廣島のオジキ・ローカルルアーへの道

ワタクシ「廣島のオジキ」が作るハンドメイドルアーはローカルルアーに成れるのか?と、その他もろもろのお話を「たらたら」と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たら・ルアー色々

はい、どうも。

ミノーを作っていく時に情報収集としてネットをさまよったりします。

そこで色々な事柄を目撃する訳ですが、その真相というか感想はやっぱり人それぞれだなぁと思う。

エバーグリーン「フェイス」清水プロがデザインされたジャークベイト。

エバーグリーンのホームページだったか、どこかで「使用感が横方向にダート幅が短いと言う方が・・・」というのを見かけた。

その解説として「フェイス」は縦に動く幅が広いんだと、たぶん「アッパーダート」系の動きなんだと思うんですが、これが他のミノーと違う所なんですという解説だった。

そして去年の頭ぐらいからO.S.P「ルドラスペック2」やダイワのアメリカトーナメント使用ミノー、ロングAやデカログなどを購入し、どんな物なのかを観察。

で今年頭にエバーグリーン「スライドステップ」を拾い、名前通りだなぁと実感、後は「フェイス」を試すのみなのだが上記の情報だとダートしないみたいだし、話通りだとラトリンログのちょっと潜るバージョンポイなと思いパスしてました。

がしかし、毎回見るたびに気になる、特にあの腹のデザイン、あのV字なのだが柔らかそうな感じのあのラインが気になる、そして全体を見た時の綺麗なルアーラインとルアーの贅肉のない無い感じの何とも言えない形が気になる。

で、とうとう買いました、カラー「ピンク」、動きをメインに見たいため。

タダ巻きでは「キンキンキン」と金属音がして、私なりにラトリンログ的な要素が強化されている感じ、音的にペンシルポッパーの音がする、という事は「シャローブローズ」もこんな音か?

そしてジャーク、とても軽い!!とても軽いけども・・・綺麗に「ダート」してますが・・・。

普通にダートしてます、角度的に45度より強い感じになってますけども、あれ?

ラインはナイロン20ポンド、ロッドは6・6fのM。

ダートした後に重心移動が尻の方にあると、頭を上にして浮き上がって来ます。

ジャークベイトのダート前の「グッ!!」とした水の抵抗があまりないですが、ダートしてます。

この「グッ!!」とした感触が無いので「ダートしてない」と感じるのではないかと、あとはどちらかというと「ランダムダート」系が少し入っている感じなので、ランダムが混じる事を嫌う人は「ダート」しないと感じるんじゃ無いかと思います。

清水プロの説明を見ると「ナイロンとフロロの使い分け」の解説があり、これを読めばこのルアーの「ダート」についての認識が替わるのではないかと思います。

やっぱり自分で見ないと分かりませんねぇ。

そんな話、でわたお!!





スポンサーサイト

PageTop

たら・もろもろ

もろもろ。

「Basser」を買いに行き、他のバス雑誌3誌を見るとすべて「おまけ」付き。

ふと、女性ファッション誌のブランド製品付きの雑誌を思い出してしまう、これが付いていないと売り上げが段違いに違ったりするそうで、バス雑誌もそっちの方向に行くのかなぁと思う。

ルアーは悶絶しながら製作中。

デザインが昔のモノに戻って来ているのが嬉しい、昔の方が魅力があるルアーを作れていたと思うので。

でも、今までの経験してた事もミックスされているので、ちょっとばかり違う、良い方向に行けばなぁと思う。

鼻。

また悪化してこれまた悶絶、ヒリヒリから痛みに替わってみたり、出てきた鼻水が「緑色」で細菌が爆発していたり、ええ加減治る方向に行って欲しいもんだ、明日また病院で抗生物質を貰ってくる予定。

飛んで、塗装。

塗装の知識を再度ネットなどで補修、前に使っていた缶スプレーがお店に無いのでメーカーに聞くと「廃番」との事、ちょっとがっかり。

ネットでついでにハンドメイドルアーの画像を見て、世の中にはウマい人はまだまだいるなぁ、もっとやらなければと思う、顔の彫りこみを増やすか考えてみたりするが、何処の線を増やすのよ?

高密度発泡のために某フィラーを手に入れられないか色々動きましたが、今の所入手不可、替わりの物として進められた物は今現在使っている物なのでこのまま行こうかと。

などと考えつつ、本当に鼻が痛い、点滴とかで治らんもんかねぇ。

でわまた!!

