廣島のオジキ・ローカルルアーへの道

ワタクシ「廣島のオジキ」が作るハンドメイドルアーはローカルルアーに成れるのか?と、その他もろもろのお話を「たらたら」と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たら・そして今日もぽっかりだったのだった。

本日訓練休み。

ルアードブ漬けは1.2gまで終了、残り0.8g。

作業は1日おきにしてますが、天候がねぇホントどうにかならんもんかなと。

訓練の方は昨日業界の方がきて下さってお話があり、これがもう面白かったので次回も期待する始末です。

訓練用のマニュアル本があるのですが、個人的に本屋で良さげな物をもう一冊購入、挙句「人物デッサン」は全くやってこなかったのでネットで評判の「やさしい人物画」「人体のデッサン法」と二冊を購入。

これがまた面白い!!しかし文章は細かく読まない事にした、ネット評判は「良いけども、やさしくは無い」とみなさん言ってらっしゃいまして、これは文章を読むからではないかと・・・・とまあそんな感じ。

動画に音楽を付けるべくフリーソフトをダウンロードしてみたり、動画なんかを本体PC置いておくと重くなりそうなので、外付けハードディスクなる物を購入したりとやってます。

結実するまでまだ時間は掛りそうですが、頑張ってというか無理やり一つにデッチ上げたいと思います。

さて、みなさんカップうどんの「どんべえ」が袋ラーメンの如くになったのをご存じだろうか?

先日見つけて「おっ!カップより安くつく」と思い購入したのですが、本日の昼飯時に袋を開けると「麺がくだけてます」。

うどんの乾麺の麺密度が薄いためだと思われます、ラーメンだと細いモノが入り組んだ格好で強度が出るのですが太麺でまばらに固まっていては強度が出ない様です。

たまたまの一袋なのか?は後4つ食べて見ないと分からない、後日また書きます。(ホントか?)

あ、イラストレーターで「Onちゃん」を書いたところ、実に手数がいらない。

そんなイラストで人気があるとなると、なんてコストパフォーマンスに優れたデザインなんだと凄く関心。

まああの番組のおかげですが、中の人の活躍はぜったいに忘れてはならないなと手に一升瓶を持たせました、ハイ飲んでます。

といったところです、やることが多くて「Basser」が全く読めません、というか見たい記事しか読まなくなってきてます。

じゃまた!!

スポンサーサイト

PageTop

たら・ぽっかり空いた本日

訓練は週五あるのだが、なんだかんだでぽっかり休日と言う日も仕込んであって本日がそれに当たる。

ルアードブ漬けは何とか継続中ですが、雨降りすぎでしょうに・・・・と言う感じ。

授業はすんごい楽しい、目の健康を考えて50分で10分休みの授業時間設定がもどかしい、ずっとやってたい。

今はイラストレーターを集中的にやってますが、本当に基本操作を習うだけの授業なので結局それをどのように使うかは「本人」しだい、自分に合わない操作は使わずに作品仕上げも可能な感じ。

そして習って三日目の昨日で色々開眼、大体絵が描けるようになった、でも色の付かない場所があったりで今日はそれを回避するための画の組み立て方をぐるぐる考える・・・で、たぶん分かった、しかし家で出来ないので明日確かめる。

これが出来る様になったら「ステッカー」や「商品パッケージ」も生産可能、名刺も作れる・・・とりあえず「ステッカー」だな、デザインまで頼むと手の出ない値段になるが「イラストレーター」で原画入稿での生産だとかなり安くなる、一回やって見たかったんだよねぇ・・・ふへへへへ。

さらに授業が進んでいくと「リップ」の外注のデザイン入稿も出来るようになる予定、これで素早く発注が出来るし、修正の話もスムーズに進むと見た、やはり必要な「力」になる授業だ。

でも実はヒューマン時代に少し授業があって、ちょっとだけ基礎的なものはあったのとバージョンが進化しているのでやりやすいのかも、もっと集中的にやりたいわ。

さて話変わります。

今ニュースで「茨城県で3億円の校舎を燃やす実験」というのを見てます。

なんで3億を燃やすのかと言うと「どれだけ火災に耐えれるのか?」という実験、その他の理由は各自で調べて頂く事にしまして、着火点が職員室という事で「ああ、やっぱりここなんだと」思った。

