廣島のオジキ・ローカルルアーへの道

ワタクシ「廣島のオジキ」が作るハンドメイドルアーはローカルルアーに成れるのか?と、その他もろもろのお話を「たらたら」と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たら・増える増える

ルアーだったらまだ平和なんですけども、増えて行っているのは「薬」。

鼻の手術をしてから、というかその2年前ぐらいから鼻の薬を飲んでまして、病状は一進一退。

そこへ「体に良いサプリ」が加わり、ちょっとゲンナリしてましたが、このたびめでたく「気管支喘息」も併発、この薬も増える。

もう何をどの時間に飲むのかこんがりまくってます。

しかし「気管支喘息」は怖いね、昨日夜は寝れないだけだったらイイとは言わないが仕方が無いと思えたんですが、始めて「息が出来ない」感覚を味わいもうガクブルです、死ぬかと思って少しパニックになりましたよ。

階段上がるだけで息切れ、さらにひどくなって動くと息切れ、動かなくても呼吸困難、すげ~怖かったっす。

とりあえず、朝まで安静にして病院に朝一から駆け込み、診断「喘息」。

レントゲンは大丈夫でしたが、点滴を打ってもあまり効かないので飲み薬を増やされました。

苦しかったら明後日点滴打ちに来いとの事、貰った薬を早速使いましたがまだゼロゼロやってます、寝たいんですけど寝れない状態です。

勘弁してほしいです、普通に暮らせるって本当にかけがえのないモノです、ホントにそう思う。

落ち着いたらちょっと寝てみます、つらいわ。

でわたお!!

スポンサーサイト

PageTop

たら・技術不足

圧倒的に技術不足を痛感する。

もっとルアーを作って技術を上げないといけないですね、今現在の技術力では出力出来ない創造物が多すぎてゲンナリする、というかガッカリと言うかねぇ、自分自身にガッカリだ。

モノを作るにあたって、その設計が始まった時点でそれは時代遅れになる、なのでその設計を早く形にして早く世の中に出すことが必要である。

これは戦闘機を作っているお話を読んで知りました、理由としては今日現在の技術での設計は翌日に出来た新技術を元にした設計に負けるからだそうです。

という事で、もう今現在作っているルアーは私の中ではもう古い感じに感じてしまっている訳で、というか生産ラインに乗せて見ないと分からない事がまだまだたくさんあるんですよね。

で、朝からまた色の塗り直しをしまして「もうこれ以上するんだったら新しい物を作ってしまった方が早い」と煮詰まり始めた訳です。

なんのこっちゃ分からない文章ですが、こんな感じですね。

次に作りたい物は分かっている、しかしこのまま作っていいもんだろうか?

技術を上げるための方法として「大きな物を作ったら、次は小さな物を作る事」を順番にやると上がりやすいみたいです、さてどうするか。

とか言う前にこちらを仕上げます、というかヤレオレ!!

んでわたお!!




PageTop

たら・納得いくまでやる

本日塗装終了モノから色止め作業に入ったのですがどうも色が気に入らない。

塗装はやはり技術劣化が早い気がする、というか塗りながら進化しているのかもしれない。

最初に塗ったルアーと最後に塗ったルアーでは出来上がりが違う。

今回はそのまま流そうかと思いましたが、やはり納得いくまでやろうと再度塗り直し。

もとより塗りながら色を決めていったりしているので、塗って失敗でやり直しとか・・・。

「ミノー」は基本的に「キラッと光る」ものであれば釣れると思う、なので「銀黒」で基本的にすむ。

しかし水の色や時間帯によっての太陽の光具合とかによって「色」を使い分けると言う事を最近意識し始めています・・・が、まだ明確に分からないので自分で知って受け入れて消化出来ている色を塗る事にしました。

しかし塗装も奥が深いわ、一番「物が魚になる」事を感じられて好きな作業なんですが、知識と技量がまだまだ足りない・・・、継続による経験値を上げて行かないといけない。

という感じで、こねくり回しながら作業、セルロースコーティングの方が融通が利くが色の発色はエポキシの方がイイ感じがするのでまた迷いが出てきました、今回はセルロースで行きますが・・・・。

奥が深いです、何事も。

でわたお!!