PageTop

たら・よわく、そして撃墜されるように

配ったミノーをさらにフラットサイドにして、よりクイックに動きが出る様にしたテスト機。

リップも一時期ヒューマンの学生が考えていたアイデアと、ワタクシが考えていた考えを比較したところ、やっぱり学生の方が実用性が高いのでそちらを採用してみる。

そのアイデアとは「薄い本体リップを支える支柱をリップ下に設ける」という物。

学生はポリカを重ねた物、ワタクシはワイヤーをUの字に曲げた物を考えていた訳ですが、接着を考えると学生のアイデアの方が優れていると今の所思ってます。

さらに言うと、今回大阪に行ってコロス氏がリップの改良を行ったミノーの動きが鋭いなと思ったので、帰って今までのテスト機の生き残りで同様の事をやった所、やっぱり動きが良かった。

さらにさらに、市販のミノーのリップ傾向を調べると動きの良い物はリップの際が薄い事に気がつく,といった具合。

で、今回のテスト機は1mm+1mmのポリカリップを製作、テストに行ってきました。

やっぱりコロス理論は正解だと思います、ピッチが速いのでややタダ巻きの動きが大きくなりました、そして水を受けてからの切り返しが早いのでダートスピードの早い事、今までに無いと言っても良いと思います、とても速い。

そして軽い力でダートする様になったのも、薄型リップの効能だと思います。

で、しばらくやっていて思うのは「どこでバスが喰いつくのか?」という事。

ダートした先の場所?それとのダートした瞬間?

色々状況がありますが、ただただダートしただけでは今のバスは喰いつかないのでは無いかとふと思う。

ダートした先でのプラスアルファが必要かなと、いや使い方の問題だとも思うのですけどね。

それを例えると「撃墜理論」になるのはご愛敬としてください。

故・坂井三郎氏が「敵機を撃墜する瞬間・撃墜される瞬間」の話を空戦記録などで語っておられるのですが、曰く「同じ動きから替わった瞬間にやられる」と書いておられます。

これは敵機を追って旋回しながらぐるぐると回っている時、その螺旋方向から逆の動きをした敵機は急激に機速が落ち当てやすい、追われている時は苦しくって、このままの状態でいいのかどうか迷って迷って、違う動きをした時に打たれ易い、この様なミスをすると確実に喰われるとおっしゃっていました。

これをミノーに置きかえると、タダ巻き・タダ巻き・ダートでダートの瞬間に喰われる、ダート・ダート・ダートの後のストップで喰われる。

ある一定の動きから違う動きに変わった瞬間にやられる・バイトがあると言う事では無かろうかと。

そして最近のワタクシの体験から言うと、ダート・ダート・アッパーダートで釣れている。

アッパーダート、連続ダートで使用するミノーにはバスにとっては食べやすい・バイトし易い動きなんじゃないかと思った訳です。

そして今のミノーは大きすぎる、体高が中途半端に高すぎる。

ダグ・ハノン理論で言うと「長細い」物の方がバスは食べすいと感じるとあり、実際ゲーリーのバカラックスペシャルに同じような大きさのバスが喰いついてきたりした経験があるので、より数が釣りたいワタクシは体高を捨てようと思った次第です。

フラッシングの強さを出すための体高でしたが、デカイ魚には問題無くても、ある一定の大きさ以下の魚には脅威に感じるのではないかと思いました。

そんな事を考えやりつつも、より高密度発泡が出来ないかと業者を当たってみて、発泡ウレタンを買っている会社に「何かいい方法ないですかねぇ」と質問を送ってみたものの返信が無く・・・と思いきや、メール便で何かが届く。

「整泡剤」ネットで調べて行く中で幾度か出会った単語、それが今手元にある。

がしかし、使い方が分からん、説明が何も付いてない。

返信メールも無いし、そもそもこの会社の封筒では無い封筒で来ていて、何処から発送とかは何も書いていない。

受け取った時は夕方の5時スギなので会社も終わっているだろから連絡とれず・・・。

とりあえず実験はしますけど、これって封筒の会社に連絡を入れるべきか?聞いた会社に連絡すべきかちょっと迷ってます。

んな感じで、でわたお!!

PageTop

たら・台風大丈夫でしたか?

台風、大丈夫でしたか?