中学校の時の中学校火災の火元が「職員室」だった。

原因は「受験に悩んだ生徒が成績表などを燃やす」という受験戦争の申し子的な原因だったなと思いだす、冬休み後の始業式の日での事件でした。

ワタクシは勉強に興味がまったく無いので、まったくできずで行ける高校に行きました、まあプレハブ校舎が気に入ったのもあったのですけどね、なんか思いだしましたね。

さらに話が飛びます。

でまあ、訓練が始まったので平日は学校なのです、しかし本日は休みと言う事で平日しかやって無いランチに行ってしまった・・・カップラーメンで済ます予定だったんですが、休みにならないと行けないという思いもありというか、何よりココの飯が美味いんだなコレが。

と言う事で家の近くの「チャイナ・パパ」という中華料理屋に行きました、ここは大阪に行く前から何かしら通っている所で、こちらのお店のおかげで「野菜」が食べられるようになった。

ワタクシ今でこそ調理師免許などを持っていますが、元々「野菜が嫌い」で自分で食べたい物を食べたいように作っていたため料理が出来るという人間、本当に高校卒業してから数年は野菜食わずで来ました。

しかし「チャイナ・パパ」でのランチを食べるようになって、少しづつ食べれる野菜が増えた、おかげで食の世界が広がったと言う訳、というか調理師として働けるようになったとも言える、凄く感謝している。

そんなお店のランチは凄いのよ、850円で「ご飯・漬けもの・サラダ・一品」とまあ普通に見えますが、量が多い。

最近サラダ量が減って食べきり易くなって来ましたが、元々一品とサラダが同量だったりして凄かった、一品も約30cm皿にボコッと盛ってあって、夜の一品と変わらない量、1.5人前ぐらい。

ラーメンなんかも麺が1.5麺ぐらいだったりして、ラーメンセットなんかももう「ふはーっ」と料理が威嚇してくれます「剛腕を振るわれる飯」としか言いようがない量。

そ・し・て、この他にランチメニューを選択されたお客様用の食べ放題料理なんかもあって「カレー・ふかひれスープ・一品・茶碗蒸し・デザート」が喰い放題、おかわりの「ご飯・おかゆ」も食べ放題と誘惑が多すぎる。

茶碗蒸し好きなワタクシは2つ食べたいのだが、他の誘惑に負ける事も多々あり、何よりメインのランチの量が多いので色々計算しつつ食べないとデザートまでたどり着けない、しかしいつも誘惑に負ける、喰いすぎる、適量で喰い終わった事が全く無い。

と言う事で腹パンパンで毎回店を出るんですよね・・・ちなみにこちらのオーナーの師匠は「陳健一」氏みたいなので味は確かです、ウチで中華と言えば「チャイナ・パパ」指定です、味なども盗んでます、だって美味いんだもの。

ちょっと残念な所は「全面禁煙」では無い所、吸わない人間ばかり優先しろとは言いませんが、出来れば食後の一服は外で・・・とお願いしたい。

といったトコロ・・・雨が凄く降り始めましたね、またドブ漬けが遅れる・・・。

でわたお!!

PageTop

たら・色々近況など

はい、では。

セルロースにドブ漬けは、雪・雪・雪で未だに出来てません、本日晴れましたが地中の水分が蒸発で湿度高しでしませんでした、明日はどうにかなるかなぁ?なトコロ。

テストは良好、2gコートで良さげ、ジャーキングでやはり動きが良かったのは6fMLでした、というか戻しが出来て無いんだなと、MLは戻りやすいからねぇ。

で、なんでログがあんなに横を向くんだろうか?「フィッシング エルモ」の第二弾DVDを見て頂くと分かります。

そしてフィッシングショー大阪に「スキート・リース」氏が来日してくださってましたが、前に来た時は確かクラシック優勝とかしたんですよねその年。

前回のツアーは不調でしたので厄落としになっていただければ幸い、ブースではスピナーベイトの絵を書いて何やら打ち合わせしてました、出るか!!新作!!・・・といっても前に出したスピナベを日本では簡単に見られないので新作も何も無いかね。

そして職業訓練が始まる、凄く警戒して(過去記事のどこかを読み直して下さい)ICレコーダーを持って行きましたが、講師の先生はイイ感じ、すごく安心した。

授業内容は超初心者用の内容で、ワタクシ的には良いですヒジョ―に分かりやすい。

ネットでの評判通りで、やはり講師の方によって印象が違うと言う事と、超初心者向けなのでスキルアップで来ている人の中にレベルで不満と言う人が居るのは良く分かった。

でもワタクシ的にこれでちょうど良い。

あと何か書きたかったんですが忘れた、なんだっけ?