PageTop

たら・雨が降りすぎて塗装が出来ないので・・・

なんか大量に塗装をしようと思うと雨に振られる・・・、もはやこれはパターンクサイ。

本日はもう本当にえら~く降るので塗装は諦めて、作りたかった動画の試作を作ってました。

基本的にこういった流れで・・・というのは前々から頭の中にあって、これを吐き出したかった。

という事で前の動画の前後に付けたかった動画をひっつけてみました、こんな紹介動画を作りたかったんだ!!

ではどーぞ。

[広告] VPS


どうでしょう、妄想の産物ですがこうゆうのがやりたかった。

しかし音楽とさらに紹介テロップを付けたら、ネット投稿のための時間がさらにかかるんだろうなぁ、ちなみにこの動画で1時間30分ぐらいです、Macだとどうなんだろう?

で、もうちょっと色々手を加えます、もとよりルアー動作の画は取り直しますしね。

な感じです、んでわたお!!

PageTop

たら・紆余曲折中

111115_0835~01

発泡した後に整形となる訳ですが「メンドクサイ」。

いや、整形しやすいデザインにしてない時点で自分のミスですね。

ここでしっかりやらないと塗装で荒が出る訳ですが・・・でましたねぇ、しっかり確認したつもりでもねぇ。

で、色々他にもありましたがとりあえず塗装一種類終了。

111117_2205~01

目の玉が入るまで感想は「未来型ネコ型ロボット」のカラーになってしまったでした、目が入ってルアーに見えてきました、この後ドブ漬けでカラーがやや薄まるので濃い目に塗ってます。

カラーイメージは「スティクワームツートンカラー」。

細かくは全部で来てからで。

んでわたお!!

PageTop

たら・ああっいい・・・

111112_1113~01


いいですねぇ~、手前みそながら良い発泡です。

軽くかつ、硬度が高い。

イイ感じの発泡混合と温度帯を発見できました、ほぼ偶然ですが偶然に出会うために回数を重ねている所がこれまたミソだと思います。

継続は偶然を引きよせるんです。

そんな発泡待ち時間に「七宝焼き」の体験をしてきました、といっても歩いて5分。

広島造幣局のイベントで「海外硬貨展と体験コーナー」という物をやってまして、七宝焼きに興味がわき行ってきましたよ。

で、物はこちら。

111112_1118~01

銅板型に銀メッキが施してあるものに、色粉を水で練った物を乗せて行く感じで枠内に盛ります。

それを焼くと色粉がガラス状になります、作ってみて思うのは粉と水の割合で粉の方が多い(ドロドロ)のほうが色か濃く残るということ。

これさえ分かれば、もう少し色合い的に計算が出来ます、次回やればもうちょっとウマいはず。

こうやって感覚を磨く事を怠らない様にしようと最近やってるんですね、ここの所いろいろな展示に足を運んでたりします。

やっぱりなにか得てる感じがします、何かはハッキリ言い表せませんが・・・。

で、世界の硬貨点であれば見たかったんですが、やっぱりないなぁ「チェコ硬貨」というか「アルフォンス・ミュシャ」のデザインした硬貨、あれがみたかったんですけどねぇ。

ま、仕方なし。

でわたお!!