この先台風圏内の方々は気を付けてください。

我が家でも台風対策として切らないとしていた「ユーカリ」を急遽剪定、電柱から家までの電線に枝が掛っているため。

大きく剪定した跡がある所を基準に切っていく、どさっ!!と落ちてくる木々、電線に引っ掛かって余計やばくなりかける木々を相手にノコギリをふるって行く。

この「どさっ!!」で落ちてくる枝の長さは約2m、意外に長い。

何故長いかというと、みんな垂直方向に伸びて行くから。

新芽や新葉をより高い所に持って行って、食べられない様にする為だと思われます、にしても成長スピードがとても速く感じる、だって縦に伸びて行くだけだから。

そんな中、蚊に食われる事15か所「ちくしょーかゆいなぁ」と思うと左手側面に棘の刺さった感覚が、凄い痛い。

長そでを着ていたのでまくりあげて見ると「ナニカニササレテマス」。

蜂なのかアブなのかは不明、大きく腫れている訳ではないけども小さくもない、そして痛い。

腫れてはいないけども今でも後は残ってる、いったいなんだったんだろうか?

後3本ぐらい切りたいのだが、とりあえずここで終了としました、電線に掛っている物を優先的に切ったので何とかなりそうだし。

で、広島、台風被害はほぼなく、雨も降らず風がチョット巻いたぐらい。

しかしこの先の事を考えると残りの3本も切っときたいなぁ、枝先が柳の枝の様にだらーんとして電線に掛りそうだし、風が吹いたら寄りかかってきたりしてるしねぇ。

しかし蚊と刺してきた何かがイヤダワネぇ、まあ切りますけども。

木材的には身が詰まってて固そう、浮力は弱そうです、このまま何事もなければ乾燥させて木材にする予定。

んでわたお!!

PageTop

たら・木の名前

よもやま話。

昨年から借りているこの家、駐車場に木がある。

車を止めて運転席側に生えているこの木、運転席をあけるのにとても邪魔。

木がある為に体を横にしないと出れない、もう少し木との距離をあけると今度は自転車が出れない。

しかしこれ以外に問題は無く見た目がかわいいのと、この家の看板だったりするのでばっさりとかは考えない。(借家だしね)

しかし昨年の引っ越し時に気にならなかった事が、今年は発生。

それは「樹液」。

なぜか樹液がだらだら垂れて来て、運転席側のドアがべたべた。

木にはアリがたかり、足長蜂がやってき、カナブン・カメムシ、関係無いかもしれないがアブも寄ってきている。

本日はもう本当にべったりドアに付いていたのを知らずに触ってしまう、で思った。

「・・・・・こんなに虫が寄ってくる樹液って甘いのか?」

論より証拠とばかりに舐めて見ると・・・・。

「甘い!!」

メープルまではいかないが、想像以上に甘いのだ。

こうなって来ると、この木は一体何なんだ?という疑問が出てくるのは当然で、相方に聞くも分からず。

ネットで「日本の木図鑑」にて葉っぱや木の皮の様子などを検索に掛けるも出てこない。

丸い葉っぱ・木の皮が常時剥がれている感じで、常緑樹っぽい(冬に枯れていた記憶があまりない)、さてなんだ?

海外の植物も検索に掛けるもイマイチ出てこないので、上記の文字で画像検索をかけてローラー作戦で端から見て行くと、これ?っぽい気がする物を発見。

画像を開いてサイトに行くと・・・・「ユーカリ」?!ユーカリの木なの!?

よくよく見ても「ユーカリ」らしい、自分の家にユーカリがあるなんて想像もしなかったわ。

これでコアラをご招待しても・・・・ってもコアラが食べる木では無いとの事、しかも元々鉢植えの20cmぐらいの物だったらしい。

それが大きくなったので庭に植えて・・・・で、二階建ての家を越えようとしてますが・・・・。

なんでもこの種類10mクラスの木になるらしく、背の届く高さで剪定(切りそろえる)のが前提の鉢植えらしいんです、誰だここまで放置してたのは。

ユーカリの木が身近にあるのも驚きましたが、樹液があんなに甘いとは・・・。

身近にある知らないものの正体を調べると、驚きが手に入るかもしれませんよ、やってみませんか?

んでわたお!!

PageTop

たら・びくびくやってみました

110715_1835~01


ワタクシのタックルは9割が「バスプロショップス製」。

タックル性能なども気にいっているけども、最初に惚れたのは「ロゴ」。

そうバスプロショップスの「ロゴ」が好きで使っている。

そんなリールのドラグが滑る。

原因は「オイル差し過ぎ」。

ハンドルを巻くたびに何か「ウィーン」的な、何かに何かが引っかかっている・擦れている音がして来た。

で、安易にオイルを差してみたら上記の状態に・・・・。

ドラグにオイルがかかったんだろうなぁ、分解してオイル除去かぁ、やったこと無いなぁ。

過去の経験から言うと「分解した物は直せない」スキルが付いているこのワタクシ。

昔エアガンをバラシタ時に組み立てられなかったのがトラウマでもある。

そして説明書なんて読まない悪い癖もある。

途中まで読まずにやっていたけどもさすがにまずいと思い、箱を引っ張り出して説明書を出す。

・・・・意外に分かる様になってる、ワタクシの頭、ちっとは成長してるじゃないか?

