですが、可能性は感じました。

問題は使う場所、リザーバーのバンクを打って行くのに良さそうですが、去年は投げれるタックルセッティングがなかった。

しかし今年は、なんか出来そう、クランクタックルならそこそこ投げられた、テキサスロッドでやるならラインを細く14ポンドフロロなんかで出来そうだと本日思った次第。

でだ、一昨年ぐらいから米国で話題の「ビッグスプーン」これの形状って、この画像の1オンスバージョン的な物ではないかと。

キモは「ヒラヒラとキラキラが多分に出ていて沈降速度が遅い」所ではないかと。(同じ1オンスの渓流スプーンがあったらといった比較です)

実際のスプーンを見て見ないと分からないですが、均一な薄さの一枚板で1.5mm厚以下かなと、見れたら良いのにな~と思います。

しかし日本では流行らない、ヒラヒラ金属で釣れるとしてもイメージが湧かないと思うし、フックが一個しかないのにこんなデカイスプーンの腹を喰ってきたらどうするんだ、といった感じが出るだろうなと。

なので、画像の8cm・8.6gぐらいを使用してみたらいいんじゃないかと。(上記の文章と一致しない部分があるけども)

ラバージグなんかより早くリアクションが取れる・・・・のか?寄せる力はスプーンフォールの方が強いと思うんだけどなぁ。

なにより「ベイトフィネス」が流行るんだったら、ノーシンカーワームばかりじゃなく、こういった軽量スプーンでの釣りもあったら面白そうじゃないかとおもうのです。

・・・・・どこかのメーカーさん、乗りませんか?

んでわまた!!

・・・・・あ、釣れませんでした。(涙)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。