PageTop

たら・そうなのね。

[広告] VPS


FC2・・・高画質に料金求めるなよ・・・・。

はい、昨日載せました動画を再度載せました。

撮影としてですね、歩きながらただ引きを撮ると物凄くぶれる、歩きながらのジャークはどうしても強めのジャークになってしまって、柔らかいジャークとかの画が撮りにくいです。

水中撮影はカメラを沈めて液晶を水面に向けて見るのですが、光が反射して液晶が真っ白で見えません、画像は感でやりました。

色々と課題が分かってきたので、これらをクリアーして行きます。

ルアーはあれでほぼ完成です、水中画像を見てもうちょっとだけ浮力を上げる事にしました、これでもう少しロールスピードが速く大きくなる予定。

上からの動きだけ見るとアピールが少ない「ただ引き」ですが、実際はロールをしてくれています。

前から「小さい物が大きく動くと良く釣れる」というのは認識していまして、「フラットフィッシュf13」や「タドポール」、手前みそで言うと「キラキラミノー」なんかが良く釣れました。

「フラットフィッシュ」はスロースピードのタダ巻きでないと水面を割ってしまいますが最強の釣れっぷりだと思います、財力があったらキャロライナリグあたりで底を引きたいです、絶対釣れます。

「キラキラミノー」は大きさの割にフラッシングが異様に強い奴で、これはタダ巻きでは使えないぐらいバランスを悪くして、とにかく「光る」事を強調したルアーでした、その分トゥィッチしやすく水押しも強いと考えられます。

といった具合に「小さいけれどアピール大」というのが、小さなルアーを作る時のコツかなと。

では「大きなルアーは?」と考えた時に「大きい動きでゆったりとしたモノ」かなと思ったりもしたのですが、イマイチ分からない。

で、なんだかんだでこのルアーに搭載した動きは「大きいけれどバタバタと大きく動きすぎない」というもので、大きい物が大きく動くと人間の目から見ても「アピールが大きくて全体的に大きく脳裏に写る」ので、小さな魚が食べてくれるイメージが湧かない。

人間がそうなんだから、水を通して体で感じる魚は特にそうだろうと思しました。

なので「大きいけれどバタバタと大きく動きすぎない」という性能にして、大きい割にあまり泳がない=襲い易いとならないかと、さらに弱った魚に見えないだろうかと設定しました。

その反面ダートは「ノーシンカーストレートワーム」の様な。ヤマセンコーをトゥィッチした時の様な手軽さで動きが出せればなと思い、なるべく軽い力でと言っても操っている手ごたえを出す感じで設定。

ジャーク→トン!とリップが水を掴む感触→ラインフリーでダートが感じ易くなっているはずです。

動画上ではランダム気味になってましたが、弱めにスローな感じでやると綺麗に左右にダートします。

浅目の1.5m以上での釣りではナイロン20ポンド、それ以下の水深を狙うならフロロ14ポンドから上でと作ってみました。

ロッドは6.6fのミディアム、投げやすくダートするだけのパワーを軽く出せる物で。

どんなロッドでも同じ動きを出せる様にすべきでは?と思い一時期やってましたが、それだったら竿がこんなに販売される訳が無いというのに気が付きまして、この考えは撤廃。

ルアーに合わせたタックルというのは、ユーザーがどうやってルアーの性能を引きだすのかを楽しんだりするものであって、こちらから合わせに行くものでは無いのでは?と思います、自分の納得がいくように設定しての一匹はやっぱり価値がありますもんね。

ただその逆に、自分のタックルに合わないかどうかを判断できない状態の時に、合わないルアーを使って「これ使えない」と判断される事も多々あるんだろうなと思います、昔のワタクシがそうでしたから・・・。

とまあ、話が流れましたがこんな感じのルアーになりました、生産を開始いたします。

んでわかしこ。

PageTop

たら・編集機能練習

長めの動画を作ってみました・・・・・が、3分間で1時間20分ほど読み込みにかかるとは・・・、動画サイトを利用している人たちの苦労を知りました。

Mac(←合ってる?)だとこういった作業は早いらしいのですけど、どのくらい早いんだろう?気になります。

使用しているルアーはもちろん作っているミノーです、ではどーぞ。

[広告] VPS


色々と試してみたんですが、もうちょっと慣れないとイケマセンな。

とりあえず、解説は明日にでも。

んでわたお!!