そしてネットで整備方法を検索、ドラググリスってなに?

んで、どうやらドラグワッシャ―に油が掛っているとマズイ、これは分かる、部分的にはどこ?

説明書の「ドラグ」と書いてあろう単語を引っ張り出して、分解、クリーナーをかけてみる。

ワッシャ―の一枚はグリスが無いのでこのまま使用する事にしてみる、滑る事で破損を防ぐ効果もあるとメンテ講座にもあるし。

で組み立て、ラインを引っ張ると・・・・おおっ!全くラインが出ない!!どうやら成功だ!!

ちょっとはスキルが上がっただろう、今回ばっかりは。

さて、話変わって「春ミノー・秋ミノー」の違いをようやくしっかりとワタクシなりに理解する。

「ラトリンログ」と「日本的ミノー」の違いみたいな漠然とした感覚だったが、説明が出来る様になったと思う。

そして「ラトリンログ」の動きは釣れないと日本人には理解できないだろうなぁとも思う。

どちらが良いかとかは、その時のバスの状態ですけども、1点で誘うなら「ログ」だろうなぁ、そしてそっちの方がワタクシ的に釣り易い。

作っているミノーはダートして、そりゃ見ている分にはとても楽しい、操っている感がバンバン出てる。

しかし、一見変化が無い感じのログの方が「食べやすい魚」の動きだと思うのです。

移動距離が少なく、もじる様にボディーを動かし三半規管をやられた魚を演じる、ウマそうじゃないですか。

・・・・とりあえず、横に動くミノーを作り上げてからこれを作ろう・・・・ログには負けるだろうけども。

やっぱり楽しいねぇ。

でわたお!!

PageTop

たら・設備増

今回のサンプル作りの時に、大量生産性・増産手順・そうした時にルアー並び作業場の状況を調べてました。

その中で、手を付けれる所を見つけ改良するために設備増強をおこないました。

シリコーン型を取る時に、シリコーンの中に空泡が無い方が強度が高い、しかし真空脱泡機なんて物は高くて買えない。

タッパーでそんな事を出来る物もあるけども、サイズが小さい。

といった感じなんですが、前々から思っていた物を使用してみました。

110711_2012~01

「衣類圧縮袋」テレビの通販でやっている「布団圧縮袋」の小型版、ダイソーで105円。

実際の所、効果は目に見えて現れる物ではないかもしれないが、何となくシリコーンが引き締まっている感じがする、表面に浮き出ている泡もいつもより多い感じ。

やらないよりはやった方が良いのレベルのもう一つ上ぐらい、自分的には使えるなと思ってます。

そして次は、暑い寒いで発泡の状態が替わってしまう「発泡素材」の悪い所の改善。

今回生産した物は温度(型や発泡素材、気温)によって配合を変えていましたが、最大0.8gの誤差がでてしまう。

もう1g違うと浮き方が違うので、これがもう大変。(リカバー方法はある)

なので、暑い日・寒い日対策にこちらを購入。

110713_1752~01

「常温庫」という物です、その名の通り設定温度を保つ温庫。

チョット温度設定に癖がある物で、5℃~60℃を1℃単位で設定できますが外の温度に釣られて上がったり下がったりします。

冷蔵庫的に使うとすぐ壊れるという意見が多数の中、「パンの生地を発酵」といった使用方法なら簡単に壊れないみたいなので、20℃~30℃ぐらいなら大丈夫だろうと購入。

今の所23℃設定で大体25℃ぐらいらしい、明日温度計を設置したらより分かるだろうと思います。

これで何時でも大体同じ温度で発泡可能、ちなみに発泡素材(主・硬・フィラー)も入れてます、粉モノも入れないとダメです、てんぷらと同じですね。

そして新型ルアーのテストへも行きました、より軽い力で「ダート」出来るようになりましたが、泳ぎはおとなしくなりました、やっぱり作っていくと「ゴール」は同じなのね、と特に思う。

とりあえず、ウエイト位置と重さを変更して塗装・コーティングを明日済ませて、明後日テスト。

ルアーがシンキングになるかどうかが、第一の関門、なったら発泡素材の混合比を変えた物を作らなければ・・・・ビンが無いなぁ。

といった感じです。

でわたお!!