あ、あとカウンセリングで「あなたの適職」を調べる奴をやりましたが、色々高い数値を叩きだし適職多数と出ましたが(やってくれた人が驚いてた)、一つだけ点数が低い奴が・・・・というか「0点」というこれまたやってくれた人が驚く点数を叩きだすという離れ業をやってしまいました。

「対人関係・・・0」

いやもう「人間不信」ですので、じゃないとICレコーダーなんて買わんわな、と思いました。

不信が治ったら、もしくはそういう事をしなくても良くなったら釣りに持って行って「どういう所で・どういった状態で・水温」などを釣れたらとかの時に吹き込んでデータを取りたいなと思ってます。

よさげな先生に当たったのでいらなくなるだろうか?はたまたまた嫌われ始めて使わざる得ないのか?今後次第。

あとはね「黒豆しぼり」が美味い。

じゃまた!!

PageTop

たら・ようやくですね、色々と

月曜日にテストに行く予定でしたが連日の雨・雨・雨で行けず。

エポキシコーティングも気温の関係で硬化が遅く、ネト・ネト・ネトでセルロースまで行けず、まあ雨なのでドブ漬けまで出来なかったですが。

で、明日ようやくそれぞれの状態が良好となりそうなので、バタバタやる予定。

なのでタックルのラインを「フィッシング エルモ」さんで買った「バスプロショップス」のナイロンライン17ポンドに全部替える。(アメリカ規格なのでもちろん日本より太い)

明日1つのルアーに対してロッド3本を持っていく予定、6fML・6fM・6.6fMです。

それぞれでアクションがどう変わるか?を見たいなと、復習の意味合いも兼ねてラトリンログも持ってきます。

難点は「また寒くなる事」、冬装備を万全にせねば。

で、話変わって最近のラーメン。

広島のラーメンの最近のブームは「トンコツ」、色々と有名店が出店してきましたがこの有名店の自分の中での使い分けが完成。

いつもの定番「我馬」さん、何処からかの出店では無く広島発のトンコツ・・・のはず、これが一番好き。

そしてもうちょっと味の濃い奴なら「一風堂」、でも上記が近くに店舗があるのでそんなに行かない。

でもって最近出来た「一蘭」、ここは博多ラーメン系なのかな?本日2回目を食べましたが、やはりもっとトンコツまろやかが好きと言う事で、ランクから外れる事になりました。

味の濃さを選べるのですが「普通」だと自分にとって薄く「濃い目」だと濃すぎる。

あと麺が中麺的な太さなので、いわゆる「バリカタ」にするともにょもにょする、トンコツを食べてる感が無いのです。

と言う事で「我馬」さんがワタクシ的にとても合う、今後はまたトンコツはココに通う事になりそうだ。

んで、食べてみたい物の一部をとうとう購入、それは「すっぽんスープ」。

「すっぽん」食べてみたいのよねー、と言う事で思いあまってレトルトスープ購入、180g「840円」うひゃーーーーですが、上にはまだ170g「960円」がありました、でも180gの方が味が濃そうだったのでこちらをチョイス、明日の朝食べるんだ、たのしみだ。

そして相方が「心臓が食べたい」との事で、何かの「ハート肉」を探してこねば。

後はというか「マイク・ベルナルド」さん、とても残念です、K-1初期の方たちってそれぞれにキャラクターがしっかりしていてとても大好きでした、その中でも愛嬌がある姿がとても好きでした、ご冥福をお祈りいたします。

といった感じ、じゃまた!!