PageTop

たら・動画テスト

動画に挑戦すべく新たにマシンを投入です。

ついでに行ってみたかった他のダムにも行きましたが、行くのに変に時間が掛って見て回る時間が短い事になってまして、これは後日談にでも・・・。

ではどーぞ。

[広告] VPS


小でやるとどうなんだ?

[広告] VPS


でまあ、左巻き右投げでジャークと巻き取りを右手、左手にカメラ。

問題は「右手だけで操作する様にデザインされた」カメラだと言う事。

撮影時にはFBI捜査官とかが右手に拳銃、左手にライトで両手をクロスさせている様な状態、画面が見えないのよこうしないと。

で、ボタンとかも右使用なんで撮影ボタンを押すのに四苦八苦、ズームとかも難しくてねぇ。

もうちょっと研究します。

とまあでわたお!!

PageTop

たら・たいへんだった・・・・。

「笑っていいとも」を見ていると、ゲストさんが電話をかけようとしていた。

タモリ「それって次のゲストじゃなくて、一般の人の番号だよね」

ゲスト「そうなんです、私の出ていたCMが悪くて一般の人にお詫びの電話をしないといけないんです、ランダムにかけないといけないんですよ」

タモリ「へー、大変ですねぇ」

何故かそのままオンエアが流れ、ぼーっとしていると自分の携帯が鳴る。

オジキ「はい」

ゲスト「CMではスミマセン、で、次のゲストをですねぇ」

オジキ「はい?」

タモリ「ということでいいかな?」

オジキ「いいとも~!」

何故か、ワタクシがゲストを呼ぶ羽目になる・・・という夢を見た。

なんだ、変だ夢だわ・・・・。

で起きると実家で夕方近く、姉が「あんた次のゲストどーするん?」

オジキ「そうなんだよね、寝てて忘れてた、時間無いしどうしょー??あっ!!よっちゃんに電話してみよう」

で、よっちゃんに電話・・・しかし出ない。

テンパり始めて、どこかにメールと携帯をいじるとすぐ着信。

よっちゃん「どないしたん?」

オジキ「や、あれあれこうで次のゲストによっちゃん出ない?」

よっちゃん「無理やって」

オジキ「じゃ、なんかゲストつとまる人間知らん?」

よっちゃん「おらんなぁ・・・・」

とここで、「コロス氏なら学校繋がりで芸能人的な人間が引っかかるかもしれん」と思いつく。

オジキ「コロス氏ならツテがあるかも!!ちょっと連絡取るわ」

と電話を切り時間を見るともう夜7時、やばい!!・・・・・ってところで「本当に目が覚める」。

なんか一回起きて、すぐ二度寝、そこから夜の7時に目が覚めて時間を確認したらしい。

変に焦った、変に焦ったさ!!

ワタクシこれ以外に「さあ起きて」と蒲団から出て扉に手をかけて「これってまだ寝てるんじゃない?」と懸命に目を開けるしぐさをするとやっぱり布団の中で・・・・というのを6回繰り返したりというのも在った。

この「蒲団から出て」の映像は第3者視点で見える所がポイント、一部幽体離脱的な事も入っているかもしれん。

というのをここ1ヵ月で経験しました、「布団から出て」は子供のころからやってます、ここのトコロ無かったんだけどなぁ、また出て来た。

といった事でした、夢ネタでした、かしこ。

PageTop

たら・本屋にて

本屋にて「バカでも1000万稼げる~」とか色々なビジネス本が出てまして、それを立ち見。

「期限が1週間あっても素早く案件を上げると自分の株がアップ」なんて書いてある。

がしかし、早くやる事によって自分の株が上がれば良いけども、上役からうとまれたりもする事もというか、ワタクシそればっかだったので信じられません。

それよりもだ、そういった事をしても「認めてもらえる」会社や部署に付ける方を教えてもらえる方が良いと思うんですけどね。

まあ、今の時代お金を稼ごうと思ったら「ビジネス本」と「自己啓発本」を書いた方が逆に儲かると思います。

内容はある様で無い物でも良いと思う、特に自己啓発系は。

結局自分自身が「やるかやらないか」の問題ですからね、解決策を提示された時に。

それで失敗しても(やったとしても)「自己責任」で済んじゃいますから、本の通りにやったのにとか言われても「それは本であって実際は違うのよ」とか言われますから、ハイ。