PageTop

たら・もうやりはじめてしまいました。

製作したルアーを配ってどんな感じかを聞き、それを製作に生かす。

が、もう次のカタチに移ってる。

今回のルアー、自分で点数を付けると60点。

生産性、最終コーティング後の姿、動き、これらを合わせて判断するとこんな感じ。

んで、作っていくうちに出て来ている改善できる点を先行でやろうと。

内部骨組みももっと簡素化して、型からの剥離時のダメージの軽減をして生産性を上げ、思った以上にコーティング回数を増やした+発泡時の膨らみをシリコーンが抑えきれずにアイの足を食いつぶすのを改善し、もうちょっとフラットな側面にしたい・・・などなどをやり始めました。

なので、今回のルアーはこれ限りになる可能性が高い、元型も壊れて来ているので原型が取れない可能性もあるので。

といった感じの事をやっている。

想像通りなら、ジャーク時の変化がクイックが利いた感じで、もう少しダートした時の止まり方が「きゅっ」ではなく「すすっ」な感じになるはず・・・・たぶん。

といった工程をやってます、感想おまちしてます。

でわたお!!

PageTop

たら・昨日はありがとうございました。

昨日はどうもありがとうございました!!

コロス氏との話はやっぱり面白い。

そしていつも最後は人生相談になってしまって申し訳ないです「フィッシングエルモ」さん。

そしていつもながら凄いなぁと思い知るんですよ、この二方に会うと。

ルアーに対してのディープさが違う、やっぱり大阪・明石への旅は必要だと自分自身思います、はい。

「フィッシングエルモ」さんに最後本を頂きまして、新幹線で読破。

「福」に憑かれた男

という本でして、読むと「ああ今まで仕事をしてきた中で、すこしでも実現できている事」があって、やっぱり間違ってなかったっ!!という思いで嬉しくなる。

震災が起こった時の「東京ディズニーランド」の従業員さんたちが取った行動を皆さんはご存知でしょうか?

各人が「ゲスト・お客様」に対して、自分が考えたお客様にとって最良の事を独自に考えておこなう。

寒いだろうから商品を包むビニール袋を配る、安心して頂くためにお話をして回る、その他多くの事柄を自分たちで考え実行する。

そんな事をすばやく行動に移せる「人間」を見て、本当に涙が出そうになった。

まさしくそれがやりたい事だったから、そしてちょっとでもやって来た事だったから。

そんな事がこの本には書いてある。

で、また泣きそうになる。

また人のせいにしやがってと叩かれるかもしれないが、こんな行動を仕事で、飲食でやると理解されない事が多々あった。

しまいには上役から睨まれる。

決して「店内ルール」に違反している訳でもなく、お金が掛る事でも無く、誰かに負担が掛る事でも無い。

そんな事でも睨まれる、やってられなくなる。

なので、テレビでそんな行動を見て、本でそんな行動を見て、とてもとてもうらやましくなる。

いつかそんな仕事をやりたいから、目指す物が見える。

いってよかったな、大阪・明石。

また行きますのでよろしくお願いします。

でわたお!!

PageTop

たら・刺される

今作っているルアーは「情報収集機」のポジション。

人に渡して感想を聞くのがメイン、販売にはもう少し色々な課題をクリアーしないといけないと思っている。

でまあ、雨が降っていて出来る作業も限られるので釣りに行く、というかルアー耐久テスト見たいな感じ。

ジャークによってルアー側面に出来るローリングマークの具合を確かめるのだ。

基本発泡ルアーは削れに弱いと思っているワタクシ、これの問題を出来るだけクリアーしたいなとセルロースによるコーティングにしましたが、さてどうなんでしょう?

そして、釣り場についての3投目でニゴイ。

その後魚影なくで、とにかくジャークしていますと右手薬指にかゆみが・・・・!?げぇ!!「ブト」だっ!!

昨年右腕を噛まれてから、対策として長そでと毒を吸い出すポイズンリムーバーを購入装備してましたが、まさか動いている手に止まるとは!!そして油断してポイズンリムーバーは車さ!!

出来るだけ手で絞り出して対応しましたが、ちょっとしか毒混じりの血しか出ない。

腫れて来て、右腕肩口までしびれる。

でも釣りを続行。

が、今度は左手小指付け根を・・・・さらに右手小指まで・・・。

早めにリムーバーを使った所は使わなかった所よりは腫れないが、結局只今両手小指がアンパンマン見たいになってます、痛いかゆいです。

挙句通り雨に振られ、宮島パワートライアスロンの道路規制に捕まりかけで散々。

家に帰ってリップ形成も手がこんなのなので、うまくいかず開き直る事にする。

そして個人的なリベンジ「餃子の皮」作り、手は腫れていましたが昨日練っておいた生地が良い感じに出来ていて、少し溜飲を下げる事に成功。

この感覚をルアーにも求めます。

でわたお!!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。