PageTop

たら・つつむ

エポキシ、上手く行きそうだが気温が低く硬化が遅い。

とりあえず垂れないぐらいの硬さで反対をコートで他何もできず。

で、相方が昨日会社用のちょこれいとを大量購入(女子総括分)したのですが包装がして無くむき出し状態、本日帰宅後●イソーにて包装紙を購入し包む事にあいなった。

しかし相方「不器用ですけぃ・・・」を完全装備スキルとして持っていて四苦八苦。

そこでルアー梱包などに昔から買い込んでいた機材などを使いお手伝い、しかも昔バイトで包装仕事をやっていたので包む手順も分かるのでお手伝い。

久方ぶりの包装作業は面白かった。

いろんな事はやっとくべきですなぁと思った次第。

あ・と・は、○山通運は個人宅配はヤバいととある方から聞いているので、出来るなら使用しない方が良いそうです、相方談(わかりますね)。

特に大阪は荷扱いが荒く、割れたり、タバコ臭かったり、態度が悪かったりetc・・・で最悪だそうですよ。

個人宅配ならもっと大手の方が安心だそうです。

でわまた!!

PageTop

たら・結局エポキシかなぁと

ルアーの目玉。

各メーカーさんの個性が割と出る部分、そして全体のぱっと見のデザインの中で結構重要な部分だと思う。

ちょっと前までは「スミス」さんの目を使ってました、次に「ジャクソン」さん。

しかしどうしても「もうちょっと黒目が小さいモノ」とか「黒目の周りに赤の輪を付けたい」とかどうしても作っていると出てくる。

そして「コスト」の事も考える。

さらに「ニシネルアーワークス」さんの目に対するこだわりを見ていると、「自分もここまでやってみたい」と思いだす。

と言う事で1年前ぐらいから、もうかれこれ13年前ぐらいにやってみていた手法を掘り起こし、再度リファインとチャレンジをしてました。

で、目だけ先行コーティングをやらないといけないので、昨日書いた3種試して翌朝見てみるとどれもなぁーと。

その中で今まで一番うまく行っていた「エポキシ」が如何ともしがたい。

何故なんだろう?と悩み、色々説明書を読んだりした結果、どうやら「混ぜすぎ」が原因ぽい。

と言う事が先ほど分かったので、只今リベンジ中、というかもうテストもせずに全部に施しました、結構「カケ」の要素が強いのですが、スケジュール的に時間が迫っているのでカケてみました。

明日の昼には結果が・・・・上手く行ってくれー!!

と言う事で、明日はボディコーティングが本当に「2g」で良いのかテストに行ってきます。

前回の「100叩き」のテストで使用していたルアーは、実は「1.5g」のコーティングでだったんです。

しかしどうしても「削れ」に強いルアーにしたい、動きに不具合が出ないのであれば出来るだけ「厚いコーティング」にしたい。

というのもやっぱり「長く使って欲しい」から、ルアーもまた「消費される文化」に乗っ取って使用される「物」ではあるのですが、その中でも長く使ってもらいたい。

日本のバス用ルアーは「定番」が出来にくい、そして「新製品を売っていく」というパターンがキッチリ出来過ぎている。

その中にあってこの考え方はある意味真反対の考え方かもしれないですが、「思い」を詰めて作っているので出来るだけ長く使っていただきたいのです。

とまあ、そういった思いから素材となる所から色々と頭を使うのです。

ん、でわたお!!

PageTop

たら・金で、たま

ルアーは目のコーティングで悩む。

とりあえず「エポキシ」「ビニローゼ」「セルロース」の3種をお試し中。

で、その間の時間で相方の買い物に付き合う、ちなみに会社のチョコレート探し。

売り場はオナゴばっかりなので食料品を物色、と果物うりばで朝見た「金柑」を発見、しかも試食付き。

ワタクシ金柑を食べた事が無い。

ここぞとばかりに試食に食いつく、なるほど!!これが金柑か!!

満足し爪楊枝を捨てて・・・って、爪楊枝以外の物が捨ててある・・・これって金柑の皮ですよねぇ。

金柑は「皮」が甘い!!「皮」が命!!

それが身を吸ってから捨ててある、身は基本スッパイ、スッパイを食べて「金柑ってこんな味なんだ」と感じているとしたら「金柑が可哀想じゃないか!!」と思った。

金柑は丸ごと食べてね、と思ったしだい。

じゃまた!!