ちょっと辛口の事を書いたますが、なんかそう思うのよ。

消費税10%ですか、その前にの駆け込み需要とかあるんだろうか?あるかもしれないですが、購買意欲が無くなっていきますよね、ホント。

一番最初に喰らうのはやはり「外食産業」でしょう、今でも厳しいですから。

で、大手のセントラルキッチン(多くの店舗展開をしている飲食店の食材加工基地)を持っている所がさらに、大量に安く食材を手に入れるて、さらに調理の手間を省く加工をして出荷。

各店舗で少ない人員で無理やり回して、安く提供。

食べる方は良いんです、安いからとりあえず食べるから納得する。

でも、大手では無い個人店なんかだと、かなり厳しい、大量仕入れなんて出来ないもの、持てないもの。

そして大手の店舗の従業員も大変、そりゃ慣れれば回せます、盛り付けも何とか出来ます。

しかし、基本的に無理をして回してるんです、無理して回しても待遇は替わりません、回して当然というスタンスだから。

外食産業はこれからもっと経営統合が進む方向に行くのでしょうか?時間帯売り上げに対して最少人数しか置けないのでしょうか?

とここまで書きましたが、これらはワタクシが2~3年前の仕事で感じた事なので、しごとの内容は替わっているかもしれないです。

というか、替わっていて欲しいです、あの状態のまま行くと価格競争と人員耐久レースにしかならないですからね。

という事をまたぶり返す様な事を本で読んだ訳です、チョロットですが・・・・。

消費の限界の一つが、物が有り余っているからという事があると思ってます、なのでこれらを全て消去する方法が一番安易な考えなのも分かってるんですけどね、破壊衝動に駆られる時があります。

なんか、ごちゃごちゃ書きましたが、流し読みにしといてください。

じゃまた!!

PageTop

たら・発泡はじめました。

111103_1457~01

発泡作業を始めました。

本日は準備しながらだったのでこれ一回だけの予定。

今まで最大でも3個の発泡型を使用した作業だったのですが、今回は5個。

よくよく考えれば6個の方が作業効率から行けばイイ感じですが、5個でもてんやわんや、ばたばたです。

で、硬化に一時間、最終的な硬化に一週間→これは内部の発泡ガスが抜けるまでの時間。

とりあえず、今回の一発目の発泡で型の状態と作業時間は大丈夫だったか?とか調整です。

そして最近自分自身のバス釣りに対しての理解度が上がってるなぁと感じる事を。

「Basser」の記事が分かるようになって来た、というか自身の経験上の感覚と同じ記事が載っている事に驚きました。

自分もちったぁ経験が上がってるんだなぁと、なにごとも続けとくもんだわねぇ、などと良い方向に考える事にします。

でわたお!!

PageTop

たら・説明書とにらめっこ

去年は良く足こぎボートに乗って釣りをした。

なもんで「今年も!!」と年初に思っていましたが、鼻の手術後の体調がダダ下がり&テストルアーの最終形態がいつまでたっても出来ない事が響いて、去年より大幅に乗れなかった、というよりは乗って無い。

しかし妄想は広がるもので、あれやこれやと早めに買ってしまったり作ったりしたものが部屋に転がっている訳です。

という事で、最終プロトも出来たし、なんとか咳込むのも抑えたしとの事でボートに乗ってみました。

まず試したい事は「足こぎボートのハンドル固定器具」。

前までは鉄パイプ仕立てでしたが、取り扱うのに重いので塩化ビニールの奴を作ってみました。

111102_1142~01

んん、やはり重くないのでというか固くないので、ボートを痛めなくて済むところがとても心にはイイ。

そして一昨年から試していた「ビッグスプーン」のタックルを組みました、自分でやっていたのは最大7gのスプーンでしたが、今回からダイワの「ビッグスプーン」を使用する事にしてタックルを組み直しました。