PageTop

たら・色止め終了

とか書きながら、明日もう一回だけ色止めをしようかなと。

色止めのコツは「濃いセルロースを薄く吹く」だと思ってまして、色々考えてとある物を購入していたりする。

「カップガン」と「コンプレッサー」

元はカップガンだけ買いましたが、卓上コンプレッサーではエアが足らず使用不能、なのでコンプレッサーを買ったんですが「部屋の中でやっていいのか?」と疑問符が付き1年間ほど寝てました。

今回思いついてこれらを使用、それがすこぶる良い!!

さくさく色止めが出来る、出来るのだがうるさい・・・・コンプレッサーがねぇ。

色々考えて乾式?のオイルの入って無いのを選びましたが、そういやバイクも乾式ってやつはうるさかったよねぇと使用し始めて思った。

仕事は進むが音がデカイ。

近所迷惑が怖いので、開始30分で諦める。

で、いつも通りにやってましたら、一回全部を塗り終わるのに2時間、カップガンだったら計算上1時間で終了でした、やっぱりカップガン強し。

・・・・コンプレッサー買い直すか?とか思ったりして。

んで、昨日「Basser」を見ているとアメリカアウトドア大手の「カベラス」のカタログ無料の広告を発見、早速申し込む。

「バスプロショップス」は何度かカタログを購入しましたが、実際の通販はしてませんで妄想で遊んでた。

しかし「カベラス」は日本代理店があるらしく注文が簡単な様です。

商品ラインナップも「パスプロショップス」とは差別化されているのか?とかちょっと楽しみ。

何より「無料」であちらの情報が貰えるのがうれしい。

ん、そんな感じ。

あ、「ワクワクはアンバランスから生まれる」という一文を読みました。漫画から読み取りましたがこれはなんか響く所があった、ちょっと開眼。

じゃまた!!

PageTop

たら・黒ってすげーわな

塗装終了、あとは色止め→一部エポキシコートでドブ漬け。

塗装中に窓から雪が降り込んで来てルアーにちらちら降りかかる、うげぇ!!とか思いながら作業。

何とか塗り終わり、目玉を接着し本日終了、明日は色止め。

ザボンイエローは色落ちし易いので、気を付けて色止めしないとねぇ。

さて、今回の塗ったルアーカラーの中でナチュラルな感じに塗ったカラーがある。

ずいぶん前に塗ったルアーのカラーなのですが、これがどうやってこの色になったかさっぱり思い出せない日々が約2年ちょっとあったのだが、本日氷解。

チャートに黒でした。

「黒」と言うカラーは塗ってしまうと「黒」にしかならない様に思われがちですが、下地となる色によって色々な発色が出る。

イエローに黒で「金」

ピンクに黒で「紫」

そしてチャートに黒で「グリーン」

おおざっぱな色合いの言葉にしましたが、結構色々なカラー要素を含んでいる様な仕上がりになりました。

ポイントは下地の色を濃い目に、黒は薄くグラデーションで出来ると思います。

黒ってガラスなんかの透明感を出す時の色でもあって、本当に色々な色を発色させる要素がある。

昔「ガンダムなどのプラモで重要となる色は黒」とタツローさんが教えてくれたのを思い出す、その後違う人にこれを伝えると周りの聞いていた人間から嘲笑されたりしましたが、やはり「黒」は重要なんですよ。

恐るべき色「黒」。

と言うのを思い知りました、あっ、オレンジチャートに黒で「赤茶色」、発色のイイ感じで何かに使いたいと思った。

といったトコロ、じゃまた!!

PageTop

たら・塗装二日目

二日目です。

昨日は雨天・湿度80%と言うコンディションでしたが、本日は曇りのち晴れ・湿度50%とかなり塗装しやすくなりました・・・のハズなんですが、気温が急降下で窓を開けつつの塗装は体が寒い。

チャートは塗装終了、あと2種類なのですが下塗り銀までで終了、塗装が乾くのを待たなければいけないのでの判断。

へたに温庫などで温めると、塗装がぶくぶくと浮き上がったりする可能性があるので強行手段はとりません。

しかし塗装ヘタだわ。

見本となるオイカワとかニジマスなどはまあまあだとは思うのですが、チャートとかは色の見え方とかを考えて塗るため想像力が必要となる訳です。

その想像が出来ても色を塗る手順を間違えると発色が悪かったり、塗装が掛って台無しになったりと大変。

ある意味無難なカラーにとどめました、それでもヘタだなぁと・・・。

さて先日「フィッシング エルモ」さんを訪れて買い物をしましたが、遅ればせながら「ジャーキングDVD第二弾 ジャーキングタックル編」を購入、塗装しながら耳で聞いてました。

やっぱりおもしろい!!また色々発見がありまして、早く買えばよかったと思った。

そしてラインも買いましたが、エルモ式のラインに対しての考え方が、自分の想像していたのと大体同じで「やっぱりそうなのか!!」とちょっと嬉しかった。

明日もDVD回しっぱなしで塗装します。

んじゃたお!!