111102_1143~01


今現在ワタクシの中にある「これで釣ってみたい!!」と思わせるのは、この「ビッグスプーン」と「フロッグ」。

弥栄でフロッグはワタクシの中では台風前と後のタイミングが合った時のものでして、今年は全く合わなかったので出番なし。

しかしビッグスプーンはもう少し出番が長いというか、深い場所の魚を取る時に必要になるだろうと勉強を開始した訳です、もしかするとソナーとかの方が良いかもしれないですが・・・。

本日はかすかに「フラッタリング」している振動を感じる事が出来ました、ロッドはもう少し固い方が良いみたいですが、そんな金は無い!!のでこのままでやってみます。

で、このビッグスプーンで釣るためには「地形変化」を読み取らなければいけないし、ベイトフィッシュの有無も必要というのを読みましたので、こちらを購入。

111102_1141~01

「ハンディ魚探」お値段的には1万円を下回ります、今ならね。

魚探をPC検索していました所、特別価格のこちらに出会いまして、即購入。

音波ヘルツは106とかだったか、ピンポイントとかには出来ませんが、何となく地形変化が分かればと思った訳です。

なにより「フィッシュアラーム」が魅惑の音を奏でてくれまして、釣れる気がアップしますね。

という事で湖上で説明書とにらめっこ、すぐに分かる物でも無いしとだらだら流しながら、アラーム速スプーンをベースにやってみましたが、やはり難しいです。

振動波をだすものがワイヤレスであるんですが、跳ね返りを受信しないのか?はたまた本体との通信が途絶えているのか?水深15mからいきなり0mとかになります、振動体の引き方が悪いんかなぁ?とか悩んでます。

ちなみに、おかっぱりから本体をラインに付けて飛ばしたりできる様になってまして、黄色いアヒル体調の様な格好です、完全固定の方がイイのかどうかを今後の検討課題にします。

111102_1141~02

そんな事をやりながら、ミノーの最終プロトがボートからの釣りでは使えるのかも実験、結果いいんでないかい?といった結果となりました。

シャローに魚が居れば反応とかを見れたんですが、魚探のアラームを信じるとすると魚は8mラインに良くいらっしゃいました、これって6mクランクでとれるんでしょうか?これも今後の課題です。

といった感じでした。

とりあえず、風邪薬を飲み終わったので、飲む薬が減ってちょっと楽になりました。

んでわたお!!

PageTop

たら・こじんまり完成

咳が止まりません、あげく少し血が混じって痰が出る。

もうね、メンドクサイ、体調が上向いたり下がったりで本当にメンドクサイです、ハイ。

と言いつつテストで微調整中のミノーは完成となりました。

111031_1431~01

そこに行きつくまでに20ちょっと作りましたよ、長かったのか、もっと良くなるウエイト位置があったのかはもう考えたくない・・・・。

最終的に「こじんまり」した動きになりました。

何が凄いとか、ここが他とは違うとかはあまり気にしない様にして、「飛距離・簡単にダート・タダ巻きでも釣れる」といったスタンダードな事がちゃんとこなせる物を作りました。

という事で只今内部ウエイト付きの骨となる部分を製作中、発泡用に5個シリコーンを作りましたが、骨組みシリコーンは2個だけで回すことにしました、シリコーンが無いので。

なので発泡しながら骨を作る事が出来ないので(硬化時間的に)本日は骨のみ生産中。

で、先日のテストの時デカイ「もずくがに」を発見、美味そうだった。

111025_1412~01

そして、近くの川には本当に「チヌ」が遡上してますねぇ、これを簡単に釣れるようになると面白いんでしょうがねぇ、本当にうようよいますよ。

111101_1416~01

見難いですが、稚魚がボラに混じっていらっしゃいます。

といった感じです、体がちとだるいというか血混じりってどうなんだと、口の中の味がねぇ不味いんですよ。

んでわたお!!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。