PageTop

たら・ブルー難しいんだよ

ルアーカラーで四苦八苦。

ブルーは必要なカラーだと思うんですが、塗れば塗るほど「○らえもん」に見えて仕方が無くなる。

ルアー自体はリアルな造形に作るのが好き、釣果とかには関係ないのは知ってますが「リアル」に作る事が好きなのでこれは釣果とか外受けとかの前に「自分の楽しみのためにやっている」。

で、リアルに作ったならカラーもリアルでイイとは思うのですが、今現在の脳みそでは塗れないんです。

ルアーの動きや光量でカラーの見え方や発色が違うと言うのが分かってきたから。

なので最近はテストではピンクがもっぱら、より動きを見ようと思ったら、背・黒で右・赤、左・青をマジックで塗ってどちらにダートし易いかとか、上から見て泳ぎのロール具合を見てます。

で、今までの50アップはテスト中のピンクで出てます、ピンク・銀で釣れます。

そんなもんで、イマイチリアルカラーにピンとこない「水中での違和感」がちょっと入っている方が良い。

そう考えて「ピンククラウン」「ハヤトテチャート」までは決まった、がしかし、ぶるーーーーねぇ。

と言う事でここはブルーの入った「ナチュラル」な感じにする事にする。

「水中に馴染む」ものもあっても良いかと今書き込みながら納得している、書くと大体まとまるなぁ。

と言う事でこの3種類を塗ります、多くすると訳が分からなくなるから。

んじゃまた!!

PageTop

たら・大阪の皆様お世話になりました。

大阪のみなさまありがとうございました、おかげさまで元気になりました。

と言う事で、明日から塗装です、しかし大阪から帰って来ると広島は雨・・・・白濁するなぁ。

Fショーでは「ヒロ内藤」さんに簡易的にフックの話を聞けたので良かったっす。

それとロッドでは「TULALA」を見れたのが良かった、ジャーク竿が欲しくなる。

そして相変わらずここに来るとほっとする「フィッシングエルモ」さん、毎度毎度本当にありがとうございます、これしか言えません、ホントに。

今回大阪に行って皆様方に会って「元の自分に戻った感」がありました。

広島でもそういった「仲間」を増やせばイイのかとも思いましたが、こればっかりはめぐりあわせですからねぇ、自分から出て行かないとダメですね、これ反省です。

・・・そう言えばカラー、なに塗ればいいんでしょうか?これを聞くのを忘れてた、ちょっと考えます。

でわたお!!

PageTop

たら・大きさつれづれに

第二回発泡を続行するか悩んで、中止する事にした。

これは3フック仕様のミノーを2フックに仕立て直した奴なんですが、結局自分の中では一世代前のカタチなのでこれを量産しても意味が無いかなと。

ウエイトなどの内部構造も新規にやり直したんですが、結局外見のデザインが今の考えと違うので説得力が自分の中で無くなったと言うのもある。

とりあえず第一回発泡のルアーのみを仕上げる事にする。

しかしまあルアーの大きさと言うのは人それぞれに感じる所があるとは思うんですけど、ワタクシもはや10cmが普通、それ以下は「小さいなぁ」という印象になっている。

実際10cmって魚側から見たら「大きい」のかな?とは思う、10cmクラスのミノーを使って30cm以下の魚を釣る事がほぼ無い今の状態からすると、ただ単により多くの魚を釣りたいのであれば5cmクラスのミノーの方が数が釣れるだろうなと。

まえに作って使用していた5.5cmのミノーは本当に数が釣れた。

「数釣ってデカイのが混ざる」という当初のコンセプト通りの性能で素晴らしかった。

しかし人間釣れ過ぎると「飽きる」のだ、基本的に「漁」ではなく「遊び」なのだから釣れれば良いというものではないから。

そしてワタクシも多分にもれず「飽きた」。

そして次にハマったのが「ベイトタックルで釣る」と言う事。

それまでスピニングに上記の5.5cmミノーだけしか持っていかない釣りしかしてこなかったのが反動になったともいえるし、何より「ベイトタックルで釣れるのって、なんか凄い」とも思った事も原因。

しかし5.5cmミノーを使うという発想はまだあった、ベイトフィネスよりずっと前の話で「管理釣り場」にベイトタックル時代という一時期の流行りそうで流行らなかった時代のちょっと前でもあったので、投げるのを工夫し始めた。

結果何とか投げれるのだが、投げれるだけで飛距離が出ない(多分セッティングミスと言うのもある)ベイトリールの一巻きがスピニングより多く巻きとれてしまう、ロッドが思っている以上に硬い(これも今考えると当り前の事なんですよね)と言う事でストレスがたまると言う状態。

結果「投げやすい物で出来るだけ小さなルアー」をチョイスし始める訳です。

その頃はメガバス社の「トリックダーター」が一番釣れそうだった、ビデオでの釣果とかも凄いと感じたし。

しかしその頃はバスバブル、まったく手に入らなかった。

なので自分自身で8.5cmクラスを作りだし始めたのだが、たまたま行った場所でバスが物凄く追っていた魚が「オイカワ」でその死骸をたまたま手に入れる事が出来て考え方が変わった。

そのオイカワ、全長約10cm自分が思い描いていた「魚のカタチ」とは全く違う肉厚な断面、ヒレなどを取り除くと人間的にシルエットがパッと見、魚には見えない。

「ああ、人間の思い込みと実際の魚の形は全く違うのだなぁ、そして何より食べられる魚の大きさも人間が考えるより大きな物も襲うのだなぁ」

と言う事を認識して8cmと10cmミノーを作る、釣果は8cm物の方が釣れたのだが、投げる快感は10cm釣れる魚の大きさもこちらの方が良かった。

そしてこの10cm1で10cmのバスも釣れた、やはり釣れるのだとも思ったが、驚きの方が強かった。

その後この現象は「ルアーの持つポテンシャルを引きだせた時に起こりやすい」と言う事を知る。

ルアーはしょせん「エサ」では無く、ただの針が付いた何かだ(素材が多々ある)。

それに口を使わせるのは、操る人間の方に技量や状況判断出来るというスキルがどこまであるかという事。

結局は釣り人次第なんだなぁと思った。

何を書きたいかって、実は特にない、書きながら自分の中の物事を整理するのに書いているので、これで何かを動かそうなどとは考えていない。

というかあの10cmミノー、やっぱり発泡で作りたいなぁ、ヘドン社のタイガー(だっけ?)の様に水面直下から浮かせたりとかで使うのが面白い、見ながら変化が出ているのを見るのが楽しい。

変と言われるかもしれないが「ルアーが変化する様」を見ているだけで「釣りに来て良かったなぁ」と思う。

それで釣れればもっと良いけどね。

はい、たらたら書きました、でわまた!!

PageTop

たら・さぶいので

こちら広島も雪が降ってます。

第一次発泡が終わり、次の発泡をと作業をし始めたんですが温度管理がねぇ。

「温庫」を使っているとはいえ、簡易的な奴なので外気温に引っ張られる。

そして作業中は窓はあけっぱなし&換気扇まわし状態、部屋の中はやはり寒く夜に向かって温度が下がっていきます。

で、温庫の温度を60℃設定にしてましたが、最高48℃止まりであがりゃしない。

発泡自体もなんかギリギリな感じが・・・・と言う事で、本日終了。

これで感じた事は「ニシネルアーワークス」の西根さんは発泡管理を凄くキッチリやられていて、しかも勘どころを確実に掴んで居らっしゃるんだろうなと、先駆者はやはり違うなぁ。

色々はモノを見て、色々な人から話を聞き、それらをただただ飲み込んで日々を過ごしながら、それらを消化して実際に試して身につけて・・・。

まだまだ色々な事が足りないなぁ、まだまだだなぁと最近よく思います。

と、そんな感じ、じゃたお!!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。